同窓会でいつも思うこと

俺の友達に

ゆーすけと寺戸って奴がいた。
二人共、中学高校の付き合いだったんだけど

2人とも俺らの大半が新卒で会社に入った2012年に死んだ。

正直、高校を卒業してからは全く付き合いなんてなかったし
ゆーすけに至っては葬式が終わってから死んだことを知った。

俺は高校の奴らが全員好きとか思わないから同窓会とか苦手で、
今まで何回かあった同窓会は、全部都合作って避けてきたんだよね。

だから、冷たいやつとか思われてるかもしれないけど、
実はゆーすけのことも寺戸のこともほとんど毎日思い出してる。

あいつらが生きていたら今はどうだったのかな、とか
最期の瞬間なにおもったんだろう、とか
自分の子供が死んだらやりきれないよな、とか

ゆうすけでよく思い出すのは

中学校に入って全然友達がいない状態で
名前が近かったから話しかけた時、お互い一人っ子だったのに、
俺が冗談で『兄ちゃん』と言ったら雄介が『弟よー』って返してきて

でそれ以来、兄弟みたいなことをギャグでやってたら
たまに信じちゃう人とかもいて、結構しばらく続けてた
ってこと

中学1年の頃、同じ部活だったんだけど
スプレータイプのサロンパスが本当に効くのかって事を試すために、
ちんこにサロンパスをかけまくって全然効かないなていって、
お互い掛け合ってたら20秒後ぐらいに悶絶してトイレでチンコを洗ったってこと

テニスが激下手だったこと

寺戸で思い出すのは、

おんなじチャリ通で途中まで一緒に帰ったこと、
一緒に公園でバスケをしたこと、

「俺も楽器やりたい、ギター教えてくれ」って言ったら
覚えが悪い俺にめんどくさそうに、でもちょっと楽しそうに教えてくれたこと

教えてもらうためにあいつの家にも行ったし、俺の家にもきてもらったこと

その時借りたバンドスコアとギター教本はまだ家にある。
両親に返すべきかと思ったけどタイミングも見失ったので、まあ一生借りておくことにした。

寺戸は葬式に行けたんだけど
あいつか棺桶に入っているのを見たら高校の時と全然顔が変わってて、実感が全くなかった。

でも、死んだのかーって毎日考えて
しばらくしてやっと理解できた(苦笑

ただ、偽善ぶりたいわけでもないので本音をいうが、『悲しい』というより、なんだか『悔しい』のだ

何で今この事書くかっていうと、
同窓会の案内が回ってきたから

同窓会の日、
実はゆうすけと会って、本当に少しだけ
『おー!元気?』みたいなことを話したんだけど、

それが最後の会話になった。

その時からずっとほぼ毎日

同窓会に出てれば
ゆうすけともっと沢山話せたのにとか、
寺戸とも話せたんじゃないか。とか
この時俺が同窓会に行っていれば、2人は死ななかったんじゃないかとか。
そんなわけないのに思ってる。笑

まあ後悔しているわけだ。

『なんで行かなかったんだと』

でもきっと俺が同窓会でたとか全く関係なく
確率論的には、1~2年に1人は誰かが死んじゃうのかなって思う。

だからこれ以上後悔しないために今年の末にある同窓会は頑張って出たい。

みんなも頑張って同窓会出ろ

あと、誰も死ぬな

みんな最低でも85までは生きろ。

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!