サラ金の人に聞いてみた!お金を借りた人って幸せになっているの?

どうもタロウ(@syuty)です。

突然ですが、我々の生活から絶対に切り離せないものってなんでしょう?

ご飯? 家? パソコン・スマホ?

確かにどれも必要ですが、これらは全てある一つのものによって解決することができます

 

そう、、、

です。

 

何をするにしても多かれ少なかれのお金がかかり、人の悩みの99%は金で解決できるとまで言われていますが、、、
今回はそんなお金にまつわるお話。

皆さんは「お金を借りた人の末路」ってどうなるかご存知ですか?

いや、知らんけど、あくまでイメージ

っていうかですよ?

そもそもお金に困った状況にいる人が、お金を借りて資金繰りが改善することってほぼないと思うんですが、お金を借りた人はどうなってるんですかね?

というわけで、過去に金貸しをしていた竹内さん(仮名)にインタビューをしてみました。

 

お金借りるなら安心のカードローン審査情報まとめ|マネナビ

お金借りるなら安心のカードローン審査情報まとめ|マネナビ

お金を借りるなら「マネナビ」カードローンの審査基準、金利、即日融資の方法から、総量規制対象外やおまとめローンについてなど、お金を借りるときに参考になる情報や疑問をまとめたサイトです。

※お金を借りることをあんまり書きたくないって言ったら本当になんでもイイって言うから、「じゃあお金を借りたら不幸になるぞ!って書いてもイイですか?」と伝えたらて今回の企画が始まりました。

 

闇金の世界へ

タロウ:
今日は完全顔出しなし、名前出しなしではありますが、ご協力いただきありがとうございます。
早速話を伺って行きたいのですが

竹内(仮名):
え〜っとあまりポジティブな話はできないですが大丈夫ですか?

タロウ:
大丈夫です!
ちなみに竹内さんが働かれていたのは何年前の話ですか?

竹内:
2000年前半です。もう15年以上前ですね。当時は消費者金融全盛期でした。
武富士プロミスレイクアコムなんかがCMをガンガン打ってた時期。一番盛り上がってる時期で、お客さんが一番多かったです。
ちなみに、僕がいたところっていうのは、武富士・プロミス・レイク・アコムの大手でお金を借りて、そこからはもうお金を借りれない人たちがきてたんですよ。いわゆる闇金の一歩手前みたいな感じでした。

なぜ闇金で働こうと思ったの?

タロウ:
なんでそこで働いていたんですか?

竹内:
単純に給料がいいから就職しました。20代前半で手取りで40もらえていたんです。

タロウ:
最初って会社で厳しい研修とかあるんですか?
先輩に殴られたりとか

竹内:
いやいや普通ですよ(笑)
普通のサラリーマンと一緒で、朝礼があって〜って感じで、毎月の目標があるんですよね。貸す目標と回収目標です。
基本どっちもやるけど、僕は貸す方が多かったです。

タロウ:
思ってより普通の営業の会社だ

竹内:
そうですね。実際には貸す方は『営業』と呼びます。貸付は目標の数字があるので、無理やり貸すこともあります。

タロウ:
要らない人に貸すんですか?

竹内:
いえ、例えば「10万円だけ貸してくださ〜い」って人に20~30万貸したりですね。

タロウ:
なんて言って貸すんですか?

竹内:
「枠の取れるうちに借りた方がいいよ」って言えばだいたい借りますね。

タロウ:
枠とは。。。?

竹内:
キャッシングっていうのはクレジットカードと違って
「この人ならこれくらい借りれる」っていう金額の上限があってそれを枠と言うんですが、その枠が30万円だったらその場で30万円貸しちゃうんですよ。

タロウ:
多く貸した方が利息も多いですもんね。

竹内:
僕の時は無人君が出始めた頃でしたが、うちは対面が多かったですね。朝には人が並んで、開店と同時に店に入ってもらって机の前で1対1で審査してって流れです。

タロウ:
そんなに人がくるんだ、、、

竹内:
はい、特にお金を借りに来る人は月初に来るが多いのですが。そういった時は店の前に人がズラーっと並ぶんですね

タロウ:
え?月初なんですか月末の方ではないんですか?

