アフィリエイトの始め方

アフィリエイトを始めたいと思っていても

  • どうしてお金が発生するの?
  • どうやったら稼げるの?
  • 何から始めればいいの?
  • 怪しい、詐欺なんじゃないの?

と言う疑問をお持ちの方は多いと思います。

今回は「アフィリエイトはどんな仕組みなのか?」から「具体的な作業方法」まで網羅的にご紹介させていただきます。

アフィリエイトとは?

アフィリエイトとは、企業の販売する商品やサービスを自分が代理で紹介し、購入された場合に報酬をもらえるというビジネスです。

アフィリエイトで報酬が発生する仕組みは、あなた自身が運営しているサイトに特定の商品やサービスを紹介し、それを見た人が購入に結びつく広告をクリックして購入に至ると、あなたに報酬が入るという仕組みです。

いわば、商品などを販売している企業と購入者の「仲介業」のような存在で、アフィリエイトを行う人を「アフィリエイター」と言います。

アフィリエイトは怪しい!でも本当は安全です

アフィリエイトと言うと一部の人は、

「なんだか怪しい」
「騙されているからやめておいた方がいい」

と言う方が多くいらっしゃいますがそんなことは全くありません。

アフィリエイトと言うシステムは、Google、Yahoo、楽天、Amazon、などなど、、、
あげればきりがないですが、多くの大企業がアフィリエイトというビジネスモデルを展開もしくは利用しています。

実際にASPに登録していただければ、広告主一覧を見ることができますが、上場企業をはじめとした多くの会社がアフィリエイト広告を出稿しています。

こういった点からも”アフィリエイト”というビジネス自体は安全なものだとわかります。

ではなぜ怪しいイメージがあるのか?

2014〜2015年ぐらいに「ネオヒルズ族」という方がテレビで特集されました。

数千万する車に乗っていたり、月100万以上する家に住んでいたりというバブリーな暮らしっぷりがテレビ受けしたのか頻繁にテレビに登場していた彼らですが、

彼らの稼ぎ方の方法が【「アフィリエイトで稼ぐ方法」を売る】というものでした。

もちろん、テレビに登場していたネオヒルズの人だけではなく、このような稼ぎ方をする方は多く中には、100万円でPDF(テキスト)や1〜2時間の動画を送るだけというものもあり、

それが大きな問題になりました。

(個人的には、ネオヒルズ族の与沢さんと土屋ひろしさんはしっかり運営されているように感じましたが、それ以外はかなりの割合でクソでした。某久積さんは凄まじい逸話が多いです。)

ただし、サポートがしっかりしている塾のようなものもありますし、僕自身はアフィリエイトの塾に入って勉強をして学びました。

もし、アフィリエイトの教材やアフィリエイトのサポートを受けようと思っているのであれば、優良なサービスはなかなか存在しないので慎重に選んだ方が良いです。

ひとつ言えるのは「絶対・確実」「稼げる・稼がせる」を歌っているのは99%詐欺だと思ってください。

 

ちなみに、これらのサービスが良かったとしても他力本願な方は100%稼げません。
これは100%です。

アフィリエイトに必要なスキルは?

よく「パソコンを普段全く触らないのですが私にもできますか?」という質問をいただくのですが、基本的にアフィリエイトを始めるにあたって必要なスキルは必要ありません。

ですが、パソコンを使ったビジネスですので、タイピングが遅すぎたり(人差し指しか使えないとか)、ネットでの検索の仕方がわからなかったりというレベルでは作業が進まないというのは確かです。

また、アフィリエイトを始めるにあって特別必要なものもありません。

極論ネットに繋がったパソコンさえあればいいわけで、それがアフィリエイトの最大のメリットと言えます。
しかし、「あった方が良い」というものはあります。

アフィリエイトする前用意しておきたいもの

先ほど述べたアフィリエイトをするならあった方が良いものは以下の4つです。

  1. 10年以内に購入した「Windowsパソコン」
  2. これからいろいろな所に登録をする際に必要な「メールアドレス」
  3. アフィリエイト報酬を入金してもらうための「銀行口座」
  4. アフィリエイトサイトを作るために必要な「レンタルサーバーやドメイン」

