デキる男に学ぶ一歩先行く小物術

スーツ姿はバチっと決めていても、小物まで完璧に決まっている人はあまり見かけません。
そんな中、デキる男は他の人がおろそかにしがちな小物までバチっと決めて、更に評価を高めています。今回は、仕事がデキる男の小物術を学んでみましょう。

デキる男の小物ルール

デキる男は小物のセレクトまで抜かりがありません。小物一つで自分の評価が下がったり、逆に小物一つで自分の評価があがることを知っているからです。だからこそ、デキる男にとって小物は自分を演出するツールでもあります。
デキる男にとって自分ブランディングに欠かせない小物。

その基本的なルールとしては、自分流の拘りがあること。「何となく選んだ」とか「セールで安かったから」と言ったその場しのぎの理由なんかで選んだりしません。
誰かに小物を褒められたときに、その小物が持つ機能や歴史などに関してストーリーが語れるくらいに拘って選んだものを身につけているのです。更に、ビジネスに置いて最も大切な「信頼」を損なわないように、上質なものでさり気ないオリジナリティやトレンドがあるものを選んでいるものです。

デキる男の小物選びのルールをご紹介した後で、ここからは具体的な小物選びに移りたいと思います。

名刺入れ

ビジネス小物の基本中の基本、名刺入れ。初対面の挨拶で必須となるアイテムなだけに、名刺入れのチョイスがそのまま自分の印象になるということを肝に命じておきましょう。新卒の時に買った名刺入れをそのまま惰性で使い続けてませんか。個人の歴史を感じるような味のあるレザーになった名刺入れも良いですが、型くずれしていたり見るからに使い古した感のあるものや年齢に見合わないチープな作りのものを使い続けているようであれば、思い切って買い替えるようにしましょう。

定番のオーソドックスな革製のものが一番です。張り切ってブランドのロゴが丸わかりのものは避けたほうが無難。同じく、デザイナーズだからと言ってアルミ製のカードケースなども避けたほうが無難。誰に対しても不快な気持ちにさせない、落ち着いた品格のある名刺入れを選ぶようにしましょう。

ペン

会社の備品で支給された100円のボールペンなどを使っていませんか?デキる男は普段使う文房具にも手を抜かないもの。

値段の高い万年筆を使うまでは行かないにしても、ある程度ボールペンにしては高いと思わせるくらいの値段でスマートなデザインのものを選ぶようにしましょう。そうすることで、自分の仕事に対して熱意がある人というイメージを構築することが出来ます。

自分がこう思われたいというイメージに合致したボールペンが見つかったら、そのボールペンと共に100円のボールペンも持ち歩くことが大切。そうすることで、取引先や社内で筆記用具を忘れた人に貸すことが出来るからです。

更に、貸す時には、「どうぞ、差し上げます」という一言を添えるとスマート。ボールペンを返すという手間を相手に掛けさせない心遣いをするのが、デキる男のビジネスマナーと言えます。

デキる男はビニール傘を使いません。ビニール傘でいいやという人が多い中だからこそ、上質な傘を持っている男は印象をアップさせることが出来ます。

デキる男とは言え、急な雨が降った時とかはコンビニでビニール傘を調達するんじゃないの?という疑問を持った人もいるかと思います。

ですが、デキる男は急な雨が降った時でもビニール傘を使うことはありません。というのも、デキる男は天気もスマートにチェックしているので、雨が降りそうな場合は軽量の折り畳み傘を持つので急な雨にも対応することが出来るのです。デキる男は日常の些細なことでも段取り上手なもの。
デキる男を目指すならば、上質な長い傘と軽量で邪魔にならない折り畳み傘を持つ要にしましょう。

IDケース

会社から支給されたIDケースをそのまま使用していませんか。デキる男はIDケースも自分で選んだものを使います。
会社から支給されるIDケースは、ペラペラな作りのものが多いはず。デキる男はこうした「自分を安く見せるもの」は使用しないものです。良質な革のIDケースなど、オーソドックスなデザインの中に少しだけ自分らしさを出せるIDケースを調達するようにしましょう。

そもそも社員証や入館証などは無くすと困る大切な貴重品でもあります。もっと言うと自分の会社でもアイデンティティーであり、仕事上での自分の場所を証明するものでもあります。そんな大切なものを入れるIDケースだからこそ、会社から支給されたものをそのまま利用するのではなく、自分が拘って選んだIDケースに入れて大切に取り扱うようにしましょう。仕事への熱意もアピールできますよ。
いかがでしたか。デキる男は小物に対しても意識を払っているもの。
デキる男にとって小物は自己アピールの品でもあり仕事への熱意をするための品でもあるのです。是非参考にしてみてくださいね

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!