サクサクネットにつながるWi-Fi無線ルーターの選び方

WI-FI受信が可能な無線LANルーターにはいくつかの規格があることはあまり知られていません。しかし規格によって受診速度、いわゆるサクサク通信できるかが変わってくるため是非とも覚えておきたいところです。

!?

現在普及している製品のほとんどは複数の規格をサポートしています。
無線LANはまず大きくわけて周波数が

  • 2.4GHz帯
  • 5.0GHz帯

のふたつに大別され、さらに4つの規格、

  • 11n
  • 11a
  • 11g
  • 11b

に分けられます。

これらは単純に古いか新しいかという認識でOKです。

例えば4つの規格の中では【11n】が最新規格であり、4規格の中で唯一ストリーム数を4つサポート出来るため、単純に高速通信といえます。昨今の大容量の映像配信コンテンツを快適に楽しむには最新規格の【11n】が適しています。

逆に最古の規格である【11b】は通信速度が最大11Mbpsと脆弱で電波干渉にも極めて弱いことが指摘されています(【11n】は最大600Mbps)

周波数はまず2.4GHzで普及し、後発として登場したのが5GHzです。

2.4GHzは他の家電(電子レンジやBluetooth)と電波干渉して通信速度の妨げになる可能性があるため、それを解消するために登場したのが5GHz周波数の無線LANです。最新規格の【11n】は両周波数に対応、【11a】は5GHzのみ対応、残り2規格は2.4GHzのみに対応しています。

規格以外にも注意するべき「速度表示」

ここまで解説した4規格で顕著に違うのは通信速度(Mbps)です。

もっとも高速なのは最新規格である【11n】の600Mbps(4ストリーム時)です。そして【11a】と【11g】は54Mbps、一番古い規格である【11b】は11Mbpsです。

【11a】と【11g】は同じ54Mbpsですが上項目で解説したように周波数が異なり、5GHzに対応している【11a】のほうが電波干渉に強いという特徴を備えているため通信速度が安定するといえます。

このように、基本的に新しい規格のほうが安定性と高速通信を両立していると考えてOKです。

どのWi-Fiルーターがおすすめ?

ここまでの解説でお分かりいただけたと思いますが、基本的に新しい規格のほうが通信速度は安定して早いルーターといえるため当然WI-FI受信も高速で安定します。
今後は5GHzに対応したさらに高速通信の新規格の登場が予想されるため、今からルーターを導入する場合は5GHzの製品にするのがオススメです。
無線LANの製造メーカーといえばbuffaloが定番となっています。

最新規格をサポートしている製品を挙げると、NECなら【AtermWR9500N】や【AtermWR8750N】などのAtermシリーズがあります。どちらも価格は1万円前後です。

Buffaloなら【エアステーション QRsetup】が最新規格をサポートしている機種です。価格は1万円を切る程度で販売されていることが多いです。
以上のように、NECもbuffaloも最新規格をサポートしているルーターなら1万円前後で販売しています。

どちらもカタログスペックによるとWI-FIによる無線通信は300Mbpsと記載されています。

NECはレンタルルーターに非常に多い製品であり、高い信頼を誇っていることが伺えます。Buffaloは品質に対する低価格に定評があるブランドです。どちらも多くのユーザーから支持されていることは間違いありません。


『成果が10倍になるネット集客』無料プレゼント中

1 個のコメント

  • The very next time I read a blog, Hopefully it does not disappoint me as much as this particular one. I mean, I know it was my choice to read, noheeneltss I genuinely thought you would probably have something helpful to talk about. All I hear is a bunch of complaining about something that you could possibly fix if you weren’t too busy looking for attention.

  • コメントを残す