検索エンジンに評価されやすいテキストコンテンツの作り方

文章は、現在最も【検索エンジンに認識されやすいコンテンツ】です。

最近では、目の不自由な方向けにコンテンツの文章部分を読み上げるようなサービスもあるため、文章の重要性はさらに高まっています。

では、どのような文章を書けば、検索結果上位に表示されやすくなるのでしょうか?

まず、1つのページに書く文章については、基本的に「一つのテーマに関してのオリジナルコンテンツ」を書くとわかりやすいでしょう。

たとえば、「酵素ダイエットの理屈」であれば、酵素ダイエットはどのような理屈で痩せられるのか、そのメカニズムを詳細に描く、というイメージです。

このとき「そのページが検索結果上位に表示されてほしいキーワード」をテーマに据えて書きます。
上記の酵素ダイエットの理屈であれば、「酵素ダイエット 痩せる理由」などというキーワードで検索されたときに上位表示されるようにしたいと考えながら、文章を組み立てます。

すると、自然と「酵素ダイエット」「なぜ痩せるのか」「痩せる理由」といったワードが、文章中に多く出てくるようになります。
以前は「キーワードを意識してたくさん入れるとよい」と言われていましたが、それをしてしまうと、逆に不自然な文章になって、検索エンジンの評価が低くなってしまう場合があります。
そのため、検索キーワードをたくさん入れるという意識はしないほうが良いといえます。

また、「人が読んでわかりやすい文章」というのも、重要な評価ポイントになります。

あなたがネット上の文章を読むとき、長々と書かれたコンテンツよりは、程よく章立てされた文章のほうが読みやすいと思いませんか?
その感覚を忘れずに、章立てを作ります。つまり、大きなタイトルが1つあり、その中にいくつかの小さな見出しがあるという形です。

文章全体のボリュームとしては、大体1000文字以上を目安にするとよいといわれています。
検索エンジンが文字数で判断することはありませんが、目安として、ある程度内容の濃いコンテンツを提供する場合、文字数がどうしても1000文字は超えるだろうと思われるためです。

文章を書くときのポイント

ここで、私も実際に使っている、ネットに掲載する文章の作り方のコツをご紹介します。

1.書きたいキーワードを、タイトルに入れる

そして、書きたいこと・伝えたいことを箇条書きにします。
箇条書きにした内容を、上から読んでいけばわかるように入れ替えます。

2.伝えたいことを整理して、小見出しを作る

小見出しごとに文章を書いていきます。このとき、上から順番に書いていく必要はありません。
「自分が書きやすいパーツ」から書いていきます。

3.すべてのパーツができたら、上から通して読む

チェックするのは、以下の点です。

  • 誤字脱字はないか
  • 語尾が統一されているか(「だ」「である」系か「です」「ます」系か)
  • 箇条書きなどを使って、メリハリがあってわかりやすい形になっているか
  • 理論の飛躍などはないか
  • 全体の流れがおかしくないか(上と下で反対のことを言っているなど)

文章は、基本的に「パーツを集めて組み合わせたも」です。
全体の流れのイメージができていれば、パーツをバラバラに書いていって、最後に整合性が取れるように調整しましょう。

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!