鉄拳の振り子を見て僕が思うこと

※追記

当時22歳に書いたブログですが、めっちゃ熱烈なコメントもらってます。
アメブロから来た人はこちらをごらんください。

コメントがめっちゃきて困ってる

 

ー以下本文ー

 

こんにちは、タロウです。

今日は、前々から思っていたこと、
鉄拳という芸人の『振り子』というパラパラ漫画についてです。

何のことかわからない人・見たことがない人は下記の動画をご覧ください。

ストーリー

高校時代に、不良に絡まれている女を助け、その後なんやかんやで結婚。
男がウエディングドレスを買おうと提案するが女が夫が商売をはじめる資金に回す為に断る。

商売をはじめたが上手く行かなくなって倒産。
自暴自棄になり、酒に飲まれる。

それでも女は男の為にマフラーを編んでる最中に倒れる。

若いとき買ってやれなかったウエディングドレスを買ってやろうとして土木工事で一生懸命働くも、
ベールを買って帰る途中でなくなる

感想を読むと、やれ感動しただの、やれ号泣しただの、
コメントがたくさんあるわけですが、

僕は主人公に対してほとんど共感できません。

ほとんどというのは、1回目は震えるほど感動したんですが、
数回見ているうちに共感も感動もなくなってしまいました。

感想の中には、『あの世で一緒に慣れてよかったね』という人もいますが、
僕は死後の世界は全く信じていないので、
生きている間だけで考えてみます。

それを考えると、主人公のダメなところばかり目につくようになってしまいました。

起業してお金に困る話は要らない

動画では、主人公がお店を初め、
その後うまくいかなかったのか閉店するシーンがありましたが、
あの『かわいそうだよね感』には共感できません。

むしろお金を稼げないというのは、資本主義時代において
価値は低い人間です。

もちろん働かないよりは働いたほうがいいですが、
一般の方はお金を生み出して初めて価値が生まれるはずです。

なぜなら貧富というのは先天性的な要素だけで決定するわけではなく、
生きているにも関わらず価値を提供できていない結果が貧乏だからです。

どんなにいいサービスであろうと、どんなにいい商品であろうと、
金銭に変換できていないなら、そのサービスは誰にも価値を認められていないので、
それはこの世に価値を生み出していないといえます。

結婚するタイミングがおかしい

僕は起業した以上、お金に困るのは当たり前だと思っています。
ですので、起業を選んだ方がお金で苦労をしてもかわいそうとは全く思いません。

僕も苦労した時期がありますし、
仲のいいTくんも、Mさんも、みんな苦労しながら初めています。
中には失敗して夜逃げをしたやつもいました。

そもそも、起業するということは人生において家を買う10倍ぐらい大きな決断なのに、
その直前に結婚をしているということにも納得がいきません。

結婚してもいいけど、自分は死んでも家族を食わせてくぐらいの覚悟は必要だろと

なぜ貧乏だったのか?

映像から読み取れるに、主人公の過程は決して裕福ではなかったようです。

なんで貧乏だったのか?

思うに、主人公がお金を稼げなかった理由は、
お金が大事だと思っていなかったからなんじゃないかと思います。

僕は、【大事な物は丁寧に扱い、継続的に考え続けることが必要】だと考えています。
大切だと思っていないことを手に入れることはできません。

たとえば、スポーツ選手

イチローは相撲のことを考え続けてプロ野球選手になったわけではありません。
野球を続けてながら、野球のことを考え続けて、プロになれたわけです。

お金なんていらない。人生は金じゃないと考えるがいますが、
いらない理由が謎です。

お金があったら、不幸になると思っているのでしょうか

もしお金が大切だなと思うなら、
『お金は大切に扱おう。』『どうやってお金を稼ごう。』と
常に考え続けるべきだと思います。

こういうと、世間では、
『金のことしか考えていない』とか『クズ』とか言ってきますが、
大切だと思ったことを誠実に考えるだけです。

もちろんお金以外でも一緒。

バスケが大好きで上手くなりたいならバスケットボールに触れて、
四六時中バスケのことを考えるべきです。

てなわけで、この動画を絶賛する方は、
お金がないことを美学だと思っているのかな~と思ってしまいます。

ちなみに

この作品は好きじゃないですが、この作品を狙って作れる鉄拳さんは素晴らしいと思います。
他の作品はすばらしいと思いますが、この作品だけはあまり好きじゃないんですよね~

ただ、鉄拳さんと水野敬也さんの

『それでも僕は夢を見る』はよかった。短かったけどね。

これはまあ、死ぬまでパッとしない主人公の話なんですが、
人生の成功ってお金持ちになることでもないし、

『挑戦し続けることに価値がある』と、とても共感できるいい話でした。

パラパラ漫画の鉄拳

 

※追記再び

当時22歳に書いたブログですが、めっちゃ熱烈なコメントもらってます。
アメブロから来た人はこちらをごらんください。

コメントがめっちゃきて困ってる

 

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!