竹内:
お金を借りに来るような人っていうのは、給料日の翌日には返済をたくさんするので、口座にお金がなくなってしまう。すっからかんになってしまうんですね。

タロウ:
振り込まれた給料がそのまま出て言っちゃうのかぁ、、、

嘘をついている客には『ゴミ箱を蹴って驚かす』

タロウ:
なぜ対面がメインだったんですか?

竹内:
いい加減な奴が多いんですよ。
いろんなところで借りてきて借金の総額を言わない奴が多いんで対面で問い詰めないと本当の金額がわからないんです。

タロウ:
なるほど、じゃあ返せるかどうかを見ると?

竹内:
そうですね。最終的には親を見ますね。
返せる人が保証人になってくれることが一番助かります。あとは他の会社の債務状況ですね。

タロウ:
他の債務状況って把握できるんですか?

竹内:
できる部分と、できない部分があるんですが、そこは言わせますね。
ゴミ箱蹴ったりして(笑)

タロウ:
それで素直に言うんですか?

竹内:
言いますね。というか言わせます。
そういうギリギリの判断っていうのは無人君だと判断できないんですよ。
だいたいみんな、6~8社から借りていて総額300万ぐらい借金をしていました。

タロウ:
なんでそんな奴に貸すんですか?返せないですよね?

竹内:
いえ、返済させます。そのためにいろんなことをやりました。
うーん、、、

タロウ:
どうしました?

竹内:
これ、、、これ言って大丈夫かな?

タロウ:
ダメだったら伏字にしておきますね(笑)

竹内:
あのですね、、、
一度破産させるんですよ。破産した人にお金を貸しちゃいけないなんて法律ないので

タロウ:
ギリギリアウトかもしれもませんが続けましょう(笑)
破産させてから貸すんですか?

竹内:
「破産したり債務整理をさせたりすると外で借りれなくなるよね? だからウチだけは別扱いにして、債務整理せずにしっかり返して必要な時にまた借りれるようにしましょう!」と言ってウチの貸付だけは破産整理させなかったり、というような進め方をしていました。

タロウ:
でも他の会社も同じようなことをやるんですよね?

竹内:
やりません。
さすがに破産させるっていうのは、相当グレーなんですよ。法律の抜け道って感じですね。
だから大手がやることはありませんね。

最も多い借入の理由は〇〇

タロウ:
借りる理由で一番多いのはなんですか?

竹内:
みんな生活費って書くけど、実際は返済のために借りていきます

タロウ:
お金を返すためにお金を借りる、、、無限地獄や、、、

竹内:
あとはギャンブルと風俗です。

タロウ:
欲に素直!笑

竹内:
「お金なんか無いんだから、ギャンブルするなよ〜」って感じですけど、彼らは一発でお金を返したいらしいですね。

タロウ:
そんな奴に何を見て貸すんですか?

竹内:
返済能力です。

タロウ:
返済能力ないでしょ!笑

竹内:
ないですないです。いつまでもつかってことですね。

タロウ:
もつ???

竹内:
貸す人の職業と状況を見て「一年は返済が続く」っていう判断なら貸します

タロウ:
一年で元がとれるんですか?
当時の利率ってどれくらいですか?

竹内:
え〜、どんどん下がっていったんですけど
当時のうちの会社は年利40%でした。

タロウ:
やばすぎワロタ。

2000年時点の金利は以下の通り

出資法の上限金利:年29.2%
武富士の貸付金利:年27.375%
竹内さんの会社の金利:年40%

ちなみに、現在の法定金利は年18%以下

 

どうしてもお金を借りないといけない場合はカードローンの方がまだマシ

お金借りるなら安心のカードローン審査情報まとめ|マネナビ

銀行カードローンは、無担保で即日借り入れがおこなえるので大変便利です。金利が低く、誰もがキャッシングしやすいメリットもあります。(と言っても、なるべくは借りない方がイイぞ!)

