【失敗しない転職とは?】年収を上げる転職方法を転職エージェントに聞いて見たらまさかの答えに、、、

こんにちはタロウです。

突然ですが、年収ってどうやったら上がるんでしょう?

「仕事ができる人間になる!」っていう話はわかるんですが、なんか漠然としてるじゃないですか。そもそも「仕事ができる」ってどういう状態のこと?って話ですよ。

一番簡単に年収上げる方法は、給与の高い会社へ転職すること(下がることもあるだろうけど)だと思うので、今回は『転職経験4回のてっぺさん』と『職業紹介事業の方』を呼んで

ラリーマンが年収を上げる方法(転職以外も含め)と上手な転職方法について話し合ってみました。

登場人物紹介

転職経験4回 本業の年収800万
副業でも稼いでるすごいサラリーマン

ブログ:「ボクと投資と借金と。」| 多重債務者が借金完済し、セミリタイアを目指すブログ
Twitter(@teppesmn

職業紹介事業の方①
転職希望者との面談が多い

職業紹介事業の方②
転職先の会社とやり取りをしている人

インタビューしてる人
低収入・低身長・低学歴

 

年収ってどういう時に上がるの?

まあ今日はこうやって集まってもらったわけなんですけど、なんでサラリーマンでもない僕が自腹でこんな会議を開いたかというと、
Twitterでフリーランスの人たちってやたら収入マウンティングしてくるじゃないですか?
貯金だか月収だかわかりませんが、

多いですよね。最近。
ああいう人を見ていると、収入でしか自己肯定できない悲しい人なんだなって思いますね。

スッキリしました。
それに腹たってて、今回はサラリーマンのための『年収上げるには結局どうすればいいの?』っていうことをみなさんに聞きたいと思いまして。
それは転職という方法以外でもいいと思っていて、荒井さんはいろんな会社の人事とやり取りしてるだろうから、評価される人や、評価される働き方がよくわかると思うんですよ!

まあ、、、色々ありますよね。。。

いや、温度差!

普通に仕事頑張るしかないんじゃないですか?

はいダメ!エリートのシンプルな結論は全く響いてこない!
そもそもみんな”普通に仕事頑張ってる”わい!!
っていうか、「仕事頑張る!」っていうのが抽象的すぎて。具体的になにをすることなのかいまいちよくわからないんですよね。

タロウくんは仕事頑張ったことないもんね。

あるわ!(笑)

(笑)じゃあそれが答えなんじゃないの?

その頑張るって、必ずしも評価されないじゃん?
会社に評価されて給料が上がる方法ってなんなのかを知りたいんだよね。もちろん会社によって様々だとは思うんだけど。
どういうときに給与が上がるのかなって。

大体の会社だと半期に一回とか目標設定して、
その目標を達成できたかどうかっていうのを見て年収を上がるっていうのが普通ですよね。

その際に上がり幅が大きいのはもともとなんの役職もなかった人からの役職がついて8万とかですね。
すでに役職とかついちゃってる人は元々が高いんであんまり上がらないですね。

なるほど

年収が上がるときに考えられる方法は2つで
・現状のまま自分の評価を上げるのか
・その仕組みすらを変えていくのか
ってことですね。

どう言うことですか?

評価指標っていうのがそもそも適切な評価なのかがわからないんですよ。
タロウさんがおっしゃったように営業以外は数値化できない。
じゃあ数値化できるシステムを作っちゃえばいいんじゃないですか?ってことなんです。

そんなことできるんですか?

もちろん簡単ではないですけど、できれば二重評価ですよね
「そもそもそういうものを作ったっていうこと」と「新しい評価軸で自分が評価されるっていうこと」

なるほど

例えばなんですけど、笑顔認証っていうのがあって、笑顔にならないと出勤できないっていうシステムがあるんですよね。

「笑顔度」は数値で表示され、値が低いと「笑顔度が規定値より不足しています」との表示が出て、出勤の登録ができず、再びカメラの前でしっかり笑顔を作ることが求められるというもの。

定時までにシステムの求める笑顔を作ることができなければ、出勤できないまま遅刻扱いにされることになるそうです。

「笑顔でないと出勤できない」顔認証の出退勤管理システムが大きな話題に

だっっっる!!むっちゃだるいですねそれ!!

