ペアーズ体験談 3回目のデートで付き合うことになりました

こんばんは!
ペアーズで恋人探しを楽しんでいるラビット・ペロ平です。

東京の松尾芭蕉の館にて

ペアーズは本当に出会いがあるのか?

最初の1か月は不安になりましたが、無事に美人看護師とデートする事ができました。

2回目デートは最初からホテル狙い

1回目のデートは様子見。
この時の印象が悪ければ、2回目のデートはありえません。

(1回目のデートに誘う事ができ、さらに2回目のデートも了解してくれた・・・)
(うまく戦略を巡らせれば、ホテルに行くのは難しい事ではない・・・)

ベッドの上で1人作戦会議を巡らせます。
今回は最初からホテル狙いでデートプランを練りました。

体裁上は、2回目のデートは「仕事終わりに一緒に食事に行こう」という内容です。
もちろん、きちんと食事はしましたが、狙うのは「夕食の後にいかにホテルに誘うか?」。

中学生や高校生ならゆっくりお互いの恋愛感情を高める事もいいでしょう。
しかし、社会人となると毎日顔を合わせるわけではないので自然消滅の危機もあります。

僕「今度デートしませんか?」

女性「すみません~仕事が忙しくて・・・」

(一週間後)

僕「今度デートしませんか?」

女性「すみません~別の予定が入って」
(なんかこの人とデートするの面倒だな~)

(さらに一週間後)

僕「今後デートしませんか?」

女性「・・・」
(LINE既読無視 もしくは ブロックされている)

これは僕の過去の失恋話の1つです。
学生時代であれば直接会って関係改善もできますが社会人は別。
放っておくと、LINEが既読無視される可能性も十分にあります。

それを防ぐためには恋人同士になる「既成事実」をいかにスマートに演出するか?
このために2回目のデートでホテルに誘う必要がありました。

大人の男女は常に自然消滅の危機があるのでなるべく 告白 or 既成事実 を作る

女性は「既成事実」の関係になった男を好きになる

なぜ、僕がここまで女性をホテルに誘い、既成事実を作りたいか?
もちろん、性欲があるのはそうですが、「そのほうが告白が成功しやすい」という理由があります。

真っ向勝負で告白するのもいいですが、ペアーズのようなインターネットをツールにした出会いはお互いに疑心暗鬼になっているもの。
信頼関係が築くには時間がかかりますし、その間にほかの相手に取られる可能性も十分にあります。

そこで「スマートにホテルに誘って既成事実を作りました」。
経験談ですが、女性は「既成事実を作ってから告白する方」が成功率が高いです。

男性とホテルに入るのは高いリスクがある「女性という立場」。
それを受け入れてしまった後は、相手の男性のイヤな部分を見ようとしません。

イヤな部分があると認めれば、一緒にホテルにいった自分の立場やプライドが傷つくから。
全ての恋愛がそうとは言い切りませんが、これは使える人間心理。
今回もしっかり活用させてもらいました。

ホテルのベッドの上で愛し合った後、さりげなく耳元で告白します。
「僕たち・・・恋人同士ですよね?」
関係を結んだ以上、恋人同士になれる確率はかなり高いでしょう。

女性は優しい男を好きになるのではなく関係を持った男を好きになる

いかにスマートにホテルに誘うか?

告白の成功率を上げるためにスマートにホテルに誘う必要があります。
当たり前ですが、強引に連れて行けば犯罪です。
大人の男性として、女性が嫌がらず、寄り添うように一緒に受付で鍵を受け取りましょう。

そのために「食事の後に手を握る事」に専念します。
僕の場合もそうです。

僕  「このお店の料理どうでした?」

カスミさん「とても美味しかったです! ありがとうございます」

僕  「喜んでもらえて良かったです。それじゃちょっと池袋を散歩しましょう?」

さりげなく手をつなぐ

カスミさん「え!?」

デートに来てくれた美人看護師さんと夕食はしましたが、ほとんど上の空。
会話オウム返しのように単語を繰り返すだけで、手を握るチャンスをシミュレーションします。

会計を終えて、さりげなく手を握ります。
相手は予想した通り「え!」という顔をしましたが、ここは笑顔で強引に進めます。

「ちょっと恋人気分で散歩しましょう」。
こういうと頷いてくれました。

もし、ここで手を握ってくれないようなら潔く手を引きましょう。
ホテルに行けば「手を握る」という行為以上のやり取りがベッドの上で行われます。
最初のステップで断られた人が次のステップをジャンプできるはずがありません。

経験談ですが、「2回目のデート」で「手を握れない」と関係は進展しません。
あくまで「異性の友達」と捉えられ、それ以上の関係になると期待していないでしょう。

今回の場合は無事に手を握る事ができ、夜の池袋を散歩する事ができました。
後はホテル街にさりげなく誘導します。

ホテル街までくれば「大人の女性」であれば「この後の展開」を容易に予想するはず。
相手の足取りが重かったり、目が嫌そうでなければそのままホテル街に突入します。

今回の場合は「夕食を食べた後でゆっくり話せる場所に行きたい」と女性をホテルに誘いました。
正直な話ですが、ここまでくれば「言い訳」はなんでもいいでしょう。

  • ここのホテルで最新の映画が見れる
  • 歩きすぎて足が疲れた
  • 汗をかいたからシャワーだけ浴びたい
  • こののホテルの岩盤浴が最高なんだよ

ダイレクトに「ホテルに行く」というのではなく、それとなくの言い訳で十分です。
あくまで「この人に言い訳に乗せられてホテルに行ったら迫られてしまった・・・」。
そう女性が言い訳できれば十分です。

僕  「今日はとても楽しかったですね」

カスミさん「はい・・・」

僕  「食事も終わったし、アナタをもっとゆっくり話せる場所に行きたいんです」

(彼女の手を強く握る・・・)

カスミさん「・・・」(無言の了解)

僕の場合もホテルに無事に入り、告白に成功しました。

(何回か恋人関係としてデートを楽しみましたが、のちに価値観の違いで別れました)

しかし、ペアーズで知らない女性と出会い、淡い恋の思い出を作れた。
これはある意味、十分すぎる成果でしょう。

手を握り、言い訳をならべてうまくホテルに誘導する
池袋ラブホの証拠写真

まとめ

  • 2回目のデートで十分にホテルに誘える
  • 告白を成功させるには「既成事実→告白」が成功確率が高い
  • ホテルの中では凄い事をするのでキスか「手を握る」を済ませる
  • ペアーズで恋人を作るのは可能

 

ペロ平がこの子と出会ったペアーズであなたも出会いを初めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です