会社辞めても1日14時間働けば生きていける

ホリエモンっているじゃないですか?

ライブドアの元社長で、今はもう何やってるかわかんないけど、
宇宙開発とかやってる実業家の、

ちょっと前にライブドア関連の事件で捕まってましたけど、
仕事好きすぎて刑務所の中からでもメルマガを発行してたっていう。

本当仕事ジャンキーな人ですよね。

彼って世間から天才かのように言われてますけど、
僕はそうは思わなくて彼は【努力の人】だなって思うんです。

彼の出身大学は東大、それだけでもめちょめちょすごいなと思うのですが、
さらに僕がすごいと思うのは大学への”入り方”

なんと勉強期間はたった半年だけっていう

 

その方法は、受験の半年前に東京大学に入る気になり、最初に東京大学の赤本をし、傾向を分析。
ホリエモンの勉強の仕方は、東京大学の赤本に乗っているそうです。(僕はそのレベルじゃないので全くわからんが)

赤本をやって自分で、傾向に気づき、対策を立てたのもすごいことなのですが、

さらにすごいのが、
半年間飯を食べる時間以外は全て受験勉強に当てたっていうこと。

1日に14時間勉強をしていたらしいですよ。

その後の(ライブドアとか出所後の)インタビューでも、自身の経験から「1日14時間やれば何でもできる」と答えています。
これには僕も完全同意で、僕も最初アフィリエイトをやったときは常にアフィリエイトのことを考えていました。

アフィリエイトを始めた時は、
同じ始めたての仲間4人でずーっとアフィリエイトの話をしてたし、みんな腱鞘炎になるぐらいタイピングして、記事書いてました。

(とか言いながら僕は唯一腱鞘炎じゃなかった。今考えるとだから僕はこんなとこでくすぶってるのかもしれないなぁ、、、)

バカになってやり続ける

一人で飯食ってったり、年収1000万ぐらいなら、バカな方法でも愚直にやり続ければ結果を出せるんじゃないかなと思うんですね。

知り合いの経営者も、「独立したのであれば独立1年目はワークライフバランスなんて考えず、持てる力をすべて注ぎ込まないといけない。」と言っていて、

ソフトバンクの孫さんも
リブセンスの村上太一さんも
タリーズの松田公太さんも
サイバーエージェントの藤田晋さんも

みんな寝食を忘れて没頭しているんです。

本読んでもらえればわかるんですけどね、

本当にずーっと仕事してたんです。
休みも1年ぐらいは取ってない。

っていうか仕事が趣味みたいな人だからかもしれないですけども、
現に村上さんは「仕事以上に楽しいことはない」って言ってましたから、

まあ気になる人は本読め。
この人たちの本は1冊づつは読んだほうがいいよ。

まあ、そういうことなんで初めから効率化とか考える必要はなくて、
そんなことに気をまわすぐらいなら、ひたすら量をこなしたほうが絶対に良いです。

『じゃあみんなバカになってやろう!』

って言って簡単に終われるかっていうと、そのバカになってやるっていうのが難しいんですよね。

一見簡単そうに見えるかもしれませんが、これが難しい。
1つのことを永遠とできる人ってあまりみたことがないです。

僕でさえ、一年間っていう単位で継続できたことって自慰とオナニー、それと手淫、他にはマスターベーションと、後は強いて言えばセンズリぐらいなんじゃないかと思いますし、

じゃあどうやって1つのことをやり続けれるようになるのかというと、これはもう自分を追い込むしかないんじゃないかと思うんです。

サラリーマンなら、
まだどうするかわかってなくてもとりあえず仕事辞めるとか、

僕の周りにそういう人が増えてきて、

「仕事続けるのが辛い」「仕事辞めたい」
っていう人が増えてきたので僕から出来るアドバイスとして書かせてもらいました。

まあその辺はちょっと俺は責任取れないんで勝手に頑張って欲しいです。

所詮誰も自分の人生の責任を取ってくれないからね。
自分が思ったようにやればいいさ。

俺はマジで知らん。
責任はとらんぞ。

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。