ISP(アイエスピー)|アフィリエイト用語集

ISP(アイエスピー)とは
ISPとはインターネットサービスプロバイダの略称です。

インターネットを利用するお客さんに対して、利用者のコンピューターをインターネットに接続するために必要なサービスを提供している事業者をISP(インターネットプロバイダ)といい、『プロバイダ』と呼ばれることもあります。

ISP(プロバイダ)とはインターネットの入り口のことで、例えば動物園に入るにも入場券が必要ですよね。
インターネットも同様に、誰でも利用できるわけではなく、入場券のようなものが必要となります。

その入場券に代わる『ID』や『パスワード』を発行してくれる会社のことをISP(インターネットプロバイダ)といいます。

インターネットの世界に繋がるには回線(光ファイバー・ADSL)とISPが必要となります。

あなたの家 −–– 回線 −–– ISP −–– インターネット

あなたの家とインターネット(yahoo!やGoogleなど色々なサイト)を繋ぐ道となるのが回線で、その間にある門のようなものをISPと言います。

インターネットへの道(回線)があっても、入場券がないとインターネットの世界には行けません。
ISP(プロバイダ)に申し込み入場券を発行してもらって、やっとインターネットの世界に行けるのです。

つまり、門を越すのに必要なのが『ID』や『パスワード』で、それを発行しているのがISPということです。

 

アフィリエイト用語集一覧に戻る

『成果が10倍になるネット集客』無料プレゼント中

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    タロウ

    1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!