Wi-Fiが遅いときの対処法

Wi-Fiが遅いと感じて、毎日イライラしていませんか?

イライラ

せっかく楽しみにしていた動画を観る際に、Wi-Fiが遅いようでは、シラケてしまって、快適なネットライフを送れませんよね。

Wi-Fiが遅い理由を解決すれば、サクサクと動画も再生されますよ。便利で通信速度も速い、おすすめのWi-Fiプランも必見です。

通信速度が遅いときに考えられる理由と対応方法

Wi-Fiの通信速度が遅い場合に考えられる理由はいくつかあります。1つ1つ確認していきましょう。

1.通信制限がかけられていないか?

通信量に上限があり、通信制限がかけられていると、接続されているものの、妙に遅い状態になることがあります。

通信制限を引き上げるか、使い放題に切り替えるか、数日間の通信制限の解除を待つか、といった対処が考えられます。

2.ルーターとの距離が遠くないか?

Wi-Fi通信速度が、場所によって異なることがあります。遅い場合はルーターとの距離を確認しましょう。出先の店舗でも遅くなることがあれば、場所を移動して確認してみてください。場合によっては、障害物によってWi-Fi通信速度が遅くなるケースもあります。

3.同時接続の台数が多すぎないか?

だいたい5~10台程度、同時接続に耐えられるはずです。しかし、家族が多いと軽く台数が増えてしまいます。ルーターの会社のHPに記されている場合もありますが、なければサポートに確認すると教えてもらえます。

4.ルーターのファームウェアが最新か?

これはかなり見落としがちです。ルーターの会社のHPには、最新のファームウェアにする手順が記されています。会社によっては、サポートの方が電話をしながら一緒にやってくれます。(I-O DATA経験あり)

持ち運びが便利なポケットWi-Fiがおすすめ

ポポケットWi-Fiとは、いわゆるモバイルWi-Fiルーターのことです。

かつてのイーモバイル(現在のワイモバイル)の商標名だったものが、今では、手軽に持ち歩けるモバイルWi-Fiルーターを「ポケットWi-Fi」と一般名詞のように使われています。

ポケットWi-Fiがあれば、自宅はもちろんのこと、外出先でのインターネット接続もOKです。

文字通りポケットやカバンにサクッと入れて持ち運びができるのが便利です。もちろん軽いので、持っていることを意識する必要がありません。

自宅であっても、そうとう便利に使い倒せます。スマホだけでなく、ノートパソコンとタブレット、さらに家族がゲーム機で遊ぶなど、複数接続にも十分に対応しています。

最近のポケットWi-Fiは、通信速度もだいぶ上がってきていますので、スマホで動画を観ていても、ノートパソコンやゲーム機が使えない、などということもありません。

 

どうしても早くならない場合乗り換えしましょ

通信速度が速いポケットWi-Fiに切り替えてみたい!と思ったら、今、一押しなのが「GMOのWiMAX2」です。

実は、現在のポケットWi-Fiの通信形式は、大きく分けてワイモバイルが提供するLTEと、UQ WiMAXが提供するWiMAXがあるのです。

LTEの通信速度が、下り最大110Mbps~165Mbpsに対して、WiMAXの通信速度は、下り最大110Mbps~220Mbpsです。月額利用料はほぼ変わらないので、通信速度が速いWiMAXのほうに分があります。

通信速度が遅いときに出てくる、あの嫌なグルグルマークが延々と表示されることもなく、快適にインターネット接続が行われます。

GMOのWiMAX2が一押しの理由

通信速度が速いのがGMOのWiMAX2の魅力です。
超高速通信の下り最大220Mbps

しかも、遅くなる多くの原因である。

通常プランの他、月間データ通信の上限をなくした、ギガ放題プランもありますので、動画を毎日かなり観る、といった通信量が多い方にはおすすめです。これなら制限を気にしながらの動画閲覧から解放されますね。毎月プラン変更することも可能です。もちろん料金は発生しません。

現在お使いのWi-Fiに満足できていなければ、ちょうど今が買い替えのタイミングかもしれませんよ。

『成果が10倍になるネット集客』無料プレゼント中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!