ブロガーとして稼ぐために必要なこと

どうもブロガーのタロウです。

最近、僕が言われてびっくりしたのが
「あ!あのアナルの人ですね!嬉しい!」っていう言葉です。

 

ここで1つ確認しておきたいんですが

人ってだいたいアナルの人じゃないですか

 

逆に聞きたいんですが
アナルじゃない人ってどんな人なんだと

 

アナルと人は必ず1セットだし、

それ以下でもそれ以上でもないと思うんですね。

 

アナルばっかの人とか
アナルがない人とか嫌でしょ。

 

 

すみません
熱くなってしまいました。

 

アナルしか覚えてもらっていない僕でも、ブログとアフィリエイトで食っています。
ブログのサブタイトルのごとく、ネットで稼いでいます。

僕は元々アフィリエイトを始めて次にブログを始めたんですが、やってみるとそれなりに稼げました。
運もあったでしょうが、それなりに努力はしてたんでその成果なのかもしれません。

ブログで収益を上げる際に大量に記事を書いたのはもちろんなんですが、それと同時に多くのブログを研究していまた。
研究の結果、ブログで稼いでいる人は、何個かパターンがあることに気づきました。今日はその話。

専門性を持つ

これはブログだけじゃなく、メディア全般に言えるけど、何か専門性に特化するのがまず大事なのかと。
専門性に特化すると同じ興味を持った人が集まりやすいんです。それでアフィリエイトにも絡めやすい。

カメラをテーマにしたブログだと、カメラ好きの人が集まるのが想像できますよね?
カメラ好きな人が集まるから、カメラのアフィリエイトが当たりそうですよね。

少なくとも専門性ないブログとカメラの専門のブログだと、カメラ専門のブログの方が当たる可能性は高いはず。

ちなみに専門性は物じゃ無くてもいいんです。専門性ってのはガジェット・アニメとかの「物」であることがイメージ浮かぶかもしれません。

「物」でなくてもその人境遇とかでOKです。

外国在住のリモートワーカー、5回の離婚を経験した主婦、などなど他の人とは違う境遇でも、それだけで専門性が出てきます。

ファンを抱える

ブロガーになるならファンの存在は欠かせません。
ブログのPV数や拡散能力もそうなんですけど、一番はブログを待っている人がいるという存在です。

ブログは1人で書かないといけません。それは孤独との戦い。
これは実際にやってみないとわからないけど、すごく怖いんですよ。いわゆるフリーランスの恐怖というやつでしょうか?

ブログは1人で書くしかないので、1日中ひたすらブログを書いていないといけないです。
1日中誰とも会わないことが結構頻繁にあったりします。すると自分は誰からも必要とされないと錯覚しちゃいます。

実際そうかもしれないけど、強く感じすぎちゃいます。そんな時にブログを楽しみにして待っている読者の存在はかなり重要です。
本当に心の支えになります。

メンタル的にファンは大事なのかなーと。

拡散されるようなことを書く

SNSでシェアされたり、バズったりされるような記事を狙って書けるようになるといいですね。

これは、自分の記事が読者の心に刺さっていることになるかなと。
わざわざ手間をかけてシェアしてくれるってことは、ユーザーに何かしらの影響は与えた結果なんだと僕は思っています。

人によっては、炎上でシェアされるのを狙っている人もいますね。イケハヤさんはある程度狙っているそうです。
ちなみにシェアは不特定多数の人を狙わずにインフルエンサー、つまり有名な人にシェアされることを狙ってもいいですよ。

イケハヤさんは結構、シェアしてくれるので、イケハヤさんが好きそうなブログだったら狙ってみてもいいかもですね。

まとめ 強みを持つことが重要

とまあブログで稼いでいる人のパターンをいくつか上げてみたけど、全部に共通していることがあって、これって何か強みを持ってるんですよね。

この強みがあることがブログで稼ぐために最低条件です。

専門性は専門知識が、ファンは拡散能力が、シェアできる記事が書けるのは人の心に影響を与えることが。
これはその人の強みですよね。

だからこれからブロガーを目指すのなら、大量の記事を書くのはもちろん、記事を書きつつのこの辺の強みを作ることが大事です。

 

 

 

え?「私に強みなんてないって?」

あるじゃないですか、

 

アナルが

『成果が10倍になるネット集客』無料プレゼント中