以上の4つに関しては”必ずしも必要ではない”のですが、0から始めるのであれば必要となることがほとんどですので自分で「私は初心者だ」と思うのであれば始める前にこれらを用意したほうが良いでしょう。

メールアドレスや銀行口座はほとんどの人がすでに持っているとは思いますが、アフィリエイトを始めるにあたり、今使っているものではなくアフィリエイト専用メールアドレスや銀行口座を作るのがオススメです。

一つづつ、詳しく説明していきます。

1.Windowsのパソコン

パソコンはアフィリエイトサイトを作るのに必要です。高いスペックは必要ないですが、OSの種類がMacだとツールが使えないことがあるので、Windowsがオススメです。

例えば弊社で利用しているGRCチェックツールはwindowsでしか利用することができません。

キーワードの順位をチェックするならGRCがおすすめ!

2016.10.03

正確には、”macに仮想Windowsを入れるという方法”でWindowsの環境を再現することができるそうなのですが、僕はよくわからないのでやめてしまいました。

そのため弊社では、、、

grc_win

GRC専用PCを買ったほどです。

ちなみに、パソコンのタイプはノートパソコン・デスクトップのどちらでも問題なく作業が行えます。
ですが、気分転換に外で仕事をしたりできるのでノートパソコンをお勧めします。

2.アフィリエイト専用のメールアドレス

アフィリエイトを始めると、とにかく大量のメールが送られてきます。送られてくるメールは大まかに以下の3種類に分けられます。

1)ASPからのメール

登録確認メールだけでなく

  • 「キャンペーンでアフィリエイト報酬が高い案件があります」
  • 「現在契約中のアフィリエイト案件が終了します」

などの情報メールが配信されます。

その数は登録するASPの数や会社によってまちまちですが、一日に数十通くることもあります。契約している広告が多ければ多いほど多くのメールが届きます。

実際には全てのメールを確認する必要はないのですが、売り上げが上がるにつれ”特別単価”の連絡が来ることがあります。特別単価とは、売上が高いユーザーに特別に設定される報酬単価で、

一件売って通常1000円だった報酬が3000円になる

メールボックスの振り分け設定で他の重要なメールが埋もれないようにしたほうが良いでしょう。

2)ツール販売者からのメール

大抵のユーザーはアフィリエイトに便利なテンプレートやツールを購入します。
その場合は、販売者からの連絡事項やバージョンアップなどのお知らせが届きます。

こちらもASPからのメール同様、全て確認の必要はありませんが一部重要な情報もありますので、メールボックスの振り分け設定をお勧めします。

3)ユーザーからのメール

アフィリエイトが順調に進んでいくとあなたのサイトを見たユーザーさんから問い合わせのメールが届くこともあります。

商品を作っているわけではないので、必ずしも対応する必要はありませんが、対応頻度を上げることによって見込客が購入してくれる可能性も高まりますので、なるべく目を通すようにしたほうが良いでしょう。

4)広告主からのメール

最も大切なメールがこの広告主からのメールです。
と言っても、この広告主からのメールはアフィリエイトは関係ありません。

どういうことか詳しく説明します。

特定のジャンルで多くのアクセスを集められるような人気サイトになったり、競合が多いキーワードで上位表示されるようになると、広告主の方から「月額〇〇万円でここのHPに広告を設置させてくれないか?」「10万円で紹介記事を書いてくれないか?」というお問い合わせが届くことがあります。

こういった広告のことを”純広告”とか”記事広告”と言います。

それまでは「一件売って数千円」という売上だったのが、「広告を設置するだけで、(商品が売れなくても)月数十万円」ですから大きく売上が増えるのはご理解いただけると思います。

なぜ広告主がこのように予算をかけてまで、アフィリエイターに直接交渉してくるのでしょうか?

