あのYouTuberってどうやって稼いでるの?3種類の収益化方法

YouTubeをよく見ている方は「この人、いくら稼いでるんだろう」と気になったことがありませんか?

これからユーチューバーを目指す方も収益がどのように発生するのか知っておきたいと思います。

トップユーチューバーのHIKAKINさんは10億円以上なんて噂もあり、1再生1円などという話も聞きますがそれは本当なのでしょうか?
また再生回数に応じた収益だけでなく、収益が発生する仕組みがあるそうです。

というわけで今回はユーチューバーの収益、収入源について詳しく調べてみました!

その1 パートナープログラム

一つ目がもっとも一般的な収益化システム、「パートナープログラム」について

このパートナープログラムに参加するには

「チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間以上かつ、チャンネル登録者が 1,000 人以上」という条件があります。

この条件をクリアして初めて審査を受けることができる様です。
誰でも動画をアップロードすれば稼げるという訳ではありませんね。

審査が通ると、AdSenseに申し込みをして、YouTubeのチャンネルと関連付けます。AdSenseと言われてもほとんどの人がわからないですよね。

AdSenseとは

Googleが提供する自分のWebサイトに広告を掲載して収益を得るための広告配信サービス
コンテンツの内容に合わせた広告が自動で配信され、広告がクリックされると収益が発生

動画を見ようとすると、たまに流れる広告の正体がこのパートナープログラムです。

このパートナープログラムを利用すると、

インストリーム広告

動画を見ているとたまに流れるインストリーム広告が配信されます。スキップされずに最後まで広告を見てもらえると収益が発生。

他にも、サイドバーと動画の下の方にも広告が表示されます。

オーバーレイ・サイドバー広告

赤枠で囲んだ部分ですね。こちらはクリックされて初めて収益が発生する仕組みになっています。

実際いくら収益が発生するのか

パートナープログラムの仕組みを説明しましたが、気になるのは実際はいくら収益が発生しているのかというところ
タロログでもYouTubeチャンネルはありますが、残念ながらまだ参加条件を満たしていません。

そこで、ネット上で収益を報告している方の情報を元に調べていきたいと思います。

WAROCOMさん・・・1再生あたり 0.06円

イケダハヤトさん・・・1再生あたり 0.1円

LURECROWさん・・・1再生あたり 0.0069円

動画る.netさん・・・1再生あたり 0.15円

人生サイキドウ通信-Met-さん・・・1再生あたり 0.3円

報酬を公開することは規約違反となるため、はっきりとした金額まではわかりませんでした。
動画のジャンルや視聴者層、再生時間によっても収益が変わってくる様です。

おそらく1再生あたり0.1円程度ではないでしょうか。
みなさんが言っている数字にあまり幅もないですし、こんなもんでしょう。
(人生サイキドウさんは追い込まれまくっていることを視聴者が理解してるから視聴者が広告を見てくれるのかなと、、、)

パートナープログラムだけを使ってユーチューバーとして生活していくのはかなり大変そうですね。

その2 スーパーチャット

YouTubeの収益化システムの2つ目は「スーパーチャット」

YouTubeのライブ配信をみたことはありますか?
PCで見ると動画の右側にあるチャット欄の上の方に金額が出てたりします。

スーパーチャット

これがスーパーチャット。

ライブ配信限定となりますが、視聴者が100円から50,000円までのお金を送ることができて、送金するとチャット欄の上の方に固定表示されます。

金額が大きいほど固定表示される時間が長くなり、ユーチューバーの目に止まりやすく、バーチャルユーチューバーで1時間で100万円以上スーパーチャットがもらえている方もいるそう。視聴者の年齢層が高めの方やファンがついているユーチューバーであればスーパーチャットで稼げますね。

ちなみに、レベ全地球さんはLine Liveにて30分で130万近く稼いでいました。笑

その3 スポンサーシップ

スポンサーシップはYoutube Gamingでのみ利用可能です。
利用しているチャンネルはチャンネル画面の右上のチャンネル登録画面の左側に表示されます。

スポンサーシップ

視聴者が月額490円でメンバーになり、スポンサー限定の特典がもらえます。月額の7割がユーチューバーに収益として入るので、スポンサー1人当たり343円。スポンサーが500人も集まればそれだけで生活できそうです。

スポンサーシップを利用すればスーパーチャットよりも収益が安定しますね。視聴者はスポンサーになることでバッジが表示されてチャットで目立ち、ユーチューバーに認識してもらえる様になるメリットがあります。

今後はスポンサー限定コンテンツなどが増えるかもしれません。そうなってくると今後、スポンサーシップが流行ってきそう!

YouTubeの収益化まとめ

現在、YouTubeにある3つの収益化システムをご紹介しました。基本的にライブ配信をしないユーチューバーであればパートナープログラムのみを利用して収益化することになるでしょう。

1再生あたりの単価は思いの外安く、0.1円程度なので、チャンネル登録者が少ないユーチューバーは、ライブ配信をメインに活動している人の方が稼いでそうですね〜