ドックフード選びの決め手はなに?飼い主100人に聞きました!

ドックフード選びの決め手はなに?飼い主100人に聞きました!ペットのなかで最も多く飼われているのは犬ですよね。家族の一員として愛される存在です。犬のお世話に欠かせないのがドッグフード。これ無しでは犬は生きていくことはできません。

今回は、犬の飼い主がドッグフードを購入する際、決め手となるのはどのような部分なのかアンケートを行いました。また、アンケートで人気のドッグフードの傾向も分かりましたので、併せてチェックしていきましょう。

ドッグフードを選ぶ際の決め手はコレ!

犬を飼っている男女100人の方に、ドッグフードを選ぶ決めてはなにかアンケート調査を行いました。結果は次の通りです。

<ドックフード選びの決め手 アンケート結果>

 

ドッグフードの決め手 人数
味の好み ・食いつき 32
価格が安い 23
安全性(化学物質や添加物が含まれていない) 21
年齢に合ったもの 15
栄養バランス 13
低カロリー 12
メーカーの知名度 9
国産 8
価格が安すぎない 7
固さ 7
獣医の薦め 6
犬種に合ったもの 5
ペットショップ店員の薦め 5
大容量 4
口コミ 4
病気予防できるもの 4
パッケージの見た目 3
アレルギーフリー 2
グレインフリー 2
体臭を抑えるもの 2
入手しやすさ 2

調査方法:
インターネットアンケート 実際に犬を飼っている男女100名

決め手の上位となった意見をご紹介します。

味の好み・食いつき

<アンケート回答>

  • 犬が喜んで食べるかどうかが第一です。(飼い犬:ゴールデンレトリバー)
  • ウチの犬はグランデリなんですが、グランデリ以外だと全然食べてくれません。(飼い犬:ミニチュアダックスフント)
  • 先ずはご自分のワンちゃんの好きな味好きなタイプを知る事です。それを知るまでに我が家は色々な種類のドックフードを試しました。味だけでもチーズ風味や、野菜入り、定番のチキン味、子犬の場合はミルク味のタイプもあります。我が家のワンちゃんはビーフ味に落ち着きました。(飼い犬:ミックス)
  • 好き嫌いの多い子だったので、色々と試しに買っていました。チーズ入りのドックフードが好きだったので、チーズ入りのものを購入していました。やはり喜んで食べてくれる物が一番ですね。(飼い犬:ミニチュアダックスフント)
  • 出来るだけ化学物質が含まれてないもので、材料名の初めに肉が記載されているものを選んでいます。また、飼い犬の好みと歯の健康にも考慮して固めのものを選んでいます。(飼い犬:ヨークシャテリア)

価格が安い

<アンケート回答>

  • とりあえず安いのから見ます。大切な犬ですが所詮犬なので、私たち家族に使うお金が多くなるように一番安いのを選びます。(飼い犬:ゴールデンレトリバー)
  • 栄養、使っている素材も気にしたりと いろいろ試してみたけど 最終的にドックフードの選ぶ決め手は価格でした。(飼い犬:ウェルシュコーギーペンブローク)
  • 反応をみて飼い犬の好みにはまるかどうかと価格。近所のスーパーなどで比較的たやすく手に入るものが理想。(飼い犬:パピヨン)
  • 動物病院のお勧めのペットフードが数種類ある。その中から、価格的に妥当な種類を選定しました。購入先は、アマゾンで8kg単位で購入してます。(飼い犬:ミニチュアシュナウザー)
  • うちの犬は比較的アレルギーもなく健康なのでスーパーに置いてあるペットフードで十分です。金額を見て、量を見て野菜が入っているかどうかで決めています。一番の決め手は値段です。(飼い犬:ミックス)

