童貞の僕が一週間で24人からデートを申し込まれた話

※ここでいう童貞とはメンタル童貞のことです。
参考記事 → 童貞は形状記憶合金

 

僕は全然モテません。

顔もよくないし
服装とか興味ないし
髪型も興味ないし
背が低いし
太ってるし
お金ないし
仮性包茎だし

 

7月16日 追記
申し訳ございません、真性ぎみの仮性でした。
読者様から「お前は真性だろ」とのご指摘いただきましたので、お詫びと訂正をさせていただきます。
見栄をはってしまい、誠に申し訳ございませんでした。

 

でも、タイトルの通りですがそんな僕でも一週間で24人からデートを申し込まれたことがあります。

 

もともとの始まりは、この記事→【ツイッターで知らない人とデートしたら大変なことになった

Twitterで僕とデートしてくれる人がいたので

その人と観覧車乗ってきたっていう記事なんですが、

この記事が8000いいねまで行ったんですね。(同時に1400人が見てるぐらいバズりました)

 

で、めっちゃシェアされている時に、

ふと「ここに『デートしてくれる人募集』って書いたらどうなるのかな」思って書いてみたら、

その結果、良い意味で頭がおかしい人たちからたくさんのデートの申し込みがたくさん来たっていう感じでした。

 

で、応募してきてくれた人の年代は

  • 20代 6人
  • 30代 14人
  • 40代 4人

 

みなさん彼氏はいなかったのですが、その中で既婚者4人、ゲイ3人でした。

ちなみ、ゲイはみな20代でした。

 

はじめはギャグで応募されたのかなーと思って、メールを開いたのですが2人は文章の中に

「僕は男性が好きで初体験が男だったんですが、土屋さんは大丈夫でしょうか?

「キヨちゃんとのデート記事を見ました、土屋さんも男好きなんですか?

と聞かれてちょっと返信できませんでした。

 

そして3人目は

【タイトル:僕はゲイ

というストレートなタイトルでした。

 

 

既婚者の4名は特に不倫をしたいというわけではなかったのですが、

  • ちょっと楽しそうという人が3人
  • 辛いことがあってはじけたいという人が1人

 

辛いことがあったという人に「何があったんですか?」と聞くと、

「旦那が不倫をして家を出て1ヶ月帰ってきていません。何か楽しいことをしたいです。」っていう割と重めのやつでした。

 

 

で、はじめの2人ぐらいは普通にデートをしていたんですが、

これやってたらお金と時間がいくらあっても足りない!

 

と思って、残りの20人に

タロウ「バス借りるんで、デート申し込み者20人対僕1人のハーレムバスツアーにしてもいいですか?」

 

って聞いたらみんな怒ってきて、僕のモテ期は終わりました。

 

好きな人もできたんですけど、何かいろいろダメでした。

 

 

 

 

8月1日に花火の見えるホテルを予約したんですけど、

泣きながら6000円のキャンセル料払いました。

花火

 

『成果が10倍になるネット集客』無料プレゼント中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!