広告主から考えてみれば、現在自社の商品を取り扱ってもらっていても、何かのきっかけで紹介される商品を切り替えられてしまって他社の商品を売られるぐらいであれば、月の固定費を払ってでも自社の商品を取り扱って欲しいのです。

逆に、現在他社商品を取り扱われているのであれば、なおさら大きな予算をかけてでも自社商品を取り扱ってもらおうとします。

ですので、このメールは決して見逃さないようにしましょう。

以上の4つの理由から、普段使っているメールアドレスとは別にアフィリエイト専用のメールアドレスを持つことをお勧めします。

フリーメールアドレスとは、完全に無料で使用できるメールアドレスのことですが無名の会社より大手の「ヤフーメール」や「Gmail」のほうがオススメです。

ヤフーメールかGmailのどちらが良いとは言えませんが、Gmailのほうは不達メールが少ないと言われています。どちらもパソコンだけでなく携帯、スマホからいつでもメールを確認することができます。

フリーメールアドレスの取得方法は、ここでは触れませんがこちらから登録することが出てきます。

gmail開設

ヤフーメール開設

ただし、ヤフーメールもGメールも取得する際に”現在持っているメールアドレス”を記載する項目がありますので、そこは携帯電話・スマホのメールアドレスやプロバイダのメールアドレス・既存のメールアドレスなどを使うと良いでしょう。

フリーメールアドレス取得時に記載した現在のメールアドレスには、登録確認や重要な連絡メールが届いたり、パスワードを忘れたりしたときなどにも使うので、長期に渡り使用できるメールアドレスを使用してください。

また、アフィリエイトで使わない方が良いのはインターネット接続時にプロバイダからもらったメールアドレスです。今後お得なプロバイダに乗り換えることもあると思いますが、その際にすべての登録先にメールアドレスの変更手続きを行う必要があります。

その労力を考えるとやはりフリーメールアドレスがオススメです

フリーメールアドレスは1つ取得すれば大丈夫です。銀行口座の登録もフリーメールアドレスで登録できます。

3.ネットバンキングができる銀行口座

アフィリエイトを行うにあたり、ネットバンキングができる銀行口座を事前準備しましょう。

ネットバンキングとは、銀行との取引をインターネット上で行うことができるサービスで、その銀行口座をネットバンク口座と言います。窓口やATMに出向かなくてもパソコンなどで残高照会・入出金照会・振込みを行えるのでとても便利です。

ネットバンキングのメリット

基本的に、ASPに登録する際に銀行口座も併せて登録します。ASPから報酬が振り込まれる口座は、一般的な都市銀行や地方銀行、信用金庫、ゆうちょ銀行などでもまったく問題はありません。

アフィリエイトをビジネスとして捉えた場合、ネットバンキングが可能な銀行口座を事前準備するメリットがいくつかあります。

アフィリエイト報酬の入金確認が24時間行える

ASPなどから報酬振込が行われた際に、たとえ何時であっても入金確認できるのは精神的にも肉体的にもラクですし、時間を効率良く使うことができます。

ネットバンキングなので、パソコンだけでなくスマートフォンからも操作が可能です。将来的に商材を購入する、または自分が販売する立場になった際、入金や確認をスピーディーに行うことができます。

振込手数料も窓口より安いことが多く、同じネットバンク同士なら無料の銀行がほとんどです。

生活とは別にネットバンクに銀行口座を作ることで金銭管理が一元化できる

アフィリエイトはれっきとしたビジネスですので、所得が20万円を超えれば確定申告が必要です。申告時の手間を考えると収支が明確にわかるよう、アフィリエイト専用のネットバンク口座を準備しておきましょう。

ネットバンキングができる銀行口座を持っていることは、アフィリエイトの効率化や手間という面から見てもメリットが大きいのです。

オススメのネットバンクは?