安全性

<アンケート回答>

  • 安全性の疑われる添加物や物質が使われていないか。(飼い犬:チワワ)
  • わんちゃんの健康面や安全性などを考慮して、オーガニックのドッグフードを購入したする様にしています。国産よりもオーガニック先進国のアメリカ産を選びます。(飼い犬:トイプードル)
  • ブリーダーが勧めるイコールいいものだと思いこんでいましたが自分で調べていくうち添加物が少なく原材料が安心、安全なものが決め手となっています。(飼い犬:トイプードル)
  • なるべく国産のもので余計な添加物が入っていないものでドラッグストアなどでも手に入りやすい手頃な価格のものを選ぶようにしています。(飼い犬:トイプードル)
  • 一番の決め手は人間が食べられるもののみを使用しているところで原材料にこだわっていることがわかります。中国産は使わないとも公表しているのでその点でも安心です。(飼い犬:ミニチュアダックスフント)
  • 添加物があまり入っていないものや自然由来の原料を使っているものを選んでいます。特にチキンなど肉が第一主原料になっているものが決め手です。(飼い犬:ミニチュアダックスフント)

年齢に合ったもの

<アンケート回答>

  • 缶詰などの嗜好品に近いものは年齢にあったものであることがまず一番でした。それから、カリカリのフードは犬種に合わせたものを選んでいました。(飼い犬:シーズー)
  • 特に成分に関しては年齢に応じた中身になっている事も選ぶ上では重要なポイントです。(飼い犬:チワワ)
  • 12歳と高齢だったので、柔らかくて食べやすい事と、乾燥しないように小分けの袋に入っている事が決め手でした。(飼い犬:ミニチュアダックスフント)
  • 高齢なので、7歳以上のドッグフードを選び、関節も弱いので「関節や骨の健康を維持する」と書いてあるものを選びます。(飼い犬:雑種)
  • 犬の大きさに合ったドッグフードを選んでいました。あとは犬の種類や年齢に合ったドッグフードを選ぶ様にしていました。(飼い犬:雑種)

栄養バランス

<アンケート回答>

  • 安全性が高く、栄養バランスが整っているかを決め手としています。その中でもカロリーコントロールを目的としたダイエット用の病院処方食が、太りやすい体質のうちの仔達には合っているのでそれを選んでいます。(飼い犬:チワワ・トイプードル)
  • いろんなドックフードを試してみて、犬種別の栄養バランスと知人からの評価、犬の食いつき。(飼い犬:トイプードル)
  • 一番に考えるのがまず栄養面です。そして次に味です。犬に好き嫌いがあるので味も考慮しながら健康にもきをつかっているので、栄養面もしっかり読んでから買うようにしています。(飼い犬:パピヨン)
  • ささみ入りの日やマグロ入り、野菜入りの日など日ごとに違う種類を選び、いろいろな食材を楽しめるようにしています。(飼い犬:ミックス)
  • 匂いが、あまり臭くないもので、栄養バランスがよく、犬自身が食べ残さない餌を選んでいます。匂いがあまり臭いと保管に困るので。(飼い犬:甲斐犬雑種)

低カロリーのもの

<アンケート回答>

  • 私の家の犬は肥満気味なので、ペディグリーのささみ&ビーフ&緑黄色野菜入りのダイエットフードを選びました。(飼い犬:ミックス)
  • 大きめの犬だったのでダイエットのために栄養があって低カロリーをあげていました。(飼い犬:ポメラニアン)
  • すぐに太ってしまうので低脂肪でカロリーが低いことを重要視していました。できるだけお腹いっぱい食べさせてあげたかったので・・・。(飼い犬:ゴールデンレトリバー)
  • 太りやすい犬種で、太らせると腰も悪くなるとのことだったので、なるべくカロリーの低い乾燥タイプのドッグフードを選んでいました。価格はあまり気にしたことはないです。(飼い犬:ラブラドールレトリバー)
  • 去勢手術を手術をしたので、まずは低脂肪で太りにくいもの。(飼い犬:柴犬)

 

ドックフード選びの決め手は、
味の好み・食いつき」が第一位!
安さ」や「安全性」も考慮

 

