初めてのポケットWi-Fi!押さえておきたいポイントまとめ

自宅でWi-fi環境を整えて、パソコンを無線でネットに繋げたり、ゲーム端末やスマホでオンライン通信をしたりしていると思います。
では外出先ではどうでしょうか。
一部のカフェや公共施設などではネットが利用できますが、まだまだそのエリアは限られています。

困る

どんな場所にいてもネットがしたい。

そうお考えなら、ポケットWi-fiが便利です。
これさえあれば、外出先でもパソコンやスマホをネットに繋ぐことができます。
今では多くの業者がポケットWi-Fiを販売していていますが、今いち業者間での違いが分かりにくくなっています。
そこで、どのポケットWi-fiを選べばいいのか分からない方のために、業者ごとの違いや比較方法をご紹介したいと思います。

LTE回線と3G4G回線のちがい

スマホのコマーシャルやチラシなどを見ると、「3G」「4G」「LTE」といった文字が書かれています。
これは通信規格を表しているのですが、この違いが分かりますでしょうか。
まず、「3G」「4G」のGは、Generationの頭文字で、「世代」という意味です。

つまり3Gは第3世代、4Gは第4世代ということになります。
以前ドコモが販売していたFOMAは3G回線で、現在のスマホは4G回線になります。

ですが、今4Gと呼んでいるものは本当の4Gではありません。
正確には3.9G回線であり、これをLTEと呼んでいるのです。

3Gに比べてLTE(3.9G)は通信速度が飛躍的に向上しましたが、真の4G回線は、LTEよりも通信速度が約2倍にアップします。

プロバイダによって異なるサービス

WiMAXを利用するにはプロバイダと契約する必要があります。
現在既に数十社ほどのプロバイダ会社がありますが、GMO、BIGLOBE、NIFTYなどが有名で人気があります。

中でもGMOの人気が群を抜いていて、価格を安くしたいならばGMOの一択でしょう。
もし自宅で利用している回線がBIGLOBEならば、WiMAXをBIGLOBEで契約すると割引があり、GMOより安く利用できます。


タイプ別おすすめポケットWi-Fi

ポケットWi-Fiには速度制限というものがあります。これは、一定期間に大量の通信を行った場合、通信速度を制限されるというものです。
LTEの場合はこの制限が厳しく、すぐに制限に引っかかってしまいますし、制限されるとかなり通信速度が下げられ、通常のネット閲覧もままならない状態になります。

一方WiMAXの場合は、無制限プランが用意されているので、速度制限を受ける心配がありません。
Wi-Fiのこういった速度制限や通信速度は、プロバイダによって変わるものではありません。

プロバイダによって変わる最大のポイントが料金です。
ポケットWi-Fi業界では、各社が色々なキャッシュバックキャンペーンを行っています。
その内容は定期的に変わるので、一番料金が安くなるプロバイダも変わりますが、現在一番安く利用できるプロバイダは、GMOとくとくBBです。

ただ、自宅のネット回線やご利用のスマホの契約会社などによって、受けられる割引が変わってきますので、そういった割引を加味した場合に、他のプロバイダの方が安くなる方もいると思います。

ポケットWi-Fiの契約は基本的に2年縛りのプロバイダが多いですので、目先のキャッシュバックにとらわれるのではなく、2年間トータルでの費用で考えて、プロバイダを決めるようにしましょう。

『成果が10倍になるネット集客』無料プレゼント中

コメントを残す