ネットバンキングを取り入れている銀行は、大きく2つに分かれます。

1つは、都市銀行や地方銀行・ゆうちょ銀行など、店舗を持っている銀行が運営するものです。例えば、みずほ銀行の「みずほダイレクト」や三菱東京UFJ銀行の「三菱東京UFJダイレクト」など。

もう1つは、リアル店舗がなくインターネット上ですべての取引を行うインターネット専業銀行です。有名なネットバンクとして、「楽天銀行」と「ジャパンネット銀行」があります。

珍しいところでは、2008年に設立された「じぶん銀行」というものもあります。KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資して作られた、実店舗を持たないインターネット銀行です。

アフィリエイトの銀行口座として使うなら、新参の珍しい銀行よりも一般的に普及していて利用者が多い、楽天銀行かジャパンネット銀行がオススメです。

4.レンタルサーバーとドメイン

アフィリエイトで稼ぎ続けるためには、有料のレンタルサーバーや独自ドメインを事前準備する必要があります。無料ブログだけを利用し続けるのは危険です。

無料のものは何の指摘もなく突然アカウント停止になり使用できなくなったり、作成してきたサイト内容(データ)が消えたりする可能性があり、すべてが水の泡になることがあるからです。

【レンタルサーバー】【ドメイン】とは

レンタルサーバーやドメインはホームページを作る際に必要なものですが、

これらの利用方法は「自分の土地を買って家を建てる」といったイメージに似ています。

  • レンタルサーバー=土地
  • ドメイン=住所
  • ホームページ=家

と考えてください。

ですので、ホームページを作る際に、「レンタルサーバーだけ使う」「ドメインだけ使う」と単体で使うことはなく、レンタルサーバーの中にサイトのデータを作り、自分が選んだドメイン(URL)にそのデータを反映させながらサイトを構築していきます。

レンタルサーバーとドメインは同じ会社で借りることもできますし、それぞれ別の会社で借りることもできます。

ちなみに、ドメインとは具体的にはURLを指し、当ブログで言う[tsuchiyashutaro.com]がドメインと呼ばれるものです。これは他の方が所有していないものであれば自由に選ぶことができます。

ですので、例えば[yahoo.co.jp][youtube.com]などは、すでに他の会社が使用しているため取得することができません。
有名な単語などはほとんどが取得済みだと思ってください。

アフィリエイトの売上を決める方程式

アフィリエイトに限らず、ビジネスでは以下のような簡単な方程式があります。

アクセス×コンバージョン×(売値-原価)=利益

基本的に利益を上げるためにはこの3要素である、アクセス・コンバージョン・売値-原価 のいずれか、もしくは全体的に数字を改善していけばいいわけです。

これは全てのビジネスに当てはまる単純な方程式なのですが、アフィリエイトでは1点だけいじることができない要素があります。

それが商品の販売価格と利益率です。

「この商品を特別に50%オフで!」とか「よし! 利益率を10%改善しよう!!」といったことはこちらで

 

初心者でも始められるアフィリエイトの種類

アフィリエイト

成果報酬型

クリック型

 

広告には、大きく分けて以下の2つのタイプがあります。

  • 写真や絵柄などの「バナーリンク」
  • 文字とURLが合体した「テキストリンク」

これらを「アフィリエイト広告」とか「アフィリエイトリンク」「広告バナー」「広告リンク」と呼ぶこともあります。

報酬発生の際に関わってくるのが、商品やサービスを提供する『広告主』『アフィリエイター』『ユーザー(購入者)』『ASP(※1)』です。

(※1)ASP(エーエスピー)とは、アフィリエイトサービスプロバイダー(Affiliate Service Provider)と呼ばれ、参加企業を取りまとめている総代理店のような企業のことで、企業とアフィリエイターをつなぐ存在です。

