僕が初めて会ったアフィリエイターの話

これは1年ぐらい前のお話

 

その時の僕はアフィリエイトを初めて1年以上経ち、細々と稼いでいた。

だけど、『”王道のアフィリエイト”で飯を食っている人』に会ったことがなかった。

 

よく情報商材業界では「寝てても月収200万」とか「コピペで1000万」とかいう、だいぶバブリーなキャッチフレーズが流行っていたが、

その多くは情報商材を売ったお金によって稼いだものであって、アフィリエイトで稼いだものでないことを知っていた。

 

そういった人の多くは、月50万程度を稼いでからその方法をノウハウにまとめて売って稼いでいた。

だから、ずっと

『本当にアフィリエイト単体で月数百万稼ぐ人がいるのか?』

という疑問を持っていた。

 

 

そんな中、僕のブログのアクセスが伸び始めた2015年3頃、
Twitterをしているアフィリエイターの中で少し僕のブログが話題になっていた。

 

その時にTwitterを介してMさんという方は専業アフィリエイターとやりとりを始めた。

 

いろいろ見てみると
【僕と同年】【当時の僕の仕事場周辺に住んでいる】という共通点があり、

彼にとても興味が湧いてきて、こちらから「会いませんか?」という話をした。

 

Mさんは快く応じてくれて、
その2〜3日後に会うことになった。

 

その時、「いろいろ教えてください!体でも金でも払います!」と言ったら

「人手足りないので、困ったら手を貸してください」みたいなことを言われたので、同棲しているおっさんに「勉強させて貰えば?」と言い2人でMさんに会いに行った。

 

 

当日、指定されたBARへ行くと、

イケメンで髪の長い青年がパソコンを開きカタカタとタイピングしていた。

 

僕がなんとなくこの人かなと思い「Mさんですか?」と話しかけると、

「ああ!そうですそうです!」と言い、作業していたパソコンを閉じた。

 

何から話していいかもわからなかったし、もう半年前のことだったので細かいことは覚えていなかったが、

今でも強烈に覚えていることが一つだけある。

 

よくよく考えると失礼な話だが、当時はアフィリエイターを少し下の仕事に見ていて(自分の仕事はコンサルだったので)

僕が「アフィリエイトでいくらぐらい稼げているんですか?」と直球な質問をすると、Mさんが「そうですねぇ、個人だった時の方が稼いでいたんですが、、、」前置きをし、

 

「だいたい1,000万ちょいぐらいですかね」と言った。

 

僕は『それが年収なのかな?』と思い。まあそれくらいかなと思ったのだが、同居人が「それは年収ですか?」と聞くと、Mさんは

「いやいや、月収1,000万ですね〜」と答えた。

 

一瞬、というかしばらく信じられなかったが、

話を聞いているとどうやら本当のことのようだった。

 

そもそも、名前も顔も出していない、サイトやHPで情報発信もしていない彼が嘘のことをいう必要もなかったし、

後から知ったことだったが、23歳の時にポルシェを買ったらしい。しかもその時彼には免許がなかったそうだ。

 

初めて会ったアフィリエイターが年間億を稼いでいたのは、自分のマインドブロックをぶっ壊してくれたし、少しだけでも異次元の世界に触れられたのは間違いなく良い影響を貰えた。

 

 

ちなみに、その時に言ってくれた「土屋さんなら稼げるようになると思います。土屋さんになら出資しても良いですよ。」という言葉が今でも支えになっています。

 

ありがとうMさん〜

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!