サテライトサイト・自演リンク・被リンクに価値はあるのか

外部SEO・被リンクについて勘違いしている人が多いので、今日は僕の見解を話します。

今『もう被リンクは終わった』とか『外部SEOは終わった』とか言う方は多いですけど、被リンクは今でも大切な要因です。確かにコンテンツマーケティングが異常にもてはやされた時に、僕も訳が分からず『被リンクは終わった』とか言ってましたけど、、、

究極的に言えば、グーグルは『良い記事』かどうかをクローラー巡回だけで理解しきるのは不可能です。

だって、この世の真理を突き止めた人がいたとしても、それが本当に正しいかどうかはわからないわけじゃないですか。誰にも理解できないからこの世の真理は解明されてないわけで。それをどうやって最良のコンテンツだと認識するのか?もはや人間でも無理です。

じゃあ、もう少し簡単にして『ダイエットの方法』だったら?

近年もてはやされている『糖質制限ダイエット』これは確かに効果があるかもしれません。ですが、この糖質制限ダイエットに化学的根拠はないそうです。
つまり、いいダイエット方法だと思うしみんな話題になっているけど、本当に良いダイエット方法かどうかはわからないわけです。(究極のダイエット方法は食べないことだと思いますが)

だから良い記事って無理なんですよ。何が良いの?って感じ。

もちろんコンテンツボリュームとか、文章の正確性とか、共起語とかはあるかもしんないけど、評価対象として被リンクは絶対に必要です。

なぜ被リンクの価値が下がっているのか?

理由は簡単で、【自作自演リンクはペナルティになり得るから】です。でも先ほど述べた理由により被リンク自体は必要なんです。

そのため、『リンクを自分で作れねーならリンクを貰うしかない!』ってことでコンテンツマーケティングに移行してきました。じゃあ、『被リンクをナチュラルでどうしたら得れるの?』っていうのが大切なんですが、

ブログを書いてて、他の人のブログを読むたびにわざわざリンク貼りませんよね?ってはなしです。(張ることも無くはないですけど、毎回毎回他人のサイトにリンクを貼った記事を書く人は少ないと思います。)

その代わりに、イイネ・ツイートは沢山するんですけど『ブログにリンクは貼流っていう作業はしないよね?』って、そもそもブログをしっかり運営している人数がめちゃ少ないですし。

しかも、このイイネ・ツイートは拡散力はあれど、SEOには直接的な影響はありません。でもはてなブックマークとGoogle+その他ごく一部のブックマークは効果があります。

でも、『イイネはされなくていいけどブックマークだけされよう!』なんてのは無理ですから、結局一番重要な被リンク対策≒SNS対策ってことになるんです。だから近年の被リンク対策ってのはいかにシェアされるか、ブックマークされるかって考えに移行してきました。

それがSMO(ソーシャルブックマークオプティマイゼーション)であり、バズマーケティングであり、バイラルマーケティングであり、コンテンツマーケティングである。
っていう流れなんですね。

 

 顔出しパネル

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!