このASPを利用してアフィリエイトを行う場合、アフィリエイターに報酬を振り込むのは広告主ではなくASP会社から振り込まれます。

アフィリエイトで物が売れてから報酬発生までの大まかな流れ

アフィリエイトでどのように報酬が入るのか、もう一度詳しい流れを確認してみましょう。

  1. アフィリエイトサイトやブログに、バナーやリンクURLを掲載
  2. ユーザーが広告を経由して商品やサービスを購入
  3. 広告主よりユーザーに商品の発送やサービスが提供される(ユーザーは企業に代金を支払う)
  4. アフィリエイター側に売上発生
  5. ASPよりアフィリエイター側に報酬を振り込み

アフィリエイターが広告バナーやテキストリンクなどを活用するのは、ブログやサイトのほかメールの場合もあります。

アフィリエイトにはどんなジャンルがあるの?

アフィリエイトのジャンルは様々で、私たちが普段利用しているものなら何でも!と言って良いほど幅広くあります。

ASPに登録している企業は、美容・健康関連会社を始めとして車、インターネットプロバイダー、求人、金融など、大企業から中小企業、個人経営まで様々です。

以下にアフィリエイトのジャンル一例をピックアップしてみましたので、まずはどんなジャンルがあるのか、特徴も併せて確認してみてください。

美容関係

女性、男性向けの化粧品やダイエット系サプリメント、美容グッズなどの商品があります。

健康関係

健康食品や体の悩みに特化したサプリメント、子供向けサプリメント、健康グッズなどの商品があります。

車関係

新車・中古車販売、買い取り企業によるWEB見積りや無料査定、個人売買の仲介などがあります。

介護・福祉関係

介護・医療・福祉の資格講座の受講や資料請求、ケアマネージャーなどの求人サイトへの会員登録、介護福祉施設の集客サイトへの無料登録といったユニークなものもあります。

インターネットサービス系

個人向け・法人向けプロバイダ新規開通やWi-Fi機器レンタルサービス、スマホ販売などがあります。

求人・転職系

求人・転職・アルバイト求人サイトへの無料会員登録、マスコミへの転職や看護師、保育士と職種を絞った求人サイトへの無料会員登録などがあります。

資料請求系

不動産、習い事、資格、葬儀社、お墓など、様々な企業の資料請求や新規問い合わせなどがあります。

金融系

FX新規口座開設、生命保険などの見直し、商品券などの販売、株式投資の顧問サービスなどがあります。

他にも、食品関係や旅行関係、ファッション関係など通販で購入できるものから、出会い系や結婚相談、アダルト系まで幅広いジャンルを網羅しています。

アフィリエイト対象になるものは、商品購入やサービスの利用だけでなく、会員登録や資料請求なども含まれていることがおわかりいただけたと思います。

ASPの種類(特徴)

企業とアフィリエイターの仲介をするASPと呼ばれる会社は1つだけではありません。資本金数十億円の大手企業から小規模の企業まで、たくさんのASPと呼ばれる会社が存在しています。

そのASPによって扱っている商品やサービスが異なる場合もありますし、同じ商品でも報酬額が異なることもあるのです。

アフィリエイトを始めるにあたり、ASPへの登録は必須と言えます。しかし、どのASPに登録すれば良いかわからない、という人も多いと思います。

登録後は、ASPサイトにログインして企業の商品やサービスを検索しますが、ASPによって扱う商品の傾向や特徴にも違いがあります。

そこで、メジャーなASPの特徴をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

A8.net (エーハチネット)

a8ネット

http://www.a8.net/

入会時の審査:なし
最低支払額:1,000円以上
振込手数料:有料 30円〜756円

2016年に「アフィリエイトマーケティング協会」の調査した結果、A8.netが6年連続で利用数・満足度においてNO.1。
国内最大級のASPで、アフィリエイターなら必ず登録している、といわれるほど人気があります。

広告数が多い、管理画面が見やすい、初心者でもわかりやすいといった理由で、アフィリエイターだけでなく企業からの信頼度も高く、安心して利用できるASPです。

ジャンルを幅広く展開しているため、扱っている商品やサービスもかなり充実しています。
自分が紹介したいジャンルや商品選びに困ることもありません。ジャンルの中で特に充実しているのは、美容系、健康系。