ドッグフード購入の決め手で最も多かったのは、「飼っている犬の味の好み」「しっかり食べてくれるか食いつきで判断」という意見でした。せっかく購入しても、全く食べなかったり残ったりしては勿体ないですからね。当然の結果ともいえるでしょう。

次に多かったのは「価格の安さ」です。家族の一員と言えども、家計を考えてリーズナブルなものを購入する傾向にあるようです。
一方で、「あまり価格が安い商品だと安全性の面から不安」という声もあり「価格が安すぎない商品を探す」という人も見受けられました。それぞれの家庭で財布事情や、ペットへの考え方は異なりますから、この辺りは意見がわかれるところでしょう。

「安全性」を重視しているという声も多くありました。添加物が含まれていないもの、化学物質が入っていないものをチェックしたり、原材料の産地を気にしている人もいるようです。健康に長く生きてほしいからこそ、犬に対する食の安全も大事になってくるのでしょうね。

その他の意見としては「年齢に合ったもの」「栄養のバランスがとれているもの」を選ぶという人も多かったです。ドッグフードの多くは、年齢別や犬種別、摂ってほしい栄養素別・・・など、飼っている犬に合わせて選べるようになっています。その目安を参考にして選んでいるようですね。

少数意見ですが、「病気予防できるもの」「アレルギーフリーのもの」「グレインフリーのもの」など、多少高額になっても犬の健康を第一に考えて選んでいる人もいました
グレインフリーとは小麦や米、トウモロコシなどの穀物を一切使用していないもののことをいいます。安いドッグフードには、量をかさ増しするために穀物が多く含まれているのです。穀物は摂りすぎると人間と同じように肥満になったり、消化がうまくできないなど体の不調につながることもあるため、近年グレインフリーの商品を見かけることも多くなりました。

犬の健康や安全性を重視しながら、価格の安いドッグフードを探すのは容易なことではありません。飼い主は、どこかで妥協しなければいけない部分がでてきてしまいますよね。「何を重要視するか」は飼い主次第である、といえるでしょう。。

実際に犬の飼い主が購入しているドッグフードは?

いろんなドッグフード

ドッグフードの決め手はなにかアンケートを行った際に、実際に購入しているドッグフードも併せて調査を行ったところ、次のような結果になりました。

購入しているドッグフード 人数
愛犬元気 13
ロイヤルカナン 13
サイエンス・ダイエット 12
ぺディグリーチャム 9
ナチュラルチョイス 5
モグワン 4
グランデリ 4
アイムス 4
ビタワン 3
カナガン 3
ユーカヌバ 3
ソルビダ 2
シュプレモ 2
ナチュロル 2
その他 18

アンケートの結果、上位に「愛犬元気」「ロイヤルカナン」「サイエンス・ダイエット」がランクインしました。人気だったこれらの商品について特徴などをご紹介しましょう。

愛犬元気

愛犬元気愛犬元気はユニ・チャームから発売されている美味しさと栄養バランスを兼ね備えたドッグフードです。日本では手ごろな価格で手に入ることもあり、お馴染みの商品ですよね。

ドライタイプ、缶タイプ、パウチタイプの3種類から選ぶことができます。年齢に合わせた商品(子犬、7歳以上、10歳以上、13歳以上など)や犬種別の商品、肥満が気になる犬には低カロリーの商品があり、より愛犬に合ったものを見つけることができるでしょう。

ロイヤルカナン

ロイヤルカナンロイヤルカナンはフランスに本社を持つ世界的なペットフード企業で、世界92か国にペットフードを輸出しています。「ヘルスニュートリション」をブランドフィロソフィーに掲げているだけあり、ペットの特性を考慮してフードの開発を行っているため多くの商品が発売されています。

