合宿免許の話その② 自己紹介

前回から僕が体験した合宿免許の話を始めたわけなんですが、

 

一話目は、入舎メンバーが部屋に集まっただけで終わってしまいました。

今日はそのメンバーたちの自己紹介です。

 

【一話目 部屋のメンバー決定】

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

部屋に同居人の6人が揃ったわけですが、

なんと、50人の中にいた2人の要注意人物が2人とも俺の部屋に来たというミラクルを引き起こしてしまいました。

 

「もう仕方ない!この状況を楽しむしかない!!」と思った僕は、

とりあえずみんなで自己紹介をすることに、

ちゃぶ台

まずは少し背が低くガタイが良い奴が自己紹介を始めました。

「18歳で医療系の専門学校へ通っています。俺はユウスケっていますけど、そこのユウスケとも同じ学校で友達です。」といって、少し色が黒い背が大きい奴を指差し、

指をさされたユウスケは、軽く会釈をして自分でも似たような自己紹介をしました。

 

3人目は調理学校に通う18歳でした。

そいつが自分のことを全然話す気がなかったので、「何か料理の雑学しろ」って言ったら

「パセリを手のひらでポンと空気圧縮すると香りが立つ。これをパセポンと呼びます。」と言ってきたので、

その瞬間からそいつのことを了承なしでパセポンと命名しました。

 

そして、自己紹介は問題の2人の番へ、、、

まだなんとかできそうな、細メガネから自己紹介をしてもらいました。

 

「え〜26歳です。2年前まで美大に居ましたが、いまは特に何もしていません。仕事をしようと思うのですが、その前に免許を取ろうと思いました。」

 

 

 

ニートでした。

 

 

部屋の空気が「お、おう、、、」となりましたが、

もう一人残っているのでまだ誰も突っ込む人はいませんでした。

 

そして最後に、謎の中年男性に自己紹介をしてもらうと

「アー、モンとイイます。48歳デス。これから仕事をスルのに必要で、免許をトリにキマシタ。」

 

 

 

こいつも無職でした。

 

 

さすがに我慢できなくて僕が「なんの仕事を始めるんですか?」と聞くと

日本にタイヤを輸入したい」と言っていました。

 

いろいろ聞いたんですが、それ以上は深く考えていなかったようでさらに恐怖が増しました。

 

 

ご存知かわからないんですが、普通は合宿免許って20歳以下がくるんですね。

場合によっては17歳なのに、1〜2ヶ月後に18歳になるから教習だけ全部終わらせるって言うことが多くて、部屋の年齢が17〜19歳ぐらいなんですが、

うちの部屋の平均年齢は24.5歳って云う

おそらく友部自動車学校の入舎グループ中で一番高かったんじゃないかと思います。

 

しかも無職率も33%ですからね。

とは言え、合宿免許はまだ始まったばかり、、、

 

 

一体どうなってしまうのか!!

(ガチンコファイトクラブ風)

※まだ入舎して30分経ってません

 

続く、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!