さらに、A8.net内には、楽天とアマゾンの商品を紹介できる「ツール」があるので、わざわざ楽天やアマゾンにアフィリエイト登録しなくても、手軽にアフィリエイトできるのもメリットです。

3ヶ月合計の報酬額に応じてランクが上がるシステムがあり、上位ランクになると一般ランクのアフィリエイターに公開されていないプログラムに参加することもできます。

A8.netのデメリットを探すのも一苦労するほどですが、唯一デメリットと言える点としては、他のASPで同じ商品を扱っている場合の報酬額を比較してみると、若干低いケースがあることでしょうか。

アフィリエイトを始めるにあたり、A8.netは最低限登録しておきたいASPです。その場合、郵便貯金口座を用意しておくことをオススメします。

というのも、報酬額の振込手数料は有料で、郵貯の場合は振込額に関わらず一律30円ですが、三井住友銀行の場合や他銀の場合は、報酬額によって108円〜756円と開きがあるからです。

バリューコマース

バリューコマース

https://www.valuecommerce.ne.jp/

入会時の審査:あり
最低支払額:1,000円以上
振込手数料:無料

バリューコマースも国内最大級の老舗ASPです。

審査があるので、ブログやサイト内はある程度充実した状態でないと、落とされることもあります。とはいえ、決してハードルが高いわけではなく、複数個のカテゴリと20記事程度をしっかりと掲載しておく程度でOKです。

提携している広告主の数も多く、美容系、ファッション系はかなり充実しています。

意外にも「アダルト」系のアフィリエイト商品も扱っているのはバリューコマースの特徴です。

中でも特徴的なのが、バリューコマースの主要株主がヤフー株式会社ということで「Yahoo!ショッピング」のアフィリエイトができるのは、バリューコマースだけです。

楽天とアマゾンの商品も扱っているので、自分のブログやサイトにあった紹介商品を探すのに苦労しません。

バリューコマースのデメリットとしては、管理画面が少し使いにくいこと。
アフィリエイトは複数のブログやサイトを運営するのが一般的ですが、1つ1つ登録しないといけないのです。アフィリエイトリンクや管理画面の操作が、それぞれのサイトごとに分かれているので、使い慣れるまでは少々面倒かもしれません。

アフィリエイトB

アフィリエイトB

https://www.affiliate-b.com/

入会時の審査:あり
最低支払額:777円以上
振込手数料:無料

「アフィリエイトマーケティング協会」の調査によるとA8.netに次ぐ人気NO.2のASP。

大手企業だけでなく中小企業も広告主として参加しているので、珍しい商品を扱うことができます。

こちらの審査も、ほとんど落とされることはありません。

アフィリエイトBもバリューコマース同様にアフィリエイトサイトごとに登録しますが、管理画面はとても見やすいので、初心者でも戸惑うことなく広告を探したり成果状況を確認したりできます。

何よりも嬉しいのは、振込手数料が無料なことと、消費税分を上乗せした報酬額が支払われること。
報酬額が3,000円とすればアフィリエイトBなら3,240円になるわけです。これは意外に大きいです。

A8.netとアフィリエイトBで同じ商品を扱っていることがあるのですが、アフィリエイトBの報酬額のほうが高いことがありますので、見比べる意味でも登録しておきたいASPですね。

リンクシェア

リンクシェア

http://www.linkshare.ne.jp/

入会時の審査:あり
最低支払額:1円以上
振込手数料:無料

リンクシェアも多くのアフィリエイターが押さえているASPです。もともとアメリカ企業が運営していた世界最大のASP会社で、日本においては当初三井物産が運営していましたが、現在の主要株主は楽天株式会社です。

審査があるので、過激な内容や著作権を無視した画像を使用するなど、規約に違反しているサイトだと落とされることがあります。念のため、画像や他社のアフィリエイトリンクを貼っている場合は外してからサイトの審査を申請しましょう。