 

一番楽な客は主婦

竹内:
僕らが一番貸したい客は主婦なんですよね。

タロウ:
え?意外ですね。

竹内:
主婦って旦那に内緒でお金を借りるんですよ。
だから、返済遅れた時に「旦那に相談する?」って言えば、必死になって返してくれます。

タロウ:
闇金ウシジマくんで見たやつや、、、

竹内:
そういう人が、昼子供を保育園に預けて風俗行って働いたりしてました。

タロウ:
気軽に風俗行けなくなっちゃう、、、

竹内:
多いと思いますよ(笑)
そういう人は。

中には子供の名義で借りる人も

竹内:
僕らって、お金を借りることに罪悪感があるじゃないですか?

タロウ:
そうですね。

竹内:
でも借りている人達って、その罪悪感が全くないんですね。
中には親が借金が回らなくなって、自分の娘を連れてきて娘の名前でお金を借りて、自分のお金を返すっていうことがありました。僕らの考えでは親の借金を返すために子供に借金をさせるっていうのは考えられないですよね。そういう時は僕らもかなり辛いんですけど。

タロウ:
そういう時は貸すんですか?

竹内:
そうですね本人も娘も「お金を借りたい」という意思で来ているので仕方ないですよね
お母さんがお金がないから娘にお金を借りさせて、集金に行った時に娘が「体で金を払わせてください」って言ってきます。

タロウ:
集金しに行った人とセックスするから1回分チャラにしてくれってことですか?

竹内:
そうですね。

タロウ:
実際にそれを受けた人とかいるんですか。

竹内:
どうでしょう(笑)
何人からか話は聞いたことがあります。

 取り立ては意外とマイルド

タロウ:
返さない人にどうやって取り立てるんですか?

竹内:
まず、一番多いのが居留守を使われることです。

タロウ:
多そう(笑)

竹内:
そういう家には小さい嫌がらせをしてました。ずっと出てこない家は鍵穴に爪楊枝いれて折ったり、「いるんでしょー!?」って叫んだり

タロウ:
なんで居るってわかるんですか?

竹内:
それは長年の経験で人の気配がわかるようになります。
一番わかりやすいのが電気のメーター。人がいない時は冷蔵庫ぐらいなんでちょっとしか動かないんですが、
人がいる時は電気のメーターがグルングルン回ってるんですよね。

タロウ:
一生使わない豆知識(笑)
取り立ては厳しくするんですか?

竹内:
いやー闇金ウシジマくんが流行っているからか、そのような偏見を持っている人多いんですけど、実際はそこまでしませんよ。

タロウ:
具体的に言うと?

竹内:
暴力はもちろん、債務者の方に触ることも、大きな声で名前を呼ぶこともできないんですよ。

タロウ:
え??? そうなんですか?
ぶん殴られたりすると思ってました(笑)

竹内:
「いるんでしょー!?」って叫ぶのはアリなんですが、名前を呼んじゃいけないんですよ。

タロウ:
その方が出てきたらなんて言うんですか?

竹内:
正直アコムとか武富士みたいなぬるい取り立てとは違いますね。大手は怒鳴ることも手を出すこともしせず「返してくださいよ〜」って言うだけですが、
僕らのとこに来る人はある程度覚悟している人たちなので、巻き舌でヤクザばりに怒鳴りちらしたりはしましたね「返せねぇってどういうことかわかってるんだろうなぁ◯◯さんよぉ!」くらいには。

タロウ:
こわい、、、

竹内:
ただ、金貸しの一番辛いところは、金の無い人からはどうやったって取り立てられないってことなんですよね。開き直られたらどうすることもできないんですよ。
「金作れ!」とは言えますが、それを強制することはなかなかできません。

逃げた人を追いかける方法

タロウ:
夜逃げする人とかいましたか?

竹内:
いますね、いろんなところから小さく借りて夜逃げっていうのはあるあるです

タロウ:
夜逃げされた人はどうやって追いかけるんですか?

竹内:
いくつか方法があるんですが、
う〜ん。言っていいのかな。。。

タロウ:
言っちゃいましょう!

竹内:
よくないんですが、配送物漁るんですよ。
中には親族からのハガキが来てたりするんで、実家に帰ってないかその配送元に行ったりします。

タロウ:
それは言っちゃいけないかもしれませんね(笑)

竹内:
ほら(笑)
でもとりあえず言います。
あとは、公共料金とか、不動産屋さんに電話するんですよ。

タロウ:
なぜですか?