ドライタイプは14種類(チワワ・ダックスフンド・プードル・柴犬・ヨークシャーテリア・マルチーズ・シーズー・ミニチュアシュナウザー・パグ・キャバレリアキングチャールズ・フレンチブルドック・ラブラドールレトリバー・ゴールデンレトリバー・ジャーマンシェパード)、ウエットタイプは3種類(チワワ・ダックスフンド・プードル)の商品が取り揃えられているほか、室内犬向け商品、年齢別商品などもラインナップ。一般栄養食はもちろん、療法食(phコントロール・腎臓サポート・減量サポート・消火器サポート・関節サポートなど)も多く取り揃えられていているのが特徴です。

サイエンス・ダイエット

サイエンス・ダイエットサイエンス・ダイエットは日本ヒルズ・コルゲート株式会社から発売されているドッグフードです。「医師も認める」でお馴染みですね。ヒルズのドッグフードは220人以上の栄養学者・獣医師が400頭以上の犬と暮らすことによって特性を学び開発されています。

特徴の一つに、獣医師が処方して与えることができる特別療法食をラインナップしていることが挙げられます。犬アトピー性皮膚炎、体重管理、関節ケア、尿ケア、消化ケア、腎臓ケアなどの商品があります。

原材料にもこだわっていて、合成着色料や香料・保存料などは使用されていません。

プレミアムドッグフードって?

首を傾げる犬

人気のドッグフードをご紹介しましたが、ドッグフードのなかにはプレミアムドッグフードと呼ばれるものがあることをご存知ですか?

プレミアムドッグフードとは、原材料、栄養バランスやコスト、安全性などの面から総合的にドッグフードを評価したときにカンペキなドッグフードを指します

近年、人間の食の安全が問われていますが、それは犬においても同じこと。愛犬家たちも犬に与える食の安全性に大きな関心を持つようになってきていることは、先ほどの「ドッグフードを選ぶ際の決め手」の結果からもお分かりいただけたと思います。

高品質な原材料を用いていて、添加物を必要最低限にとどめたプレミアムドッグフードにはどんなものがあるのでしょう?
消費者が選んだドッグフードのなかにも、いくつかプレミアムドッグフードが含まれていましたので、そのなかから3つご紹介しましょう。

モグワン

モグワンモグワンはイギリスで人気の高いカナガンドッグフードのスタッフによって開発されました。「食いつき」や「健康・安全性」を重要視し、グレインフリーにこだわって作られたドライタイプのドッグフードです。グレイン(穀物)を使用していないので、犬の体内でしっかり消化されます。主成分はイギリス産の魚や鳥肉となっています。

また、人口添加物も不使用で保存料としては自然由来のものを使用しているため、安全です。人口調味料や着色料も使用していません。

モグワンは店頭では販売しておらず、購入する場合は通販することになります。これはイギリスの専門工場で製造されたものを輸入し直接消費者へ届けられるため、流通にかかるコストを削減し価格を抑えることができるからです。

モグワンのサイトでは気軽にドッグフードをお試しできるキャンペーンも実施しているので、興味がある方はぜひチェックしてみてくださいね。

カナガン

カナガンイギリス産高級グレインフリードッグフードとして知られるカナガン。イギリス王室・エリザベス女王から表彰を受けたイギリスを代表するドッグフードです。

原材料にもこだわっていて、使用しているものはすべて人間が食べられるものとなっています。ドライタイプの原材料は厳選されたイギリス産のもののみを使用。製造前と製造後の2回の品質テストをクリアしたものしか販売されないため、安全性の面でも優れています。

カナガンも人口添加物は不使用で、犬種・年齢に必要な栄養バランスをしっかり考えて作られているのも特徴です。

ドライタイプのほかには、ウエットタイプ(缶詰)も販売されています。こちらもグレインフリーで作られていて、新鮮なチキンをたっぷり使ったドライタイプよりも、より美味しいご馳走になっているので、グルメな愛犬におすすめですよ。ウエットタイプは原材料がドイツ産のものを使用しています。

カナガンもモグワン同様、通販での販売となっています。定期コース・まとめ買いをすれば特別優待価格で購入することができますよ。

ファインペッツ(FINEPET’S)

