バイトで月収100万円はいけるか?秒速で100万円を稼ぐ方法

今回は月収100万円シリーズ

月収100万円を稼げる可能性のある仕事を考えてみた。

月収100万円の手取りはいくら?実際に払う納税金額を調べてみた

 

一瞬で月収100万円稼げるバイト

突然ですが、一瞬で100万円稼げるアルバイトがあったらやりますか?やり方は簡単。

ボタンを押すだけで100万円!誰にでもできるめちゃくちゃ簡単なお仕事です!!

ただし、このボタンを押すと・・・何にもない空間で5億年過ごさないといけません。餓死の心配はありませんが、寝ることもできません。

5億年経過すると全ての記憶が消えますが、無事元の場所へ戻り、100万円手に入れることができます。

実はこれ、通称『5億年ボタン』という週間SPA!で連載されていた菅原そうた氏のCGマンガ「みんなのトニオちゃん」に登場する「アルバイト(BUTTON)」という話です。

めっちゃ絵に癖があるけど我慢して見てみてください。

どうですか?

当時、押すのか押さないのか、ネット上で熱い議論が交わされたようですが、僕もめちゃくちゃ考えました。

 

でね?

絶対押したくないんです。

5億ですよ。5億年、独りぼっちで寝ることもできずになんて耐えられません。1日寝なかっただけでも死にそうなのに。ただ、途中で絶対に気が狂うと思うので、実際には300年ぐらい過ごせばそのあとは何とかなる気はするんですが、、、
しかも100万円。1億もらえるならともかく、100万円なんて代償が大きすぎるんですよね。

むしろ『5億年過ごすくらいなら、今100万稼ごう』と思って頑張れる気がします。笑
でも、押すのを我慢できる理由がわからないんです。だって、体感的には1秒で100万円ですからね。

むしろそれを月に100回ぐらい押すだけの生活に突入しそうな気がします。

僕としてはそっちのほうが怖いんですが。

ほかの人もやっていて、みんな『めっちゃいいやんこのバイト!』とか言ってたら、我慢できる理由がないんですよ。

だから、まあ押しちゃうだろうなと。

それも死ぬほど押しちゃうだろうなと思います。

あなたなら一回だけ押しますか?それとも連打しますか?

現実的に稼げるバイト

さて、空想の話をしていても仕方ないので、『現実的に稼げるかどうか?』を考えてみたいと思います。

15年ぐらい前、テレビ番組で『バイトで月収100万円を目指す』という番組がありました。

内容は売れない芸人が月収100万円を稼ぐようにいろんなバイトや仕事で死ぬほど働くというものだったのですが、印象的だったのはコオロギの繁殖をするといったもの。

コオロギは一匹3円で売れるわりには繁殖率が強く、一週間で2~3倍に増えるので、うまく飼育ができれば

1週間で150円が450円に

2週間で450円が1350円に

3週間で4050円が12150円に

4週間で12150円が36450円に

5週間で36450円が109350円に

6週間で109350円が328050円に

7週間で984150円に

まあ7週間ぐらいで月収145万円ぐらいになるわけなんですが、

その時のテレビでは、とにかく狭い飼育箱の中に黒いコオロギが、台所にいる黒いあいつに似た虫たちが所狭しとうじゃうじゃいるのが気持ち悪くて、

しかも200匹を超えるとエサのキュウリを入れても入れても足りなくなってしまい、共食いし始めるんですよ。

僕それでキュウリが食べれなくなりましたからね。泣

 

ただ、

最も月収100万円に近いのはネットビジネスとかMLM(マルチ)じゃなくて、コオロギの飼育

だというのは真実なんですよね。

 

~おしまい~

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

6 件のコメント

  • コオロギの飼育って現実的にみると結構怖いですよね。コオロギが好きな人はいいと思いますけど、だんだんGに見えて来たりもしそうな気がします。

  • 俺はおんなじぐらい怖い
    でもゴキブリの怖さってやっぱり異常な生命力だと思うんだよね

  • こおろぎとか虫って今も売れるのかなぁ
    昔こち亀でゴキブリ売る話あったの思い出しましたわ

  • コオロギが家にうじゃうじゃいるなんて怖すぎますね(^_^.)
    でもたった7週間で月収100万超するなら考えちゃうかもwww

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    タロウ

    1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!