AIDMA(アイドマ)の法則とは?|アフィリエイト用語集

アイドマ(AIDMA)の法則

AIDMAの法則とはアメリカのサミュエル・ローランド・ホールが提唱した仮説で、『アイドマのほうそく』と読みます。
消費者の行動理論を表しています。

【AIDMA】とは

  1. Attention(注意)
  2. Interest(関心)
  3. Desire(欲求)
  4. Memory(記憶)
  5. Action(行動)

の頭文字から出来ていて、

4.の「Memory(記憶)」は「Motive(動機)」と置き換えられることもあります。

例えば、商売をしているなら「どうしたら、沢山のお客さんに来てもらえるだろうか」とか「こんなにも良い商品なのに、なぜ売れないんだろう」という時に、このAIDMAの法則を活かすとうまくいくことがあります。

認知段階(Attention)

1「Attention(注意)」は認知段階といわれ、お客さんにお店や商品の存在を知ってもらう段階です。

「こんなお店がありますよ~」「こういう商品がありますよ~」と、その存在に注目してもらう段階と言えます。
具体的には、チラシを配ったり気付かれやすい看板を立てたりポップでアピールします。

感情段階(Interest・Desire・Memory)

2.「Interest(関心)」 3.「Desire(欲求)」 4.「Memory(記憶)」は感情段階といわれています。

興味を引く

2.「Interest(関心)」についてはお客さんに自分と関係あることだと知ってもらうこと、お客さんに興味を持ってもらう段階です。

『これは美容に良いんですよ』という事を知ってもらえれば、美容に関心があるお客さんは「どんなものだろう?」と興味を持つという事です。

購買意欲を掻き立てる

3.「Desire(欲求)」はお客さんが興味はあるけど、欲しいと思うところまで達してない段階です。
なので、欲しいと思ってもらえるように『どんなメリットがあるか』を知ってもらいます。
お客さんがそれを購入する事で、『こんな体験ができるよ』という事を教えてあげると購入意欲は高まります。

購入の検討をしてもらう

4.「Memory(記憶)」はお客さんが商品名や価格・スペックなどの情報を記憶し、購入の検討をする段階です。
お客さんに『買ってよい理由』を提示できれば、お客さんの購入へのブレーキが外れます。
『悩み事が改善できる』『こんな事に効果がある』『芸能人ご用達』『バレンタインデー』など、買っても良い理由があれば購入意欲が湧きますよね。

購入段階

5.「Action(行動)」はお客さんが商品を購入する段階です。
ここまできて、やっとお客さんが行動に移す段階です。お客さんが買えない理由をすべて潰します。

支払方法に関して、クレジットカードでしか無理なら未成年は買えません。なので、他の支払方法が必要です。
大き過ぎたり多過ぎたりで持って帰るのが困難な場合は、配達サービスがあれば買えますね。
地方限定品などは、遠方の方は買いにくいので通販サイトがあれば買えます。

 

このように、見込み客が購入に至るまでの心理的プロセスについての法則を【AIDMAの法則】といいます。

 

アフィリエイト用語集一覧に戻る

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    タロウ

    1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!