【ペアーズ婚活漫画17話】引越で見つかったクローゼットにアダルトグッズ!?昔の女の影か・・・?

前回、どうしても同棲をして確かめないと結婚まで踏み込めないという彼の意見を尊重し、

  • 両親に挨拶すること
  • 両家顔合わせを済ませること
  • 婚約指輪を買うこと

を条件に同棲することを了承しました。

 

今回はさあ引越するぞ!となった時に起こった事件をお話したいと思います。

 

同棲は彼が住む地域ですることになりました。私はそれまで勤めていた仕事を辞め、春から彼の住む地域の方で働くことに決定。私の方はと言うと、引越料金が高くなる前に引越を済ませようと、

2月の中旬に荷物をまとめ引越を開始しました。荷物は一旦実家の方に送り、実家から新居まで車でちょこちょこ持って行く事にしました。

 

一方彼はというと、急遽仕事で出張が3週間程入り引越時期に家を開ける事になってしまいました。

そこで、私に引越の準備をするようにお願いされたので、ほぼ毎日彼の家に行って、荷造りをしておりました。

 

10年間住み続けた家にはあり得ない程の荷物がたくさん!

そんなに必要なのかと思うくらいの靴下やパンツ、衣類。

 

天文も趣味の1つなので、望遠鏡やよくわからないレンズがたくさん。
台所にはいつ買ったのか分からない賞味期限切れの缶詰の数々。
極めつけは趣味のボーリングの玉が6個出て来て、梱包の仕方に頭を悩ませました。

 

綺麗好きのクセに、掃除はめんどくさがるので、テレビ台の所にはホコリが雪のように降り積もっておりました。

 

事件勃発!昔の女の影!?

それはクローゼットの中を掃除していた時の話です。

 

クローゼットにも物がパンパンに入っていたのですが、奥の方に黒いビニール袋が落ち込んでおりました。なんだろう?と引っ張り出して来て中身を確認したところ、

お、大人のオモチャが中にごろごろ入っておりました・・・・!!!

 

それも極太のスケルトンです。

 

昔の彼女とどんなプレイをしていたのかと想像すると、同棲をして確かめるところってそっちの事なのかと思い冷や汗が止まりませんでした。

 

これは直接確かめる他はない!

 

その日の晩、家に上がって作業をしたことを伝える為に彼に電話をしました。その流れで、

「大人のオモチャが見つかってんけど、これは何?」と。

「ああ、それね笑」

と話始めた彼。

 

どうやら以前地元のフットボールチームに通っていたそうです。その時のクリスマス会でプレゼントを交換した時にもらったとのこと。

 

彼はバリーさん(という愛媛のゆるきゃら)のぬいぐるみを買って行ったのに、他の友達たちは皆その手のグッズばかり持って来たそうです。

 

どうやら過去の女の物ではなかったようで一安心。

人の物なので私も簡単に捨てることが出来ず、新居の掃除を手伝いに来てくれていた母に袋の中を見られそうになった時は本当に焦りました。

 

なんやかんやありましたが、無事に引越終了!お互い一人暮らしだった為、すぐに生活できる程度の家具家電は揃っておりました。初期費用が少なくてすみました。

 

さて、これから初の他人との共同生活が始まります。驚きの連続だったことは言うまでもないのですが、次回でお話させていただきたいと思います。

 

 

青のりが旦那を出会った婚活アプリ「ペアーズ」

ペアーズ公式サイトキャプチャ

ABOUTこの記事をかいた人

青のり

デザイナーと聞くと華やかな職業に思えますが、アシスタント時代は死ぬほど極貧生活を強いられる超絶ブラック職業です。当時は牛乳石鹸で洗髪して爆発ヘアのまま出勤したものよ。極貧を脱するには玉の輿に乗るしかない!と考えネットで婚活を開始。何度か危ないヤツにホテルに連れ込まれそうになったけど、昔空手をやっていた事が幸いして何とか回避することに成功。3年かけて今の旦那と知り合い、今は暮らせるだけのお金があって幸せです。