【レビュー】世界最小最軽量モバイルバッテリーAnker PowerCore 10000買ってみた感想

こんにちはタロウです!

『やばい!スマホの充電がない!』という体験をしたこと、ありますよね?僕はほぼ毎日

最近のスマホはバッテリーが大容量になってきたとはいえ、慌てて家を飛び出したら電池がスマホの残量がやばい!という経験は数え切れないほどあります。
まあ、充電が満タンに近くても外出先でYoutubeを見たりツイッターを見たりしたら1日持ちませんしね

しかし!現代社会でスマホの電源がなくなったら、待ち合わせ場所に向かうことも、人と会うこともできません。

バッテリー残量=残ライフです。

そんな危機を救ってくれるのが『モバイルバッテリー!!』な訳なんですが、ずっと使っていたモバイルバッテリーが

今まで使っていたモバイルバッテリー

なんか膨張して差込口が浮いてきた、、、

怖いので使わないようにしていたんですが、この際モバイルバッテリーに変えてみようということで買ってみました。

Anker PowerCore 10000

最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー『Anker PowerCore 10000』

内容物はこんな感じ。

このレビューを書き始めるまで気がつきませんでしたが、2018年11月時点では世界最小だそうです。

スペック・サイズ紹介

バッテリー容量:10,000mAh
サイズ:6cm x 9.2cm x 2.2 cm
重さ:180g(卵三つ分!)

充電可能回数
  • iPhone XS:2.6回
  • Galaxy S9:2.3回
  • iPad Pro:1回

 

公式は最小最軽量ということに自信があるようで


公式のイメージ画像とか空飛んじゃってる

『それじゃあ他のモバイルバッテリーと比べてみよう!』ということで、家にある10,000mAhのモバイルバッテリーと比較してみました。

左からPowerAdd・Cheero・今回買ったAnker。内容量は全て10,000mAhになります。
確かにPowerAddと比べると小さいのはわかるんですが、Cheeroとはあまり差がないようにも感じますね、、、
(実際に見ればちょーーーっと小さいのはわかるんですけどね)

それぞれの重さを測ってみると

重さでは10gほど軽くなっているのがわかりますね。
10グラム、、、なるほど

ポート部分(出力ポート)

ポートは、

  • USB出力ポートが1つ(スマホなどの充電に使う方)
  • Micro USB入力ポートが1つ(本体に充電する方)

となっています。

真ん中に書かれている『IQ』というのは、外部デバイスの充電時に「そのデバイスがどんな端末かを確認し、最適な電圧で充電をする』というものだそうです。
Ankerすげえ!

Anker PowerCore 10000の『ココ』が惜しい!

最後にこのバッテリーのちょっと惜しいところも紹介しておこうと思います。
まず、以前持っていた僕のバッテリーをみてください。

そう、充電ポートが2つついているんですよ!!

それに対して、今回買ったAnkerのモバイルバッテリーは充電ポートが1つ!
うーん、まあほとんどのケースで1端末さえ充電できれば問題ないのですが、稀に2個いっぺんに充電したい時があるのでそうなる前に1つづつ充電することが必要になってきますね。

おそらく最軽量を追い求めた代償なのでしょう。

まとめ とりあえずコレ持っとけ的なモバイルバッテリー

モバイルバッテリーってどれ選べば良いかわからないじゃないですか?
小さかったり、莫大な容量があったり、無駄な機能がついてたり(昔はライトがついてるモバイルバッテリーが多かったんですよ〜伝わるかな)、Ankerの中でさえいろんな種類のモバイルバッテリーがありますからね。

でもこの『Anker PowerCore 10000』は、無難なモバイルバッテリー(言い方があんまり良くないけど褒めてるw)
サイズが小さくなったけど、機能はそのままハイスペック。

まとめると、、、
【とりあえずコレ持っとけ的なモバイルバッテリー】かと思います。

買って後悔はしないので悩んでいる人は購入すべし!