はじめてのバイナリーオプション入門

新しい投資のタイプとして話題になったバイナリーオプション。

いまだにやったことがないけど気になっている方にどのようなものなのか、どうすれば初心者でも儲けられるのかをご紹介します。

バイナリーオプションがどんなものかわからない方は次の記事も参考にしてみてください。

バイナリーオプションは詐欺なのか?武井壮が挑戦

2016.02.09

バイナリーオプションとは

資産運用

バイナリーオプションとは、投資する通貨や株、先物取引商品が指定された時間が経過した後に、
金額が上がっているか下がっているのかを予想する投資です。
簡単に言うとゲームなどであるハイ&ローのような物です。

もちろんそこまで単純な物でなく、ハイ&ローを予測する取引方法や、
指定された金額まで上がるか、下がるかというような指定条件をクリアするのかどうかといった取引方法もあり、それによって買い方は異なります。
投資の中でも非常に簡単に少ない資金でも始められる投資のため、初心者でも気軽に始めることのできる投資と言えます。

バイナリーオプションの始め方

ではバイナリーオプションを始めるにはどのようにすれば良いのでしょうか?
まずしなければならない事は、バイナリーオプションを扱っている証券会社で口座を開設するという事です。
その際に証券会社を選択する必要があります。

一番の基本となるハイロー型と呼ばれる取引はほとんどの業者で取り扱っていますが、
その他の取引方法になると業者に寄って取り扱いの有無がありますので、
自分がどのような取引を行いたいのかという事も業者を選定する重要な要素になります。
業者を選定し、口座を開設したら入金を行います。
入金をして初めて取引を行うことが出来ます。

初心者のためのバイナリーオプションの業者の選び方

初心者がバイナリーオプションをする際、どのような業者を選ぶことが望ましいのでしょうか?
まずはどのようなことに重点を置くのかでも変わってきます。
安心に重点を置くのであれば国内の業者を選択しましょう。
国内の業者で金融庁から認められていれば詐欺に合う心配はまずありません。
安心して取引を行うことが出来ます。

しかし、国内の業者にもデメリットはあります。
それは口座開設の手続きが大変なことと、どの業者も払い戻し率がほぼ一緒のため、
大儲けをしようとしている人には向いていないという事です。

逆に手軽さや大儲けをしたいという事に重点を置くのであれば海外の業者が良いでしょう。
ただ、海外の業者という事で詐欺という危険性は排除できません。

初心者でも実践がやさしい攻略法

バイナリーオプションは数分単位の動きを予測し投資する方法です。
つまり、上がり続ける時間、下がり続ける時間を見つけそこに集中して投資することで連続して勝ちを手にすることが出来るのです。
これはある程度チャートを読んでいればなんとなく分かるようにはなると思いますので、始める前にチャートを読む癖をつけると良いでしょう。

また、業者を選ぶこと自体も攻略法になります。
払い戻し率も業者によって様々で、負けた場合10%程度の金額を戻してくれるといった業者もあります。
自分にとって一番有益である業者を選ぶだけで攻略への一歩を進んだことになるのです。

バイナリーオプションで勝てない理由と対処法

勝てない人の多くはこのようなことを考えずに、二択だからといって簡単に賭けている人です。
考えずに二択だからと賭けるのであれば、それは投資ではなくギャンブルです。
ギャンブルは最終的には負ける人が多いのです。
その対処法は感情に流されず、バイナリーオプションについて勉強して経験を積むしかないのです。

バイナリーオプションは投資の中では非常に簡単です。
しかし、あくまでも投資のため、知識が無ければ全てを失う事にもなりかねません。
バイナリーオプションを行う際にはしっかりとした知識を身に付け、自分の身の丈に合った金額での投資を心がけましょう。

ある程度慣れてきたらバイナリーオプションで一儲けしたい、でも損はしたくないしどうすればいいのか不安もあると考える方もたくさんいるでしょう。
そこでバイナリーオプションを攻略するためのテクニックなどをご紹介します。

