【考察】2018年以降の仮想通貨市場はどうなるのか?

当サイトおすすめのおすすめ仮想通貨取引所

【1位】ビットフライヤー
国内最大手!本人確認のハガキも一番早く届く仮想通貨取引所です

【2位】Zaif
驚きの手数料-0.01%仮想通貨の積立投資も可能。国内で最も手数料が安いです

【3位】GMOコイン
金融庁の認可をもらった安全な事業所です

2017年は仮想通貨元年とも言われ、大手の会社が仮想通貨取引所を開設、仮想通貨のテレビCMも流れ、信じられないスピードで市場規模が拡大して行きました。市場拡大に伴い、仮想通貨相場も数十倍になり、草コインが数百倍の価値になると行ったことも珍しくありませんでしたね。

しかし、現在は下火になってきたのか前よりも話題を聞かなくなってきましたね。
仮想通貨を扱っている会社の不祥事も起きましたし、世間の仮想通貨自体のイメージもそこまで良くないかもしれません。

今後、仮想通貨業界はどうなっていくのか?を考察して見たました

仮想通貨の種類は1500を超えた?

仮想通貨の今後を考えるにあたってまずは仮想通貨についておさらいしてみます。

仮想通貨とはIT技術で作られた通貨のこと。その名の通り、一般的なお金として使うこともできますが、どちらかといえば投資目的で利用されることがほとんどでしょう。
日本でも利用できるケースとしては「ビックカメラ」や「メガネスーパー」などがビットコイン決済に対応しております。
ビットコイン決済機能自体は非常に簡単に取り入れることができるので、対応するお店は今後も増えて行くでしょう。(市場が凍りついているので、積極的に取り入れるかは不明ですが)

しかしながら、ビットコインを含む仮想通貨は現在1,500種類以上があります。
これらすべてが新しい貨幣として認められて行くとは考えづらいですよね、普通に考えたらこんなに色々な通貨がその価値を主張したら世界経済が混乱してしまいます。

なぜここまで多くの種類の通貨があるのかといえば、各通貨ごとに異なった特徴があるからなのですが、これらすべてを紹介することは不可能なので、今回は日本で取引できる知名度の高い仮想通貨を5つ紹介します。

ビットコイン

言わずもしれた、世界初の仮想通貨であり、最も知名度がある仮想通貨。
日本人の「ナカモトサトシ」がビットコインの理論を構築し、海外の学者がビットコインのシステムを完成させた。特徴としては、今までの通貨(円やドルなど)と比べ、非常に低コストで送金可能である上、セキュリティー面でも優れている。決済システムも簡単に導入できるため、ビットコイン決済できる店舗が拡大している。

イーサリアム

ビットコインの次に有名な仮想通貨。
スマートコントラクトという契約を記録することができる技術がある。具体的には「1年後にいくら払います」といった契約を記録し自動で実行。取引の自動化によってコスト削減にもつながると期待されている。

リップル

多数の銀行で導入予定の仮想通貨。
送金までにかかる時間が仮想通貨の中でも特に早いことが特徴。世界の銀行が開発を支援(出資)しており、日本では三井住友銀行などが開発支援をしている。Googleが出資した事でも有名。

ライトコイン

ビットコインの送金速度の遅さを改善するために開発された仮想通貨。
アトミックスワップという技術で持ち逃げされるリスクなしで取引が可能。異なる仮想通貨同士の取引も可能。

ネム

イーサリアム同様スマートコントラクト機能が搭載された仮想通貨。
日本では流出事件が起こった事で有名ですね。今後カタパルトという技術が実装される予定で注目を集めています。

世間の意見は?

仮想通貨の特徴をいくつか紹介しました。仮想通貨はそれぞれ異なった特徴を持っています。(多くの点では同じ特徴を持ちますが)
今後も価値が上がっていくなら保有してみたいと思った方も多いのではないでしょうか?

実際のところ、将来性を感じる仮想通貨が多いことは確かです。

しかし

  • そもそも、現状のシステムに必要な機能・特徴なのか?
  • 種類が多すぎるのではないか?

という疑問もあります

知名度の高いビットコイン、イーサリアム辺りは生き残ると思われますが、その他の仮想通貨は価値が下がっていくことが考えられますので、草コインと呼ばれるマイナー通貨の購入はやめておいた方がいいでしょうね。

個人的には人気の高い仮想通貨を保有していれば長期的にみるとプラスになる可能性が高いと思っています。
ただ、この辺りは本当に意見が分かれるところで、

  • 「2020年以降に仮想通貨が浸透してくるので、価値が上がってくる」という意見もいれば
  • 「仮想通貨はチューリップバブルと同じで終焉を迎える」という意見も
  • 「ビットコインが一般化したとしても、もっと安い金額、数万程度で落ち着く(ビットコインの最高値は240万程度)」

という意見もあります。

アメリカではビットコインETF(上場投資信託)の申請が行われていますので、申請が通れば機関投資家が参入し、再び仮想通貨相場が盛り上がると言われています。
そうなれば今後金融商品としての価値が高まってくる可能性は十分ありそうですね。20

 

今後の仮想通貨市場は、、、

仮想通貨市場が復活するとしたら主要通貨だけが復活する可能性が高く、草コインは草どころかゴミになって行くと思われる。

何れにせよ答え合わせは数年先だろう、、、