西日本豪雨被災地へ簡単にできる支援方法・募金方法まとめ

2018年7月5日から西日本豪雨があり、各地で大変な被害がありました。
支援・募金したいけどやり方が分からないという方のために、ネットからできる支援・募金方法をまとめましたので、参考にしていただければと思います。

Yahoo!ネット募金

平成30年7月梅雨前線等による大雨被害緊急災害支援募金(Yahoo!基金)

Yahoo!ネット募金はヤフーのアカウントが必要になります。

受付期間:9月1日まで

支援方法

支援方法はクレジットカード・Tポイント・SoftBankスマホで寄付の3種類

クレジットカード

クレジットカードでは100円寄付が可能です。

利用可能クレジットカード

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express

 

Tポイント

1ポイントから寄付が可能です。
ヤフーショッピングなどを使っていればいつの間にかポイントが溜まっていますよね。そのポイントの一部を寄付してみてはいかがでしょうか?

SoftBankスマホで寄付

SoftBankでスマホを契約している方は「かざして募金」というソフトバンクのサービスを使って100円から寄付が可能です。QRコードを読み取る簡単な操作で携帯料金と一緒に支払いができます。

LINE【西日本豪雨災害の被災者支援】

LINEの支援はスマホからのみなので注意が必要です。
受付期間:2018年7月7日(土)~ 7月31日(火)23:59まで

支援方法

支援方法はLINEポイント・LINE Payの2種類

LINEポイントで寄付をする (スマートフォンのみ)

LINEポイントは1ポイント=1円
1円/5円/10円/50円/100円/500円/1000円/5000円から選択できます。(私はこちらから1000円分支援させていただきました。)

LINE Payで寄付をする (スマートフォンのみ)

LINE Payは1口300円で寄付する口数を半角数字で入力し、「寄付する」ボタンを押します。
手数料などの諸経費4%を差し引いた金額が寄付されます。

西日本豪雨災害の被災者支援への寄付を受付開始しました

※↑ラインの公式ブログです。詳しい寄付方法が載っています。

楽天クラッチ募金

楽天クラッチ募金は楽天スーパーポイントを寄付する場合のみ、楽天のアカウントが必要です。

楽天クラッチ募金 平成30年7月西日本豪雨被害支援募金

受付期間: 2018年07月07日 ~

支援方法

支援方法は楽天スーパーポイント・クレジットカードの2種類

楽天スーパーポイント

1ポイント = 1円で1ポイントから寄付できます。
楽天スーパーポイントも溜まりやすいので、普段楽天を使っている方なら無理なく支援ができますね。

クレジットカード

100円以上、それ以上であれば1円単位で金額が決められます。

利用可能カード

  • 楽天カード
  • VISA
  • Mastercard

楽天カード以外のクレジットカードの場合、各カード会社が定めるクレジットカード決済手数料を差し引いた金額が募金されます。楽天カードをご利用の場合は、全額募金されます。

楽天カードをお持ちの方は楽天クラッチ募金を使うといいでしょう。

ふるさとチョイス

ふるさとチョイスはふるさと納税を利用した支援方法で、会員登録なしでもLINE・Twitter・Facebook・Yahoo!JAPAN・Googleでログインが可能です。

ログインすると自分で自治体を選んで寄付ができます。
支援受付中の自治体は現在16件ありました。今後さらに支援受付を始める地域が増えてくるのではないでしょうか。

ふるさとチョイス 平成30年7月豪雨

支援方法

支援方法はクレジットカード払い(Yahoo!公金支払い)・銀行振込・郵便振替・直接持参の4種類あります。金額によってはクレジットカード払いができないこともあります。

クレジットカード払い(Yahoo!公金支払い)

クレジットカード払いが少し複雑でYahoo!公金支払いを経由しなければなりません。ふるさとチョイスでの寄付申し込みが完了すると、Yahoo!公金支払い画面が表示されるのでそこで支払い手続きをします。

詳しい内容はYahoo!ふるさと納税ヘルプにあります

利用可能クレジットカード

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

一部自治体ではJCBが使用できません。

銀行振込

寄附金納付に必要な納付書、振込先金融機関等が郵送で届きます。

郵便振替

ゆうちょ銀行、郵便局でご利用いただける専用の振込用紙を郵送します。

直接持参

直接持参することも可能です。

Makuake 西日本を中心とする豪雨災害の支援募金

こちらはクラウドファンディングを利用した支援です。参加するにはMakuakeのアカウントが必要になります。

Makuake 西日本を中心とする豪雨災害の支援募金

コースは

  • 1,000円コース
  • 3,000円コース
  • 5,000円コース
  • 10,000円コース
  • 20,000円コース
  • 30,000円コース
  • 50,000円コース
  • 100,000円コース
  • 300,000円コース
  • 1,000,000円コース

10種類あります。支援するとお礼メールと随時活動報告があります。

支援方法

支援方法はクレジットカード・コンビニ払い・銀行振込・ネットバンク振込の4種類です。

クレジットカード

利用可能クレジットカード

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

 

コンビニ払い

対応しているコンビニは

  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • サークルKサンクス
  • ローソン
  • セイコーマート

となっております。

銀行振込

Pay-easyを利用してゆうちょ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・りそな銀行・その他地方銀行などが利用可能です。
10万円以下は銀行ATMでの振込も可能です。

ネットバンク振込

ネットバンク振込では、

  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • じぶん銀行

が利用可能です。振込手数料はかかりません。

ピースウィンズ・ジャパン 西日本豪雨支援

ピースウィンズ・ジャパンから支援するには登録が必要になります。1口1,000円から支援ができます。

支援方法

支援方法はクレジットカードと銀行振込の2種類あります。

クレジットカード

決済はGMOペイメントゲートウェイ株式会社の決済サービスを利用します。

利用可能クレジットカードは

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

です。

銀行振込

銀行振込はピースウィンズ・ジャパンのサイトに口座番号が公開されています。

http://peace-winds.org/news/emergency/13059

 

活動記録も公開されているので安心して支援できますね。

外部寄付サイトからもピースウィンズ・ジャパンに寄付ができます。

Yahooネット募金

キャンプファイア

Japangiving

西日本豪雨の支援・募金方法まとめ

紹介したサイト・方法以外にも支援ができるサービスはあると思いますが、災害に便乗した詐欺が出てくることも考えれれるので支援のために送ったお金がどのように使われるかなど、しっかりと確認しておきましょう。

今回は、危ない(募金詐欺など)に引っかからないよう大企業など有名なサイト・会社ばかり選びました。なるべく信用できるサービスを利用して支援を送りたいですね。