ホームページの分析のために最低限必要なもの

ホームページを作った際にサイトの分析のために『i2i』というツールを進めている方を見かけますが、はっきり言ってやめておいた方がいいです。

大きな理由は2つ

1.サイトのパワーが落ちる

この機能を使うと、i2i関連へのページへ数本リンクが発信されてサイトのパワーが落ちるからです。しかもその発リンクは全てページから発信されます。劇的に順位が落ちるわけではありませんが、確実に違いはあります。

2.細かい分析ができない

アナリティクスであれば、ユーザーの行動がほぼすべて分析できます。
検索キーワード、表示したページの回数、どのリンクから来たのか、などなど

もちろんメリットもあるんですが、そのメリットは『導入が簡単』ぐらいです。
だから教えるのが簡単なi2iを進める人が多いんですが、そういうレベルの低いことはやめましょう。

今はちんぷんかんぷんでも、こういった分析を続けることで、確実にあなたのマーケティングスキル向上につながります。

今回紹介するのは本当に初歩の一歩目の導入ぐらいのレベルのものなので確実に入れておいてくださいね。

1.Googleアナリティクス

Google様が提供してるサイトの解析ツールです。非常に高機能でしかも使いやすい。
簡単に管理画面を紹介すると、

アナリティクス

これは管理画面の一つですが、こんな感じで様々な分析ができるようになります。

2.ウェブマスターツール

あなたのサイトをGoogleに向けて最適化してくれるもの。インデックスが早くなったり、サイトのダメなところを指摘してくれたりします。
更に!あなたのサイトが不適切なコンテンツやスパムの予兆があれば、メッセージとして報告してくれます。

サイトがペナルティを受けてからでは『知らなかった』では時すでに遅し、、、
最悪の場合はサイトがGoogleの検査結果に表示されなくなる場合があります。

と、まあこんなことが無いように導入しておいた方が良いわけですね。

初心者の方には少し難しいかもしれませんが、導入方法はこちらから説明していますので是非ご覧になってください。

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    タロウ

    1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!