竹内:
そういう人って絶対に公共料金や家賃の支払いしていないんで、「〇〇(貸している人の名前)です。◯◯代払いたいんですけど、、、」っていうと当時は個人情報保護法がなかったので色々教えてくれるんです。
例えば、いつから払ってないかとか、滞納の時期がわかれば、いなくなった時期もわかりますよね。
他には近隣の人に聞き込みすると「あの人この辺引っ越したよー」って教えてくれたり、配送業者のふりして隣の家に電話して「お届けものなんですが、××さんってお引っ越しされたんですか?」って聞いたり。
あとは、逃げる前の家が先祖代々の持ち家だったりする場合があって、そういう場合は夜逃げしてもたま〜〜〜に帰ってくるんですね。それを近所の人が教えてくれるんです。

そういう情報の積み重ねですね。

 

タロウ:
ほぼ探偵やん。

特徴的な債務者たち

タロウ:
こう言ったら失礼ですが、、、
そういうとこにお金を借りに行く人って結構特徴的な人が多いのかなと思うんですが、中でも特に印象的だった、覚えている人とはいますか?

竹内:
そうですね、
例えば、貸した人が亡くなっていて葬式だった事がありましたね

タロウ:
第一発見者ですか?

竹内:
いや、、、実際に人が亡くなったところ見たわけではないんですが、貸した人が亡くなっていて家に親族が集まっていたというのは見たことがあります。

タロウ:
そういった場合は保険金で返してもらうんですか?

竹内:
保証人がついている場合は返してもらえますが、保証人がついていない場合は親兄弟であってもお金を返す必要性は無いので返してもらえないんです。

タロウ:
なるほど他にはどんな人が記憶に残っています?

土に埋まっていた債務者

竹内:
土に埋まっていた人がいましたね

タロウ:
どういうこと???

竹内:
ある日家に集金に行ったんですよ
ドンドンドンってドアを叩いて反応がないんです。

タロウ:
はい

竹内:
でもね
、ど〜してもいる気がするんですよ。金貸しの勘が働くんです。

タロウ:
(笑)でもいないんですよね?

竹内:
はい、反応はないんですけど、、、
直感が『絶対に家に居る!』って言ってるんですよね。だから家に入って行って庭を見に行ったんですよ。

タロウ:
はい

竹内:
そしたら、庭に穴掘ってそこからちょっとだけ目を出していたんですよ。

タロウ:
え?ドユコト?

竹内:
1人入れるぐらいの穴を掘ってそこに埋まって、目だけこっちを見ていたんです。

タロウ:
土遁の術じゃん。忍者じゃん。

竹内:
あれは強烈でした、、、

床に○○を捨てる債務者

竹内:
お金を貸す祭って家に伺うことがあるんですよね。
「お金を借りたいんですけど〜」って電話がかかってきても、足腰が弱いおじいさんだとこっちが行くしかないんですよ。

タロウ:
なるほど。

竹内:
その日は夏の暑い日だったんですが、家に伺ったらなんか臭いんですよ。

タロウ:
はい。

竹内:
でも、わざわざ言うこともできないので、それは我慢していました。
そうしたら、家主の方が飲み物を出してくれたんですが、、、夏だったら普通飲み物に何出します?お茶とか水じゃないですか?

タロウ:
そうですね。

竹内:
常温の牛乳が出てきたんですよ。
明らかに臭いがやばいんです。

タロウ:
(笑)
家に冷蔵庫がないってことかな? でそれは飲んだんですか?

竹内:
いや流石に飲めなかったんですが、実はここからが話したいことなんですが

タロウ:
期待が膨らむなぁ

竹内:
家を出る時にお家の人に「飲まないんですか?」って聞かれたので「結構です」って答えたら、
『そうですか』って言って、、、

タロウ:
その人が飲んだ?

竹内:
その牛乳をバシャ!!ってぶちまけたんですよ。

タロウ:
え!?
窓の外に???

