新規客を呼び続けるための3つの集客方法

ビジネスをするにあたって、最も重要なのが集客です。
どれだけ良い商品やサービスを用意しても、お客が集まらなければビジネスは成り立ちません。

逆に、集客がうまくいけばビジネスの99%の問題は解決すると言えます。自分でビジネスをしていなくても、アフィリエイトをするだけで収益を上げる事ができます。
集客とはビジネスの基礎であり、奥義であるのです。

ハンターハンター的な

実際に僕の友達はネットで集客を学び、給料を180%アップさせました。
その話はこちら
失敗しても本気で挑戦したら意外と何とかなった話

集客は以下の3つの方法があります

  • 広告を使った集客
  • ジョイントベンチャーを使った集客
  • メディアを作る集客

これらの方法を細かく説明していきます。

広告をつかった集客

広告は、最も簡単な集客方法です。

『お金がないから広告が打てないよ』という方もいるかもしれませんが、あなたが0からスタートするのであれば、新規の顧客獲得には欠かせない手法です。

広告をしないというのであれば、新規顧客を獲得するためには営業をするしかありません。しかし、営業活動に悩んだ人が集客方法を考えるわけですから、やはり広告を出さないというのはあり得ないというのがわかると思います。

ではなぜみんな広告を打つのに慎重なのかといえ『広告を打っても本当に売上が立つかどうかわからない。』からです。もっと詳しく言うと、『広告費を使っても、その結果が約束されていない博打のよう』だと思っているからです。

これは、間違った考え方です。
正しい使い方・利用方法を知れば、”効果測定”つまりある程度の反応をあらかじめ予測することができます。

ジョイントベンチャーを使った集客

ジョイントベンチャーは最も効率的な集客方法です。

ジョイントベンチャーとは、複数の企業が、相互の利益のために共同で事業を行うことです。多くのベンチャー企業には関係ないように思いますが、それは大きな間違いで、弱者であればあるほど他企業と組むべきです。

なぜなら、どんなに自分に実績がなかったとしても、相手の実績・リソースを借りることによってその実績不足を一瞬で埋めてくれるからです。ですので、実績がなければないほど、弱小であればあるほど、効率的にビジネスを加速させる最も効率的な方法と言えます。

このため、ジェイエイブラハムはジョイントベンチャーのことを『巨人の肩に乗る』と表現しています。

ただし、あまりにも実力・実績がなければ相手と組むことは難しいと言えます。なぜなら、大手が零細企業と組むことに大きなメリットがないからです
立場が弱い方がジョイントベンチャーを持ち掛ける場合は、相手に余りあるメリットを渡す必要があります。

僕自身も何度かこのジョイントベンチャーをすることによって集客をしてきました。

メディアを作って集客

メディアを作るというのは、最も可能性があり長期的に行える集客方法です。

個人・法人を問わずに戦える方法でもあります。

ターゲットユーザーの役に立つようなコンテンツ(記事・動画)などを作成することによって、検索流入(SEO)やソーシャル流入(FacebookやTwitter)を獲得する方法です。

なぜこれが最も可能性があるかといえば、悩みを抱えているユーザーにリーチする際にも広告よりも具体的な方法の説明のほうが好まれます。しっかり良いサイトを作り上げていけば、お金をかけず長期的に集客を行い続けてくれるようになるからです。

 

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!