第三話 投票で決まる旅!最後まで皆さんのご意見を尊重させていただきました(サービスカット有)

こんにちはタロウです。

投票旅の2本目です

前回のおさらい

投票で決まる旅 第一話

投票で決まる旅 第二話

前回投票で行動が決まる旅を計画し、
「自転車で、九十九里(65km先)を目指して、途中でステーキを食べる!」というところまでコンセプトが決定した旅。

<目的地からゴールまでの全体図>

 

道の駅でアイスが食べられず有り金を競馬に突っ込み溶かした無職↓

でもインコを肩に乗せてもらって嬉しそうでした。

第3話スタート

投票旅って言ってるくせにここから移動ばかりになってしまいます。

残り45キロ!

自転車旅の失敗だなと思ったのがここからなのですが、

撮れ高がない

自転車をひたすら漕いでるだけ、

自転車をシャッコシャコ漕ぎ続けます。

途中で国道をそれ細い道に

この辺りからオハラが圧倒的に遅れ始めます。


待つこと3分

オハラ「タロウさんめっちゃ体力ありますね」

タロウ「キミが体力なさすぎるよ」

オハラ「荒野行動ならずっと走り続けられるんですけどね」

タロウ「そうだね。じゃあ行くよ」

オハラ「ちょ、、、ちょちょ!!休憩させて、、、」

 

オハラを無視して走り続けます。
途中Amazonの倉庫があり

一瞬テンションが上がりましたが、だからと言ってamazonギフト券をもらえるわけでもないので「すごいね!大きいね!」と言ってすぐ通り過ぎました。

隣の大きな公園では僕と同い年ぐらいの夫婦が子供2人とゴールデンレトリバーと一緒に楽しそうに遊んでいるのを見て、「僕はなぜ自転車を漕いでいるの?あの人と僕の人生は一体どこで差が出たの?」って思いました。

もはやこの辺からレポートをする気力もなくなり、オハラは「ケツが痛いケツが痛い」と泣き叫んでいました。

いましたが、叫んだところでもう自転車で半分ぐらい来てしまったので行くのも地獄、帰るも地獄

オハラくんに「お前はここで帰る人間なのか?諦めるのか?そんな考えでは一生無職だぞ!?」とブラック企業みたいな詰め方したら、「全然いいです。もう辞めたいです。」とまっすぐな目で言ってきました。あんなまっすぐな目はなかなか見たことがなかったのでこの素直さがあれば一代で富を築けそうなのですがよく考えたら無職でした。

そんな彼をなんとか言いくるめて旅は再開。

途中でコンビニによって、栄養補給したのですが、ここ1〜2年で一番美味い食べ物でした。

アニメっぽい道にたどり着いた

グーグルマップのいうとおりに進んでいると一面田んぼの道に、

きっと可愛い女子高生が走っていたらアニメみたいな感じで再生数が8億万兆再生したと思うんですが、この旅にオナゴはいないので僕で勘弁してください。

時間も18時をすぎ出発から7時間が経ってしまいました。

この時点で

  • タロウの体力は15%
  • オハラの体力は1%

オハラはあまり疲弊具合に上り坂は毎回自転車を降りるという暴挙に出ていました。

そして日が暮れ、

残り20キロ〜〜!!!!うわああああ!!!!

長かった。テンションもやばい。

オハラの体力は当然0ですが、僕の体力も4%ぐらいしか残っていません。

しかも道の半分以上が街灯のない道とか砂利道で、

「グーグルマップどうしてしもたん?」
「グーグル!それ道路ちゃう!階段や!!」

みたいな蛍の光をもわせるシーンもありました。

この時点で完全に日が暮れて、マジで道が暗くて死ぬかと思ったんですが、どれくらいやばいかというと、これくらい

これなんだと思います?

 

 

これね、
オハラくんの自転車の光なんですよ。

オハラくんが見えないから「オハラくーん!!!」って話しかけたら、100メートルぐらい後ろから「タローサーン!!」って声だけ聞こえるんで、写真撮ったらこんな感じでした。

こんな道が8キロぐらい続くんですけど、さらに恐ろしいのが、これ別に細い道じゃなくて、車が走れる二車線の道っていう。

取れ高を意識して500メートル置きに撮影した写真が全部これです。街灯の光0

たぶんですけどこの辺に住んでる人は街灯の存在を知らない可能性もあります。

そんなことを思いながらもう一回オハラくんを撮ったら、

あ!光がブレてる!!!

光が動いてたんでたぶん彼も必死に自転車を漕いでいるんでしょう。
僕はもう信じて前に進むことしかできません。

 

やっと人の気配が

残り15キロ時点でようやく人里に降りてくることができました。

車の光を見て、「ここに生き残った人類が、、、」と感動してしまいました。
悲しかったわけじゃないんですけど、本当に右目から涙が一滴流れました。

とはいえ、道の街灯はバカ少ないので危ないことに変わりはないのですが、

11時に出発してなんだかんだ9時間半後、、、

ようやく目的に到着

太ももが痛すぎてもう立てません。

そして最後に皆さんに聞いた投票が

「お風呂にはどちらから入るべき?」でしたが

最後まで皆さんのご意見を尊重させていただきました。

ちなみに帰りは足が痛すぎて自転車で帰るのを断念し、電車で帰ってしまったので自転車は九十九里近くの駅に置いたままです。(不法投棄ではなく、無料で自転車を止められる場所)

 

早く取りに行かなければ、、、

 

投票旅やって見て

今回の旅費はPolcaにて募集させていただき、多くのご支援をいただきました。
無計画に始めたのにこんなにたくさんの支援をいただき、感謝しかありません。

支援者の皆様、本当にありがとうございました。

 

ただ、自分の反省としてはあまりに無計画で始めたこと・生放送とブログ用に写真撮ろうとしてどっちも中途半端になっちゃったことなどあって思い通りのエンタメ旅を提案することができませんでした。

僕は旅が好きなので、旅をしながら、その旅をコンテンツにしてお金を稼げたら最高だなと思っています。
youtubeも旅行系youtuberが好きですし。

ですので、大変恐縮ですが、次回の旅もこのような形式でお金を集めさせていただこうと思っています。
もしよろしければその際にはまた応援・支援をいただければ幸いです。

 

次回は「キャンピングカーの旅」を考えています。

引用:エルモンテRV

キャンピングカーはレンタルで、キャスティングは僕と以下の3人

オハラ

ヴォブ氏

ふじさわ

支援のお礼に関しては

  • 僕らのキャンピングカー内での飲み会の模様が観れるツイキャスのパスを発行
  • 集まった額の1割を支援者へプレゼント(お土産)購入費

お土産は人数分は不可能ですので抽選で当選者を発表させていただきます。
送料は着払いか500円で全国に送れるレターパックを考えています。(小さいからキーホルダーとかになりそう。。。)

 

というわけで次回はちゃんとするのでまた見てね〜!!!

無料で観れるツイキャスもたくさんするので見てねぇ〜〜!!!

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter(@syuty)・Facebookから友達申請よろ!