『資格とるやつって・・・』

先日、知り合いの社長に飯誘ってもらいまして、ご一緒してきたんですけど。

食事の最中に

「資格とるやつってホント偉いよな~」って話をされて

「そうですね。素晴らしいですよね。」って答えたら、

「いや、そうじゃなくてさ。『他人に使われるためにあんなに努力をする』っていうのがすごい。」って言われたんですね。

 

僕は「ああ、なるほど」って思ったわけで

もちろん看護師とか医者とか危険物取扱なんたらとかってすごい大切な仕事だと思うし、資格だと思うんですけど、

 

でも、MOSとか簿記の資格を取るために頑張るっていうのは、明らかに人に使われるのを前提としてるわけですからね

もしお金が稼ぎたいというのであれば、人に使われるより人を使う側に行かないといけないっていう意味だと思うんです。

 

とはいえ医者とか弁護士なら取得までの時間と労力が大変すぎて、『金稼ぎたい』っていう思いだけじゃそこまで頑張れないだろうから

「人を救いたい」「人の役に立ちたい」っていう思いが根底にあるんでしょう。

あれ人によっては10年ぐらいかかるし、ロースクールやら医大とか地獄みたいに金かかるもんね。

 

あと、医者は医者でも”歯医者”ってなんでなりたがるんだろう。

儲かるから?歯医者多すぎね?儲かるんかあれ。

 

 

PS.

お酒飲めるようになる年齢が20歳なのに、
AVにでれるようになる資格が18歳なのはすごい違和感があるけど、助かってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!