でもそういうことなんですよ。
今まで数値化できなかったものを数値化するっていうことです。何に着目して、導入前後でどれくらい会社が変わるかっていう。

すごいシステムでようわからんことやってる感がすごいなぁ、、、
転職するのと、社内評価を上げるっていうのはどっちが楽だと思いますか?

両方やるのがいいと思いますよ。
例えば「今まで5人かかっていた業務をたった2人でできるようにした」みたいな結果を出すと高評価もらえるわけですよ。それで一つの会社でどんと給料を上げて、給与テーブルがさらに高いところに転職してさらに給料あげてっていうのが僕の年収のあげかたですね。

 

サラリーマンが給料を上げるコツ

何かが評価された時に給料が上がる。評価されない限り給料は上がらない。

 

会社を変えると評価軸が大きく変わる

転職と社内で評価を上げるっていうのは用途が違うんですよね。
会社っていうのは国なんですよ。

国?風土が違うってことでしょうか?

そうです。日本なのか?アメリカなのか?
同じことができたとしてもその評価が全然違うんですよ。環境を変えると評価軸が変わるので、年収250万と年収350万の人がいるがやってる仕事は全く一緒で会社が異なるだけ、という状況が有り得ます。

仕事は年収だけじゃないからね。転職で得るべきなのは新しい環境を手にいれるっていうことだったりする。今回でいうと「評価される環境」ってことだね。

あ〜わかりやすい。「自分が適正に評価される会社を探す」っていうことだね!
ちなみにてっぺさんは年収ありきで転職してるんですか?

いや、年収ありきってわけではないですね、
むしろ転職で年収はあげないですね。

え?そうなんですか?

今までの年収を維持して、頑張れば「うちの給与テーブルだったらもっと伸びしろあり」って言われるんです。
基本的に転職しただけでは年収上がらないですよ。

ええ!そうなの?
転職成功すれば年収アップだと思ってた、人生ゲームも転職で年収上がるし。

ジョブチェンジで思いっきり仕事を変えれば年収が変わることもあるけど、
転職先の会社に「昔の給与いくらでした?」って聞かれるので、転職しても年収は大体同じぐらいになるんだよ。そこからの年収の上げ幅は、以前の会社より大きいね。
例えば、Aっていう会社があって社員の年収が400~600万の場合、年収600万になると、そこから上に上がるのは難しいけど、Bって会社が600~1000万円ならまだ伸び代はあるよねってことだね。

なるほど、
まあ平均給与が高い会社とか行けば年収が上がりそうな感じするもんね。

ちなみに、新卒でエンジニアになった人は転職する場合ほぼ上がりますね。

なんでですか?

やっぱり新卒ってもらってないんですよ。
だから転職したら100万円とか150万円上がりますね。

エンジニアは

転々としたメリットが大きいし、それが許されてる職業ですね。

どれくらい自分の職歴でスキルシートを充実させられるかっていうのが重要なんですよね。

今はエンジニアのニーズめっちゃ高いのもあるね。

なるほどね〜

 

サラリーマンが給料を上げるコツ

会社を変えれば評価軸が大きく変わる。評価される環境に行くのもあり。
エンジニアは転職回数の許容範囲が大きい。

とりあえず3年働いてみろは正しいのか?

広告で「『とりあえず3年』の3年がたった」って言う転職サイトの広告バナーを良く見るんですけど、3年って言う数字に意味があるんですか?

