財布を無くして4日経った(自分用メモ)

財布を無くして4日たちました。

無くした時はやっぱり少しショックだったんですけど

 

でも、まあこんなもんかと思ったより平気でした。

無くし慣れているんでね。笑

 

で、どうするもんかとフェイスブックに書いたんですが、

そしたら結構な人が『お金貸そうか?』って言ってくれまして。

 

果ては、一回もあったことのない人が『口座教えてくれれば振り込むよ』

とか言ってくれるんですよ。

 

でもよく考えたらさ、

カード落として口座止めたから振り込んでもらっても引き出せないというね。笑

(すぐカード作り直せよと思われるかもしれないんですが、
クレジット一体型なので再審査があって3週間はかかるらしい。)

 

なので、今は手渡しでお金を貸してくれる人のとこまで行って、

お金を借りるというクソみたいな生活をしています。

 

実際に財布を無くした時は手持ちが2500円しかなくて、

で会社への交通費で1300円使って、

ジャンプ代と打ち合わせ代(前から決まってた)

とか使っちゃって

 

『やべぇ。喉乾いたけどジュース飲んだら、改札出れないんじゃね?』みたいな

 

新宿で残り70円とスイカに残ってる40円だけになるぐらい追い込まれながら生活してる

 

だけど、これが結構楽しい。

 

3〜4日経つうちに財布持たずにギリッギリで生活するの、

すげー楽しいなって思うようになってきたんですよ。

 

 

こんな生活してると思い出すのが社会人の頃なんですが

 

その時は手取りが17万円で、一人暮らししていたから

 

全然良いものとか食わせられなかったり

お金使わないように遊んだりしてたんだけど

 

彼女に迷惑かけてたなぁと

 

今はまあ人並みに稼げるようになったので、

ホテル行ったり、旅行行ったりできるようになったんですが、、、

 

ほいでね

ある時、俺が船橋のワンルームで
『いつかタワーマンションに住みたいなぁ』って言ったら、

はーちゃん(当時の彼女)が
『でもたろにゃん!ここから見える隣のマンションも綺麗だよ!』って、

 

マンションの3階から隣のマンション見て言ってたんですよね。

まあそれはそれで楽しかったんだけど。

 

もし今ぐらいのお金があったらもっと楽しいことできたのかな?とか思うと、

まあ辛いわけですわ。

 

以前リッツカールトンの53階に泊まったんだけど、

もしはーちゃんと来てたらどうだったんだろうって思ちゃったりして、

あれは申し訳なかったな。

 

連絡しようにも、もう連絡先もわからなくて、

探偵雇うと思ったこともあったけど、

あいつら300万ぐらい取るんですよね。

 

今はそんなにお金ないなぁ。。。

 

ただ、お金使えないっていうのと矛盾するかもしれないけど、

そこそこ使える金が増えた今よりも、

金がないけどはーちゃんと一緒にいた時の方が楽しかった。

 

結局金じゃないんだよなあ。

 

僕の死ぬまでにしたいことのリストの1つに

『全てを捨てて10万円握りしめて0からまたやり直す。』っていうのがあるんですが、

今回はそのプレみたいだなと、

 

人の温かさを感じました。

お金を貸してくれるって言ってくれた方

実際にお金を貸してくれた皆さん。

本当にありがとう。

 

まあ、今は自分がカスすぎるので全てを捨てたら本当に死ぬのでまだ捨てれないですが、

近いうちに全てを捨てて、また裸一貫でやり直してみたい。

 

まあ纏まらないけど、

そんなことを思った。

 

たまにはいいでしょ!俺のブログだしね。

 

 

PS.

みんながお金を貸してくれて瞬間的に1.5万円になって、

そのお金でキャバクラに行った俺はまごう事なきクズです。

ありがとうございます。

 

 

いやちゃうねん!

いつものおっちゃんが「来て来て」言ってきて、

1000円握らせてきて、「千円俺出すから来て」って言うから、、、

 

1500円だったから、、、

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!