リンクシェアに参加している企業は、楽天を始め大手人気ブランド企業が多いですね。参加する大手企業が扱っている商品なら何でもアフィリエイト対象になっています。

リンクシェアの最大の特徴は、発生した報酬額には消費税も加算されるほか、報酬金額が1円でも発生すれば振込手数料も無料で振り込んでくれることです。

リンクシェアもアフィリエイトサイトをすべて登録しますが、デメリットとしては管理画面がやや使い勝手が悪いことと、商品を探す手間がかかる点です。

アフィリエイトしたい商品から探すというよりは、どの企業をアフィリエイトしようかを決めからアフィリエイト対象商品を探します。

TGアフィリエイト(トラフィックゲート)

tgアフィリエイト

http://www.linkshare.ne.jp/TG/

入会時の審査:あり
最低支払額:500円以上
振込手数料:無料 (ジャパンネット銀行のみ)

TGアフィリエイトは、かつて楽天の完全子会社の株式会社トラフィックゲートが運営していましたが2010年に合併し、現在はリンクシェア・ジャパン株式会社が運営しています。

リンクシェアにすでに登録している人でも、TGアフィリエイトに改めて登録する必要がありますが、登録後にログインする際は、リンクシェアとTGアフィリエイトは同じ画面から行います。

扱っている商品は、楽天系はもちろんのこと国内の金融系企業が参加しているので、クレジットカードや証券会社といった金融・銀行系のアフィリエイトに取り組みたい人におすすめです。

最低支払い報酬金額は500円以上ですが、郵貯銀行には振り込みができないので注意してください。

振込手数料はジャパンネット銀行に限り無料です。それ以外の銀行の場合、3万円未満が172円、3万円以上が270円の振込手数料が報酬金額から差し引かれます。

JAnet(ジャネット)

janet

https://j-a-net.jp/

入会時の審査:あり
最低支払額:1,000円以上
振込手数料:無料

※超個人的にはここの担当者さんはすごい面倒見てくれるのおすすめです。

JAnetは大手ASPで古株ですが、A8.netやバリューコマースやリンクシェアと比べると比較的提携企業数は少なく、扱い商品数も若干少なめです。

とはいえ大手企業も多く、報酬金額も高めに設定されていて、他社にはない独自のプログラムがあるのも特徴です。

審査がありますが、比較的通りやすいASPです。複数のブログやサイトにジャネットのアフィリエイト広告を掲載する場合、それぞれ登録する必要がありますが、管理画面の操作はとても簡単です。

報酬額には消費税が加算されるのも嬉しいですね。

メジャーなASPを6社紹介しましたが、アフィリエイトを始める場合、1社だけに登録するという人はほとんどいません。なぜなら、複数のASPに登録することで得られるメリットが大きいからです。

多くのASP会社に登録しておくことで選ぶ商品の幅も広がりますし、同じ商品でもASPによって報酬額が違うので、見比べて報酬額の高いASPを選ぶこともできるのです。

また、アフィリエイトを進めていくと、ASPと提携企業の契約期間が終了し、自分のサイトに掲載した商品からアフィリエイト報酬が発生しなくなることがあります。

そんな場合でも、他のASPをチェックすると、そちらとは契約が継続していることがあるので、すぐに広告バナーを貼り変えることが可能です。

広告企業も複数のASPに登録していることが多いので、報酬獲得チャンスを取りこぼさないよう複数社のASPに登録しておくのは大きなメリットです。

まとめ

アフィリエイトとは、企業と購入者の間に入って商品を紹介することで報酬がもらえる仕組みです。企業一社一社とアフィリエイターが契約する手間を省くための仲介会社がASPです。

まずはASPに複数社登録して、どんな商品やサービスがあるのかチェックしてみると、自分が取り掛かりたいジャンルも見えてきますしアフィリエイトのイメージが膨らんできます。

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!