なんで3年なんですか〜って言われるとたぶん理由はないんだけど、人事が転職活動している人を見るときに、「3年同じ会社に働いているか?」を見るって言うのがあるんだよね。

3年って言うのは、エンジニアでもやっぱりそれくらい働いていたほうがいいんですかね。

そうですね。その辺りは人事のイメージなんですけど、やっぱりそれ以下で転々としてる人はイメージ良くないと思います。

なるほどなるほど、でも3年でも短く感じますけどね。
10年前20年前って終身雇用が当たり前の時代だったじゃないですか?
その時代に転職するのって一生を添い遂げる伴侶を裏切って再婚するみたいなイメージだったと思うんですよね。

まあそうかもしれませんね。

今でこそ転職が許される時代になってきたとは思うんですけど、とは言え、とは言えですよ?
てっぺさん転職やりすぎじゃない?って思うんですよね。

だって、これまで4回も転職してるから人事的には「こいつとっても転職しちゃうかも、、、」って思うじゃないですか。
「転職しないでね」とか言われないんですか?

僕が想像するてっぺさんの転職時面接でのイメージ

んー
あんまり言われないですね。

それは言いづらいだけじゃなくて?

たぶん、3年ぐらい会社にいてくれれば、経営上の問題でペイできちゃうんですよ。
これがフリーだったらもっと飛ぶ可能性が多いんですが、てっぺさんの経歴を見ると3年以上はいますよね。

そうですねそれくらいは一つの会社にいます。

てっぺさんの場合3年はいてくれれば会社にとってプラスになる人材ということですね。
逆にそれ以降は辞めちゃっても問題ないぐらいで考えていると思います。

どれくらいいれば会社にとってメリットはあるんですか?

それは一概には言えないよね
営業だったら一瞬で売り上げ立ててくれる人もいるし。

長く働けばすむって言う職種じゃない場合もありますね。
事務とか働いてもらったら会社が潤うとかそう言うことではないので、かなり長く働いてもらわないときついですね。

あ、全然関係ないんですけど、キャバクラに行ったときに女の子が「今度、昼職で事務やるんだ〜」って話をされて「ああそうなんだね〜」って返したら「キャバクラであった人の会社で働くんだ〜」って言ってたんですよ。
いやそれめっちゃ働きにくくない!?って。

たぶんそこまで深く考えてないよ。採用試験とかもないしすぐ入れるから楽でいいみたいな感じだよ。
働きやすい働きにくいって考えじゃなくて、「あ、昼職戻れるんだラッキー」みたいな感じだと思うよ。

キャバだからまだ接客スキルが身についてていいって言うのはありますよ。
これがもっと深い職業だとちょっと、、、って言うのはありますね。
ちなみに会社によってはキャバクラで働いていた子のニーズが高い業種もありますよ。

え!?そうなんですか?元キャバ嬢のニーズが高いのってどんな職業ですか?

営業です。
キャバクラで働いていた人は数字意識が高いので、営業に強い人が多いんですよ。

あ〜〜なるほど

めっちゃ売り上げ上げる人も多いですよ。

カメラマン:そういえば僕が昔行ったキャバクラでもついてくれた子が「昼職でリクルートの営業やってる」って行ってました。
意外とリクルートの営業にもキャバクラの子が多いのかも

 

それはリクルートとの打ち合わせが楽しくなりますね。

多いのは、キャバから看護。看護からキャバって子だね。
気遣いができるからね。

あとは看護のフリーランスが流行ってますね。
看護で夜勤入って一気に稼いでそのお金で海外で遊ぶ〜みたいな。

看護師ってそう言う契約可能なんですね。

最近は多いですね。
あとは資格を持ってるかもってないかですけど。

 

サラリーマンが給料を上げるコツ

優秀な人は転職を繰り返しても問題なし!

あと、キャバ嬢はコミット力に強い。

 

転職で失敗しない方法・いい転職会社の選び方は?

転職で失敗した人って多いと思うし、ぶっちゃけ儲かる業界だから、エージェントさんって多いと思うんですよ。

そうだね。いろんな会社があるよね。

でもエージェント1人につき、転職希望者何十人とかいるわけじゃないですか、そこまで親身になってくれるのかなーって。
エージェントにとってはお客さんの1人かもしれないけど、俺にとっては大切な俺の人生な訳ですよ。適当な会社を紹介されたら一生恨みますよ、そのエージェント。

僕はエージェントさんの選び方が一番大事と思いますね。
大きめのエージェントさんだと20社とか出して来てくれるんですけど、そうじゃなくて、自分にどんな会社があっているのか”人生相談”したいんですよね。人生相談に乗ってくれるエージェントさんだと嬉しいですね。

うーん、、、

どうしました?

