A5の肉がタダ飯できるかもしれないと聞いて行ってきました。

今回は学芸大の焼肉屋さん、

はっぷHouseという焼肉屋さんが9周年で、

最大100%割引のキャンペーンをやっているとのことなので、

HさんとMさんと行ってきました。

 

 

Hさんについてはこの記事館山行ってアラサー男3人でラブホに泊まった話 その②スナックでワンチャン~ラブホテル編

Mさんについてはこの記事11月の河口湖に釣りに行ったはずなのに、気づいたら泳いでた話を読んでもらえるとわかりやすいかと

 

 

この割引キャンペーンは年に一回開催しているもので、

30%~100%の割引件が入ったくじを引いて、

その場で今日の会計から引いてくれるというイベントです。

30%もすごいですけど、100%ってタダですからね。

行かないわけにはいきませんよね。

 

9時に待ち合わせをしたんですが、

会社のパソコンのスペックが悪すぎて、

5時間半かかった動画の書き出しがやっと終わる!とおもったら

99%でフリーズしやがって、諦めて店に向かうことに!

 

お店ついて、MさんとHさんと合流

さっそく戦略会議。

セットメニューは3つ

  • 並々セット 2500円と
  • 上々セット 4500円と
  • カリスマセット 6000円
メニュー

これ全部2人前の値段です。

やっぱり気持ち高め?

 

どれにするかって話し合ったんですが、

まあ100%割引引くでしょ!ってことで

せっかくなのでカリスマを注文することに

で、よく考えたら

比較したいよねってことで並々も頼むことにしました。

でね、僕が気づいたんですけど

『一番高いの食ってから、一番安いセットが来るって比較の仕方間違ってませんか?』

Hさん「確かに!」

急遽店員さんに、安いほうから持ってきてくれと伝え、

並々セットから食すことに、

そうこうしている間に並々セットが来ました。

焼肉並々セット

あれ?思ったよりさみしい、、、

これで2500円??

 

少しテンションが下がりそうになりましたが、

Hさんが、これはまずい!』と言って肉を中央に寄せて、

ボリュームがあるように演出し始めて、

テンションは下がらなかったんですが、

代わりに少し悲しくなりました。

寄せてみた

まあ、一番安いのだし!雑魚だし!

と言い聞かせて、まずはタン塩から、

そしたら、Hさんが

『あ、おれタン塩苦手だからいらない』と言い始めたので、

Mさんと二人で2枚づつ、

食べたら、

「え?これ先にカリスマ来たの?」

ってぐらいうまかったんですが、

Mさん、まさかのノーリアクション

『ま、まあ、2500円だしこんなもんか、、、』って思って

次のカルビからHさんが参戦です。

焼肉 焼く

Hさんが食べた瞬間

「え?これカリスマ?めっちゃうまくない?」

『だよね!!うまいよね!!なんでMさんリアクションしないの!』

って食い気味に怒ると

Mさんは「まあ、6000円が残ってるからね。これくらいじゃ」

となにやら上からです。

 

僕が、さっきのリアクションを取り返すように

「めちゃ旨いよね!やっぱりカリスマから先に来ちゃったんですかね?」と言っていると、

「いいねぇ~前ふりがうまいね!」とほめてくるHさん。

 

まあね、一番年下なんでね空気は作りますよ。

任せてください。

 

次にカリスマセットがやってきました。

 

A5のタン塩 肉とデブ A5の肉

この艶!

やっぱりカリスマなんですよね。

並野郎とは比較にならないテリです。

 

食べてみると

Mさん『あ~、カリスマですね。』

Hさん『カリスマやば!!!』

僕『うまあぁぁぁ!!!』

 

三者三様のリアクションを見せながら、食っているとふと疑問が、

僕「いやーこれはすごいですね。叙々苑はこれより旨いんですか?」

Mさん「そうだね、叙々苑は一番安いのがカリスマレベルじゃないかな?」

「え?叙々苑ゼンカリ(全部カリスマ)すっか?やべえぇぇ!!」

ってなり、

その場の10分ぐらいはゼンカリというキーワードが流行りました。

肉焼いてる

その後はパフェも頼んじゃいました。

デザート

さて、ご飯もそろそろ佳境にはいり、

くじ引きの時間です、

『くじは誰がひくのか?』を決める方法を話し合うと

  • 殴り合いだ。
  • ジャンケンだ。
  • 推薦・多選とわない。
  • とりあえず『引く人を決めるくじを作ろう』。

など、様々なアイデアが生まれたんですが。

結局『いっせーの』で決めることにしました。

 

【いっせーの】の写真を撮らなかったことを今非常に後悔しているんですが、

『いっせーの➁』とか『いっせーの⑤』言いながら、

みんなが親指を上げたり、上げなかったりして、その瞬間に上がる親指の数を当てる奴です。

たぶん、文章を読んだ半分は意味が分かっていないと思いますが、

まあそんなゲームで勝負を決めました。

 

※Hさん、今度からこういう説明のできない奴は写真撮りましょう。まじで、

 

 

勝負の結果、僕がひくことに。

くじ引き

くじを引く僕、、、
お会計の総額が1.9万円だったので

30%なら5,700円OFFですが、

100%なら1万9,000円OFF(っていうかタダ)ですからね、

責任重大です。

くじを開ける僕

結果は、、、

結果は、、、

果たして、、、

 

 

 

30%OFF

30%オフでした!!!

 

悔しくて、お店に無理を言って、

この2人がひいていたらどうなっていたかだけやってみていいですか?

とお願いして、MさんとHさんにもひかせました。

Hさんくじ引き Mさんくじ引き

 

結果はみんな30%。

まあ、でもそれでも5700円引きですから満足です!

 

お会計を済ませ、

『ごちそう様です。また来年も来ます!』というと店員さんが

『それ意外の日にも、2回ぐらいきてもらえませんか。。。?』と弱弱しく言っていたのが印象的でした。

 

おしまい。

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

3 件のコメント

  • 面白かったうまそうだった!
    しかし、全員が30%って言うのは悲しかったですね><
    100%は本当に入ってるのか疑問にもなります。

    しかし信じましょう!その方が楽しいし燃えますね!w

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    タロウ

    1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!