成長するために、自分自身に苦痛を与えよう

そろそろ夏も終わりますが、皆さんはステージを一歩一歩登っていますか?

きっとこのブログを読んでいる人は

  • お金に不自由したくない。
  • 時間の自由を手に入れたい。

と思っていると思うのですが、望む変化を起こすには、進化するしかありません。

僕が尊敬している人はこんなことを言っていました。

成長したいなら、あえて苦痛の中に飛び込むことだ。
楽な環境にいても、成長は遅い。

とはいえ、この記事を読んで『よし!会社辞めよう!』という人は少ないと思いますので(2人いましたが)簡単に苦痛を与える方法を紹介します。

 

それは、、、

一週間、毎日50回、自分の目標を確認することです。

できれば手帳がベストですがスマホなどでもOK。
だまされたと思って試してみてください。

 

きっと一日5回まではわくわくしながら見ることができると思いますが、20回50回となるとだんだん苦痛になってきます。
それは、夢と現実のギャップに苦しむからです。

しかし一週間続けることができれば夢が脳みそのしわに刻まれて、何をしてても夢のことを考えるようになります。

すると、日々の行動が変わり生活が変わります。少なくとも、必要のないテレビをつけるという愚行はしないはず。

人間は忘れる生き物です。
忘れることが特技です。

大好きだった恋人のことも
大切な夢も忘れてしまいます。

 

でも、

本当に大切夢なのであれば、
その夢を叶えるために、
ギャップに悩んで、苦しんで、
脳みそ使って、
がんばりましょう。

 

そんで、一歩づつ進みましょうぜ!

 

最後に、大好きな名言を

すってんころりんと
転ぶかもしれない。

しかし目指したものがそこにあれば、
死ぬ5分前にああ、楽しい人生だったな、
はるかに有意義な人生だったと、
思える気がする。

孫正義(ソフトバンクグループ創業者)

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!