バイナリーオプションのテクニック

トレンドを把握する

チャート

バイナリーオプションは基本的には対象となる通貨や株、先物取引商品などが指定されている時間経過後に、
今よりも高くなっているか、もしくは安くなっているかという二択になります。

非常に簡単でテクニックはないんじゃないかと思いがちですが、実はそうではありません。
確かにその他の投資に比べれば簡単ではありますが、攻略をするためにはいくつかのテクニックが必要なのです。

まず、投資する対象を選択する際に「トレンドを把握する」という事です。
極端な話、数分後の価格を予想するバイナリーオプションでは、その投資対象が横ばい、上昇、下降のうちどのトレンドなのかを把握し、見極めなければなりません。
横ばいの投資対象ではどちらに動くのかという予想が困難になり、投資というよりもギャンブルの意味合いが強くなってしまいます。
一方、上昇や下降のトレンドは分かりやすいことが多いです。

手持ち資金から投資する割合を決める

お金

次に手持ち資金に対してどのくらいの投資をするのかを決めることも重要です。
手持ち資金が10万円しかないのに一度に10万円をかけてしまえば一度の負けで無くなります。
通常は手持ち資金の5%以内で抑えることが望ましいでしょう。
そうすることで得る利益自体は少なくなりますが、損失(リスク)も最小限に抑えることが出来るのです。
バイナリーオプションは二択ですので勝率は50%はあります。

つまり手持ち資金の5%以内にすることで、最低でも20回は投資をすることが出来るのです。
勝率5%とした場合、単純計算で20回連続で外れてしまうという確率は約0.0001%とほぼ無いに等しい確率なのです。
もう一つはチャートを読む力を身に付けるという事です。
チャートを読むことで投資対象のトレンドを的確に把握できます。
チャートの読み方は次の部分で説明します。

バイナリーオプションのチャートの読み方

トレンドを把握する上でチャートを読む能力というのは必須になります。
チャートが読めなければギャンブルの意味合いが強くなり、長期的に利益を上げることは難しくなります。
ではチャートはどのように読めばよいのでしょう?
ベテランになれば短期的なチャートだけである程度はわかるかもしれません。

しかし、慣れるまではまずは長期的な月単位のチャート、その後週単位、日単位、時間単位と順番に見ていくと投資対象の動きが把握できます。
初心者にありがちなのが、今日のチャートが上昇トレンドだから上昇すると短絡的に考えてしまう事です。
どのような投資対象もいつまでも上がり続けることはありません。
チャートをしっかりと分析をして現在のトレンドがどこにあるのか予想する必要があるのです。

両建てとは何か、攻略につながるのか

バイナリーオプションをする際にハイとローを同時に購入する事を両建てといいます。
ではこの両建ては攻略につながるのでしょうか?
これは取引の方法によって変わってきます。
「境界型」や「タッチ型」と呼ばれる取引方法であれば攻略法になります。
この二つは最初にハイもしくはローのどちらかで利益を確定させた後にすぐもう一つの選択肢を選ぶことで利益を倍にすることもできます。
ただ、この二つの取引でも同一価格で両建てをしても意味がないという事は理解しなければなりません。
また、「ハイロー型」と呼ばれる方法では、両建てをするとどちらかは必ず外れるので攻略法にはなりません。

バイナリーオプション攻略に役立つツール

バイナリーオプションをする人向けのツールも数多く存在します。
中には証券会社も採用をしているようなツールもあり、自分自身でカスタムをすることなどでチャートの分析をする上で非常に役立ちます。
また、多くのツールは投資するタイミングなども教えてくれます。
チャートを読むのが苦手という人や初心者はこのようなツールを使用することで勝率を挙げることが出来るかもしれません。

前にも述べたようにバイナリーオプションは二択という事で普通にしていれば勝率は50%の投資です。
しかし、勝率50%では儲けることはできません。
この勝率を60%、70%にするためには上記のような攻略方法は最低限知っておく必要があります。
それを知らずに始めればただのギャンブルであり、70%勝つときもあれば20%しか勝てないこともあるのです。
この攻略を読んでしっかりと勉強をし、長期的な投資を目標にすることをお勧めします。

