グーグルアドセンスのアカウント取得方法

ブログを始めたから少しでも収益化に結びつけたい。

アドセンスとはGoogleのインタレストマッチング広告のことです。
個々人の検索ワードや表示したサイトのジャンルを分析して、
その人が一番興味のありそうな広告を表示してくれます。

たまに、『あれ?この広告見たことあるぞ?』っていうのがありませんか?
それはアドセンスに追われています。

アドセンス広告の種類

表示サイズは様々ですが、表示形式にはテキスト広告と画像広告の2種類があります。

テキスト広告

アドセンス テキスト広告

イメージ広告

アドセンス イメージ広告

クリック単価は5~100円まで様々ですがトレンドサイトの平均値は30円程度になります。
クレジットカードや金融系の広告は単価が高いとされていますが、その辺はアクセスしてきた人によるのでとりあえずアクセスを集めることに集中しましょう。

※記事の質が低いと単価が低くなる傾向にあるようです。

グーグルアドセンス取得

グーグルアドセンス取得までには2つの審査があります。
一次審査はロボットが審査しますが、二次審査は人の目が入るといわれています。

一次審査で落ちることはほぼありませんが、二次審査は合格率80%ぐらいです。
また、期間は合わせて10日以内に合否がわかると思ってください。

グーグルアカウント登録
https://accounts.google.com/SignUp?hl=ja

AdSense 取得公式動画
https://www.youtube.com/watch?v=Kl9qs52W5y4

アドセンスアカウント取得はこちらから↓
https://www.google.com/adsense/login/ja/

アドセンス一次審査のポイント

オリジナリティのある記事を5本以上書く

アドセンスの申請の前にブログに記事を書いておきます。というのもサイトに書いてある記事を見て判断されますので、当たり障りのない文章を5~10記事ほど書きましょう。

内容はなんでもいいですが、グーグル先生はオリジナリティのないコンテンツを非常に嫌いますので、きちんと自分で文章を書いてください。コピペは禁止です。本当はオリジナリティに加えて、価値のある内容であればベストですが、アドセンスの審査に受かる程度であれば、砕けた内容でも問題はありません。

ですがあまりにも価値がない記事、例えば「今日は友達と遊びに行って、テレビを見て楽しかったです。」みたいなレベルで書くのはやめましょう。

どこに遊びに行ったのか?
どのお店に行ったのか?
何のテレビを見たのか?

こういったことがかければOKです。

申請の前に確認

NGワードを含んでいないか?

アダルトとか反社会的が含まれていると審査に落ちます。

明確なボーダーラインが発表されているわけではないのですが、僕は小学生に話せるかどうか?というのを一つの目安にしています。

たとえば、
○ケンカ
×暴力

○バスト
×乳首・おっぱい

みたいな感じです。あくまで、なんとなくで理解してください。

画像、動画は使用しない

アドセンスは著作権にうるさいので、画像はもちろん動画も使用しないようにしましょう。
自分で撮影した画像であっても辞めておいてください。

 

アドセンス二次審査に進む

アドセンスの二次審査は実際にサイトにアドセンスを設置します。

関連記事

ワードプレスにアドセンスを表示させる方法

ソネットブログにアドセンスを設置する方法

 

アドセンス審査に落ちた場合

審査に落ちた場合その理由は、
【コンテンツ不足】か【NGワード】
このどちらかです。

記事を見直してキーワードを削除しても、記事を追加しても審査に受からない場合であればサイトを作り直す方が早いです。

関連記事
アドセンスアカウントが停止になる8つの原因

審査後

そして一次審査二次審査に受かっても、お金が振り込まれる前にもう一つ行わないといけない作業があります。

それは郵送されてくるPINコードの入力です。

しばらくするとこんなのが来るので、

そのハガキに書いてあるPINコードを入力するとアドセンス報酬を受け取れるようになります。

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

11 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    タロウ

    1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!