(人生相談に乗るエージェントって)完全に自分すね。

自分で言うの笑う。ちなみに御社の強みを聞いてもいいですか?

言い方悪いですけど、、、
うちは厳しい人も拾ってますね。大手だと「あなた無理だよ」って言っちゃいそうな人も拾ってますね。
でも背中押さないとこの人ここで人生終わっちゃうんじゃないかなって思うんですよ。

ハハハハハ!!!

いやほんとほんとほんと
その人のためのことを本当に考えて仕事を提案するしね。50歳で転職回数8回目とかでも転職希望の人はなんとかするもん。

御社では随分ハードモードな人材を扱ってますね
そう言った方でも転職できるんですか?

できますけど、無理に転職を勧めたりはしませんね。
僕の考え方なんですけど、別に転職してもらわなくてもいいんですよ。面談に来てもらって、転職しなかったとしても「ああよかったな」って思って帰ってもらえたら、困った時「またあの人に話聞いてほしいな」って思ってもらえるじゃないですか。その方がお互いにとってベストかなと思いますね。

時間でわりだしたら、全然儲からない時もあるよ。
でもそこまでやれば口コミで友達紹介してもらえるようなるしね。

結局、ウェブで見つかるのって、『集客』してる会社なわけですよ。
いかに応募を多くして、用意する会社の数増やしてってやってるんですけど、それで本質的なところでマッチするわけがないんですよ。エージェントというのは親身になってくれるのが大切なんです。
だから、、、会社でここなら大丈夫っていう転職エージェントの会社はないと思います。

なるほど
結局人なんですね。

ちなみに僕エンジニアなんですけど、
エンジニアって転職を頻繁にしているので、エンジニアで集まって飲んだりすると「あそこのエージェントよかったよ」みたいな話ししたりしますよ。

へ〜
ちなみにどこがよかったとかありますか?

結構確信に迫りますね(笑)

先に悪かったところをいうと、、、〇〇〇〇〇〇は良くなかったですね。
紹介の仕方がとりあえず数だして選ばせるっていう感じなので、あんまり僕には向いてないかなって思いましたね。

本当はしっかりマッチングさせたほうがいいんですけど、会社的にはそんなのどうでもいいんですよ。
とりあえず数だして、どこが内定もらえるかだして、とりあえず転職させてってやるんです。

そういうの(人っていうことを理解してないから)許せないよね。

転職希望者が面接通っても「辞退します〜」っていうのはよくあることなんですよ。でもそれは当然で、やっぱり転職者からすれば自分の人生なんで。

会社というよりは転職エージェント次第だと思うなぁ。

じゃあどうすればいいんですか?
エージェントが大事っていうのはわかったんですけど
エージェントが来てもそのエージェントが優れてるとか判断できないっすよね?

ん〜
転職エージェントに数当たるのはいいと思いますよ。
エージェント的にはやりづらいですけどね(笑)

 

サラリーマンが給料を上げるコツ

良い転職会社は無い。良い転職エージェントは居る。
ある程度割り切って複数社付き合うのもありかも、、、

 

自分にあった転職先を探す方法

自分の希望にマッチングした会社を見つける方法はありますか?

自分のPRが下手な人が多いので、ポートフォリオを作らせます。
エンジニアでもプログラマーでも何ができるかを教えないと伝わらないんで、その人の範疇でしか捉えられないんで、
企業に提出するものは具体的にさせますね。
いちばんの問題は互いが互いを知り合えないことにあるんですよ。

なんか恋愛みたいになって来たな。

例えばミートボウルという会社をご存知ですか?
この会社はそのギャップを埋めようと頑張ってますね。例えば麻雀好きな人事と麻雀好きな転職者がいれば麻雀しながら話そうっていう面接をやっていたりします。

ミートボウルさんが開催しているユニークな採用企画の一部

要は完全に素になろうっていうのが目的なんだよね。

それでいうと人間性がわかったところで能力がなかったらダメなわけじゃないですか?
人間性と能力ってどっちが大切だと思いますか?