・・とその前に利益を出して稼いだら税金が発生することも忘れてはいけません。
脱税となってしまわないように税金のことも知っておきましょう。

バイナリーオプションで稼いだら税金はどうなるのか

確定申告

どのようなケースで申告が必要なのか

バイナリーオプションで得た利益への課税については2012年に税制が変わり非常にシンプルになりました。
所得金額に関係なく20万円以上の利益が出れば、得た利益の20%が課税されるようになったのです。
ただ、2013年からは復興特別所得税の関係で20.315%が課税されます。

では申告はどのようにするのでしょう。
バイナリーオプションで得た利益については確定申告をする必要があります。
通常であれば20万円以下の利益の場合確定申告をする必要はありません。

しかし、利益や損失の有無、金額に関わらず毎年確定申告をすることで、
万が一損失が出た場合3年間の損失繰越控除が可能になりますので、毎年申告をすることをお勧めします。

税金の申告方法 ・学生や扶養家族の場合

では学生や扶養家族がバイナリーオプションでお金を稼いだ場合はどうなるのでしょう。
学生や扶養家族がバイナリーオプションをした場合、
年間38万円以上所得があると確定申告をして税金を納める必要があります。

また、学生や扶養家族の場合も3年間の損失繰越控除はありますので、
38万円以上行かない場合や損失が出た場合も確定申告をすることをお勧めします。

また、38万円以上ある場合扶養から外れることもありますので注意が必要です。

海外の業者で稼いだ場合の申告について

バイナリーオプションは国内だけでなく海外にも多くの業者があります。
では海外の業者で稼いだ場合は申告をする必要はあるのでしょうか?

結論から言うともちろんあります。
納税は日本国に住んでいる人に課せられる義務であり、それがどこの業者を通じているのかは関係ありません。
確定申告の方法が国内の業者でも海外の業者でも同じです。

ただ、違う所が一つあり、それは課税される税金の種類です。
国内の業者の場合「申告分離課税」で海外の業者の場合は「総合課税」となります。

申告分離課税の場合は一律20.315%の課税ですが、総合課税の場合は、
給与所得とバイナリーオプションで得た利益の合計額によって税率が違うため、金額によっては割高になってしまう場合があります。

申告しなかった場合のデメリット(バレるのか)

バイナリーオプションはネット上の取引で実際に物を売り買いするわけではないので、
確定申告をしなくてもばれないのではと考える人もいるかもしれません。

しかしその考えは甘いのです。
現在では各業者から税務署に「どこの誰がどのくらいの利益を出している」という損益データが送られる仕組みになっているのです。
つまり、税務署にばれていないという考え自体が間違いという事になります。

もちろんものすごい人数のデータですから、すぐには分からないかもしれません。
しかし、脱税が出来るという全例を作ってしまうと日本の納税というシステム自体がおかしくなるので、
税務署は徹底的に調べます。

多少の時間さはあるかもしれませんが、
決められた期間に確定申告を行わなければその個人に対しての調査が始まるのです。
もちろん無申告の場合、罰則が科せられます。

利益に応じて未払いになっている住民税や所得税は当たり前ですが、
無申告加算税も科せられ金額の大きさによっては重加算税や罰金といった物もあります。
悪質と判断されれば逮捕されることもあるのです。

バイナリーオプションも立派な商取引であり、商取引で得た収入には納税義務が発生します。
日本国民である以上、日本の決まりに沿った納税を行わなければ必ずばれます。
自分自身で難しいのであれば、税理士に相談をするなどして確実な確定申告と納税を行うようにしましょう。

いかがでしたでしょうか?
始めてみようと思う方は次の記事も参考にして挑戦するか考えてみてください。

バイナリーオプションは詐欺なのか?武井壮が挑戦

2016.02.09
trade200

バイナリーオプションはこちら

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    タロウ

    1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!