ファインペッツファインペッツドッグフードは、本気で愛犬の健康を考える人のために作られたドッグフードです。種類は1種類だけですが、すべての犬種・年齢に適応する栄養バランスで作られています。

グレインフリーはもちろんのこと、牛・豚・ササミなどアレルギー性が強いものも使われていません。低脂肪・低カロリーの鹿肉・鶏肉・鮭を主原料として使用しています。人間が食べても大丈夫な原材料しか用いておらず、添加物も不使用なので安全です。

また中国産のものは品質管理に問題があるという理由で「一切原材料に使われることがない」と公式サイトに記載してあるのも安心ですね。

初回限定お試しパックもありますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

犬種によって選ぶドッグフードは違う?

様々な犬種

先ほど行ったアンケートで、購入しているドッグフードと犬種の関係についても調査してみました。犬種によって選ぶドッグフードは違うのでしょうか?

犬種 購入しているドッグフード
コーギー 愛犬元気・サイエンスダイエット・モグワン
ゴールデンレトリバー 愛犬元気・サイエンスダイエット・ぺディグリーチャム・ビタワン
チワワ 愛犬元気・ロイヤルカナン・サイエンスダイエット・ナチュラルチョイス
トイプードル 愛犬元気・ロイヤルカナン・サイエンスダイエット・カナガン・ソルビダ・シュプレモ
ヨークシャテリア 愛犬元気・ロイヤルカナン
柴犬 愛犬元気・ロイヤルカナン・サイエンスダイエット・ぺディグリーチャム・モグワン・ビタワン・ナチュロル
甲斐犬 愛犬元気
雑種 愛犬元気・サイエンスダイエット・ぺディグリーチャム・ナチュラルチョイス・グランデリ・アイムス・ビタワン
シーズー ロイヤルカナン・サイエンスダイエット
パグ ロイヤルカナン
ボストンテリア ロイヤルカナン
ポメラニアン ロイヤルカナン・モグワン・アイムス・ユーカヌバ
ミニチュアダックスフンド ロイヤルカナン・サイエンスダイエット・ぺディグリーチャム・ナチュラルチョイス・グランデリ・カナガン・ユーカヌバ・シュプレモ
ラブラドールレトリバー サイエンスダイエット・ぺディグリーチャム
ポインターグレートデン ぺディグリーチャム
バーニーズマウンテンドッグ ナチュラルチョイス
パピヨン ナチュラルチョイス・グランデリ・カナガン・ソルビダ
ジャックラッセルテリア ナチュラルチョイス
マルチーズ モグワン
ミニチュアピンシャー グランデリ
ダルメシアン ユーカヌバ

犬種ごとに選ぶドッグフードの特徴があるかと思いましたが、ご覧のように結果はバラバラでした。この結果から1つだけ読み取れるのは、雑種の犬には、比較的安く手に入るドッグフードを与える傾向があるということだけです。

しかし、それ以外の犬種によって選ぶドッグフードの特徴があるわけではなさそうです。犬も人間と一緒でそれぞれ好みが異なるようですね。

犬の健康・安全を願うならプレミアムドッグフードがおすすめ!

100人の犬を飼っている男女にドッグフードを選ぶ決め手をアンケート調査したところ、さまざまな意見がでてきて1つだけの決め手で購入している人は少なかったです。

「食いつき・安全性・価格」などいくつかの観点から総合的に判断した上で購入している人が多く見受けられました。

安いだけの商品に不安を覚える声もあり、犬に対する食の安全も考慮する飼い主が増えてきています。愛犬の健康・安全を願うならグレインフリーのプレミアムドッグフードがおすすめです。

まずはお試しパックなどを購入して、愛犬の食いつきや体調を見てみてはいかがでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

みどり

こんにちは( ,,・ิω・ิ,, ) フリーライターのみどりです。タロログでは恋愛や自分でもこっそりやってる占いの記事を主に書いているので見てやってください。宜しくお願い致しますm(_ _)m