All In One SEO Packの使い方。記事ごとにタイトルを変える方法

『All In One SEO Pack』とはWordpressのSEOに使えるプラグインです。
『All In One SEO Pack』を使えばタイトルやメタ情報などの検索エンジンが必要としている情報を細かく設定できます。

編集画面から細かい設定ができますので、サイドバーから管理画面に行きましょう。

All In One SEO Pack 管理画面

一番上から見ていきましょう。

All In One SEO Pack GeneralSetting

GeneralSettingという点には記の点にチェックをつけます。
募金のお願いが出てきますが、ご自身の経済状況によって判断しましょう。募金をしなくても特に機能制限はありません。

Canonical URLs :重複コンテンツのペナルティを防ぐことができます
Use Original Title :All in One SEO Packで設定したオリジナルタイトルを使用します。

All In One SEO Pack homepage setting

サイトのTOPページの設定です。

ホームタイトル:
ホームページのタイトルになります。設定されていない場合は一般設定で指定したタイトルが使用されます。

ホーム詳細(Description):
Descriptionです。設定されていない場合は一般設定で指定したディスクリプションが使用されます。
※マットカッツは下手なディスクリプションを入れるぐらいであれば空欄にしろと言っているので、入れる必要もないかもしれません。

ホームキーワード(コンマで区切る):
最近では効果がないと言われていますが、ページのキーワードを入れられます。ちなみに僕は入れていません。

All-in-One-SEO-Pack_r5_c1

Keyword Settingでは【Use Keywords:】に一応チェックをしましょう。

All In One SEO Pack Title Setting

Title Settingではタイトルを書き換えるにチェックしたら、その下はデフォルトのままでOKです。

All-in-One-SEO-Pack_r9_c1

カスタム投稿タイプというサイトをカスタマイズした際の設定です。
トレンドではカスタム投稿タイプを使うことはまずありませんが、一応チェックしておきましょう。

All In One SEO Pack Display Setting

Display Settingは【投稿】と【固定ページ】にチェックをつければOKです。
All-in-One-SEO-Pack_r13_c2

Noindex Settingsはすべてにチェックを入れておきましょう。

カテゴリーをnoindexにする:
カテゴリーページをクロールされないようにできます。重複によるペナルティーに有効です。

アーカイブをnoindexにする:
アーカイブページをクロールされないようにできます。重複によるペナルティーに有効です。

タグをnoindexにする:
タグページをクロールされないようにできます。重複によるペナルティーに有効です。

グーグル先生は重複コンテンツ・コピーコンテンツにめちゃくちゃ厳しいのでここは気をつけておいたほうが良いですね。
さて、以上で一般的なタイトルとディスクリプションの設定は終了です。

最近ではタイトルやディスクリプションの重要度が多少下がっているとの話も聞きますが、それでも内部SEOの核となる部分ですから大切にしていきたいですね。

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    タロウ

    1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!