竹内:
いや、部屋の中にです。

タロウ:
部屋の中!!??

竹内:
そうです。
牛乳をバシャって畳の部屋に捨てるんです。

タロウ:
こわいこわいこわいこわい

竹内:
隣の部屋をゴミ部屋として扱っているみたいで、生ゴミとかを全部その部屋に詰め込んでいたんですよ。テレビでよく見るゴミ屋敷、そういう部屋です。
おそらくですけど、その部屋には何を捨ててもいいってことだったんだろうなって

タロウ:
いくら「なんでも」って言っても、飲み物も捨ちゃうの、、、

ついにグレーゾーンが撤廃

竹内:
2006年代の後半から
貸金規正法が厳しくなって一気に利息が18%まで下がったんですね。

タロウ:
それで武富士とか潰れたんですよね?

竹内:
そうです。
グレーゾーンとか言って返金が始まりましたけど、それまでは合法だったわけですからね。
急に今まで頑張って取り立てたお金を返すわけですから、さすがにおかしいですよ。

タロウ:
後から返金になるのは僕ですらおかしいなって思いますもんね。
ちなみにまだその会社ってあるんですか?

竹内:
あります、でも18%になったのでかなり事業規模が縮小しましたね。

タロウ:
なるほど、ちなみに竹内さんはなんで会社辞めたんですか?

竹内:
それはですね。お金貸してたら同窓会呼ばれなくなったんですよね。

タロウ:
ああ、、、

竹内:
友達に「竹内はヤクザになったらしい」って噂されてたようで、
それを知った時に急に辛くなってしまい『もうやめよう。真っ当な仕事をしよう』と思いました。

タロウ:
でも普通の仕事に戻るのは大変だったんじゃないですか?

竹内:
いや、意外とそんなことなくて、いい意味で大変だったので充実感がありましたね。
「やっと普通の人間になれたー」って

タロウ:
普通の世界に戻ってきたんですね。
お帰りなさい。

竹内:
戻ってきました。ただいま(笑)

結局お金を借りて幸せになった人っていましたか?

タロウ:
竹内さんがお金を貸した人の中で「お金を借りて幸せになった人」っていましたか?

竹内:
正直なことをいうと、、、

タロウ:
はい。

竹内:
お金を借りて幸せになった人はいませんね。

タロウ:
いないんかーい!

竹内:
というか、僕らがやっていたのが年利約40%だったんで、、、
普通にお金を借りている人だったら大丈夫かなとは思いますが、さすがにもう返せませんよね。

タロウ:
みんな不幸になって行った?

竹内:
そうですね。

お金を借りている人って何年もお金を借り続けているので、どんどん職業が変わっていくんですよ。
普通のOLからキャバ嬢になってソープ嬢になって行く人が多かったです。
まあ、借りないに越したことはないですが、カードローンぐらいまでで踏みとどまっておかないとやばいと思います、、、

タロウ:
まさに落ちていくってことですね。
勉強になりました。

 

 

まとめ:お金で不幸にならないためには踏みとどまる心が重要

多くの人は一度お金を借りたらズルズルと借りる額や借入先が増えて行き、後戻りができなくなっていきます。

特に今回の竹内さんのように、あまり社名を聞いたことがない会社でお金を借りるのは絶対にやめましょう。
(インタビューさせてもらったのにすみません。。。)

 

大手と裏系の違いをもう一度紹介させていただきます

正直アコムとか武富士みたいなぬるい取り立てとは違いますね。

大手は怒鳴ることも手を出すこともしせず「返してくださいよ〜」って言うだけですが、

僕らのとこに来る人はある程度覚悟している人たちなので、巻き舌でヤクザばりに怒鳴りちらしたりはしました。
「返せねぇってどういうことかわかってるんだろうなぁ◯◯さんよぉ!」くらいには。

これはサイトで紹介するにあたってまあまあマイルドな表現にしています。やっぱり大手の方が安全?最低限のモラルはありますよね。

と言うわけで、

  • お金を借りるなら(最悪でも)大手だけ
  • 複数の会社から借り始めたら終わりが近い

と言うことだけ覚えておきましょう。

 

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!