少額から始められる資産運用の方法とそのポイント

お金を増やす方法の中でも「投資」や「資産運用」はなかなか手を出しづらいですよね。
かと言って、日本の超低金利政策の中でお金を銀行に預けておいてもなかなか利子がつきません、、、

そこで、まずはリスクを少なくするために少額からの資産運用を始めてはいかがでしょうか?

今回は少額から始められる資産運用の方法や気をつけるべきポイントを紹介して行きたいと思います。

少額から始める資産運用のポイント

もし投資に使えるお金が1000万円・1億円と潤沢にある場合は気にしなくていい点ですが、この記事を読んでいる人は数十万で資産運用を始めるかたが多いいと思います。そんな少額投資の場合はいくつか気をつけるべきポイントがあります。

早ければ早いほどお得

少額の資産運用であれば、今すぐに始めるべきです。

その理由は 時間複利 にあります。
※複利とは、ついた利息も含めてさらに利息がつくこと。

複利は時間がたつほどにその力を発揮します。

例えば『毎月5万を複利4%で回した場合』どうなるか?
一年目の利息は1.3万円と小さく感じますが、なんと32年後には元金1920万円 利息1923万円と利息が元金を上回ります。

ラインの元執行役員の田端さんもこのように言っています。

つまり、投資に使えるお金が少なくても、早く始めることでその不利を時間で埋めることができます。

短期間で大きなリターンは難しい

先ほど言ったように、複利は時間をかけて初めて大きなリターンを生み出します。
投資を考え始めた場合、「半年で10倍になった!」「一年で300万の利益!」などと、甘い言葉を聞くかもしれませんが、基本的にそのようにあまりにも大きすぎる利率・利益のものはリスクが大きすぎます。

数ヶ月ではなく数年単位で考えて投資を行いましょう。

一般的な投資の種類は3種類

簡単に始められる投資には以下の3種類があります。

  • 個人向け国債
  • 投資信託
  • 株式投資

それぞれの特徴やメリットデメリットを紹介して行きます。

個人向け国債

個人向け国債とは国が発行している債権を個人が買えるようにしたもののことです。

個人向け国債メリット

他の投資との最大の違いは、国が元金を保証してくれている点です。国が崩壊した際はこの限りではありませんが、会社の崩壊と国の崩壊であれば国の方が安全と言えます。
投資の中でも最大クラスの安心安全な投資と言えるでしょう。

個人向け国債デメリット

安心な国債ですが、そのデメリットは利率の低さにあります。
複利の説明の際に、『年間4%の資産運用で〜』というシュミレーションを行いましたが、個人向け国債の最低保証金利はたったの0.05%

いかに複利が効果的とは言えど、この利率の低さではなかなか資産が増えていかないでしょう。
積極的に資産運用をして行きたいという人にとっては物足りなさを感じるかもしれません。

投資信託

投資信託とは、銀行や投資家が個人の代わりに投資を行う資産運用のこと。

投資信託の最大の特徴は、様々な種類の投資をパッケージングしてくれているところです。
例えば、

  • バランスよく選んでくれているファンド
    →相場の下落リスクを分散できる
  • 積極的なリターンを目指し売買をするアクティブファンド
    →短期間で大きな配当を狙える
  • 安全性・過去の配当データを重視したファンド
    →配当をある程度想定できる

などの特徴を持ったパッケージから選ぶことができ、その内容も国内国外・金融や新ビジネスなど様々なジャンルのファンドが用意されています。

メリット

投資信託のメリットは投資のプロ達が、我々の代わりに様々な投資の案件を選んでくれているところです。
また、ほとんどの投資信託は複数の投資案件を組み合わせて投資してくれているため、相場の下落リスクを分散できることにあります。

デメリット

投資信託のデメリットは、投資信託自体の種類がとても多く、どれを選ぶべきかがわかりにくい点と新規のファンドでは運用データが少ないことにあります。ある程度の運用予測は建ててくれていますが、それが1年後どうなっているかというのはわかりません。

株式投資

株式投資とは上場企業が資金調達のために公開した株を売買する最もポピュラーな投資方法です。

株式投資の特徴は

  • 株価の値動きによる利益 キャピタルゲイン
  • 毎年もらえる配当金や優待による利益 インカムゲイン

の2種類の利益を得ることができる点です。

メリット

株式投資のメリットは、売買による利益を得ることができなかったとしても、ただ保有するだけでもらえる利益「インカムゲイン」が見込めることです。
自分が欲しい優待の会社を保有すれば。短期的な株価の変動に躍らさせられることはありません。

デメリット

株価の値動きが激しい場合、今まで紹介してきた2つの投資方法と比べ物にならないほど大きな損失が出る可能性があることです。
万が一、株を保有している会社の不祥事が発覚した場合には一瞬で資産を大きく減らしてしまうでしょう。

新しい資産運用『仮想通貨』

もちろん他にも色々な投資方法がありますが、近年注目されているのは『仮想通貨』です。仮想通貨とはその名の通り仮想の通貨なのですが、ブロックチェーンと呼ばれる技術が注目され2017年は一年間で数十倍〜数百倍の価格になる通貨がいくつもありました。

大きなリターンを得て、資産が一億を突破する『億り人』という言葉も存在したほどです。彼らはまだ仮想通貨という言葉が浸透しないうちから仮想通貨に目を向け「仮想通貨という技術が無くなるか」「新しい通貨の形として浸透して行くか」という大きなリスクをとったため大きなリターンを得ることがきました。

ただし、仮想通貨は新しすぎる技術のため現在も「今後仮想通貨の相場は大きく崩れる(下がる)」という意見が飛び交っており、大きなリスクを抱えていると言えるでしょう。

 

少額から始める資産運用 まとめ

少額から始められる資産運用はどうしても運用益が低くなってしまいます。しかし、今始めることによって運用期間が長くなり運用益を増やすことができるので、できるだけすぐ資産運用を開始した方が良いでしょう。少額であればリスクも少ないですしね。

また少額投資は様々な投資を試しやすいというメリットもあります。
自分にあった投資を見つけるという意味でもまずは少額づつ色々な投資を試してみるのがオススメです。

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter(@syuty)・Facebookから友達申請よろ!