その会社がどっちを求めるかですよね
マネジメントしてほしいとかであれば人間性選ぶだろうし。

タイミングなんだよね。

だから恋愛と一緒なんですよね。

 

サラリーマンが給料を上げるコツ

転職は恋愛と一緒。「付き合ってみたら意外と違う。。。」ということもある。
自分を知ってもらうために職歴以外にも、どんなことをやってきたのか?どんなことができるのか?をできるだけ細かく書く。
当たり前のことでも人事に伝わっていない可能性もある。

 

どうやったらサラリーマンは年収をあげられるのか?

最後に本筋に戻したいんですけど、どうやったら年収上がると思いますか?

あの、ずっと言いたかったんですけど
年収はあげすぎないほうがいいと思います。

ええええええ〜〜〜!!!
ヤダヤダあげたい!!

よく700万ぐらいから幸福度上がらないって聞きますけど
あれってほんとだなって思ってて、それ以上になると求められる責任とかが大きくなりすぎてそのプレッシャーとかストレスが年収の上昇に比例しなくなってくるので、もうこれ以上年収上がらなくていいですね。

死ぬまでに言ってみたい言葉第38位「もうこれ以上収入上がらなくていい」

カメラマン:僕もそう思います。
僕26で600万ぐらいもらってましたけど案件がずっと燃えててどうしようもないみたいなところにぶち込まれてほんと辛かったですもん。

へ〜〜 

って、違うんだよ!!俺は年収を上げるっていうところで話をしたいんだよ!!!
どうやったら社内での評価や給料上がるよっていう話をしたかったんですよ。
年収700万円は充分高給取りだと思うから、そこまで上げる方法を知りたいです!

自分の評価が上がりやすい環境を作るってことが大切です。
さっきも言いましたけど、違う会社行ったら100万円ぐらい報酬が変わるってことも全然あるんです。だからそういうことのために社内営業が大切になってくるんですよ。

あ、社内営業といえば、タバコを吸うと年収上がりますよ。

えええ!?どういうこと?

普通部長とかだと気軽に会えないんですけど、喫煙所に行けば上の方と話す機会ができるんですよね。

なるほど

そのためだけにタバコ吸うとかタバコ辞められないって人もいますよ。

起業家さんでもそういう人いますね。

まとめると、年収を上げるにはタバコ吸うか転職かってことですね。

ま、まあそうですね。。。

いや、なんちゅうまとめや。

 

サラリーマンが給料を上げるコツ

”タバコを吸う””良い転職をする”

 

おもてた結果と違いすぎて戸惑う僕

まとめ 転職は親身になれるエージェントを探そう

今回はさすがに記事には書かなかったですが、超大手の転職会社の悪い噂も多く出て来ました。大手だから任せても安心という考えはやめた方が良さそうですね。

本来はこの記事内で転職のアフィリエイトしようと思っていたのですが、加瀬さんも荒井さんも、終始「転職しても年収が上がるとは限らない」というスタンスだったので、今回の記事でのアフィリエイトは断念しました。
元々がサラリーマンのためになる記事を書きたいという想いだったので、これはこれでよかったなと思っています。

ですが、だからこそ加瀬さん荒井さんが信用できる良いエージェントさんなんだなというのが伝わって来ました。もし仕事に悩んでいるという方は、転職経験のある先輩に相談するか、「株式会社NEWGATE」の加瀬さん・荒井さんを指名して相談して見てください。

逆に

  • 転職する気は無いけど年収をあげたい
  • まだ社内で上のポジションを目指せる
  • 今の会社に入社して3年未満

という方は、まず上司とのコミニケーションを増やすことをお勧めします。

というわけでまた!

 

※本文で出て来た『タバコを吸え』というのは、上司とのコミニケーションを円滑にしましょうということの極端な意見なので、実践するかどうかはご自身の判断でお願いします。

カメラマン:
はたけの@編集者/ライター(@hatakenoweb
ブログはたけのうぇぶ

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter(@syuty)・Facebookから友達申請よろ!