【少額から高額まで】これなら稼げる!?主婦におすすめの副業3つ

主婦におすすめの副業

主婦が在宅で行える副業には、アフィリエイトやネットオークション、FX、株、写真販売など様々あります。中には「スマホでワンクリックするだけで月20万稼げます」などと、かなり怪しい副業の広告も存在しますが、下手に手を出すのは危険というもの。やはり、実働型や若干の投資額などがあって初めて収入が得られる副業のほうが安全です。

また、主婦が副業で稼ぐ場合、夫の扶養内に収めるか否かで稼ぎたい額も変わりますが、月額数千円のお小遣い程度から50万円程度とかなり幅があります。この記事では、在宅主婦におすすめの副業として、確実に稼げるものと大きく稼げる可能性があるものを厳選して3つ、ご紹介します。どんな副業をしようか迷っている人はぜひ参考にしてください。

クラウドソーシング:初期費用0で確実に稼げる

主婦が在宅で行う副業として、もっともおすすめなのは、『クラウドソーシング』です。

クラウドソーシングは、インターネットを介して発注・受注・決済が行われる仕組みのこと。このようなマッチングサイトのことを「クラウドソーシングサイト」といい発注者と受注者を安全かつ簡単に繋いでくれます。

主婦の場合、初期投資ができないケースが多いものですが、副業を始める際に1円もかからずに着手できるのは大きな魅力でしょう。

難易度

★☆☆☆☆

クラウドソーシングの副業はリスクがほとんどない実労型となります。スキルがあるなしにかかわらず、スキルに応じた仕事を自分で選択できるので難易度は普通です。確実に毎月数万円以上稼ぎたい人に向いています。

クラウドソーシングの始め方

クラウドソーシングで最も有名なサイトは『クラウドワークス』と『ランサーズ』です。クラウドソーシングを始めるためには、これらのサイトへ登録しアカウントを作ります。

その後、

  1. 数ある発注から自分に合った仕事に応募し
  2. 採用 or 不採用
  3. 採用の場合、具体的な業務の確認後、着手
  4. 納品

という流れです。発注内容には書くべき内容や金額が記載されているので、できそうな仕事かどうかを確認してから応募してください。納品物に対して発注者の検収が終われば、クラウドソーシングを通じて報酬が支払われます。

主な仕事内容

基本的にパソコンでの作業がメインですが、発注元はクラウドソーシングの発注者は大企業もいれば個人も発注できますので、その仕事内容は様々。

大きなカテゴリとしては、
特別なスキルが必要な

  • システム開発
  • ホームページ制作
  • 翻訳

特にスキルや経験が必要のない

  • ライティング
  • ネーミング
  • データ入力

などがあります。

クラウドソーシングのメリット

怪しい副業だと、お金が本当に振り込まれるだろうか?といった不安を感じますが、こうしたクラウドソーシングを利用すれば、登録した口座に確実にお金が振り込まれるので、安心して副業に取り組むことができます。

他にも、イラストが描ける、ホームページを1から作れるといったスキルを活かして副業できるのもメリット。また、特にスキルはなくても文章を書くことが好きなら、ライティングの仕事もおすすめです。初心者でも発注者がわかりやすく指示してくれることが多いので心配は要りません。

扶養内で副業をしたい主婦なら、受注量を自分でコントロールできるのも大きなメリットと言えるでしょう。

クラウドソーシングってどのくらい稼げるの?

特別なスキルが必要なシステム開発などは発注内容によって異なるので一概に言えないのですが、
在宅主婦に人気がありもっとも着手しやすいライティングに関して言えば、1文字1円程度から2円程度が一般的です。

例えば、発注者からの要望が2,000文字であれば、2,000円~4,000円稼げる計算になります。人によっても違いますが、2,000文字程度をライティングするのにかかる時間は、約3~4時間程度だと考えておきましょう。

仮に、上記の文字数と金額で20日間ライティングを行った場合、4万円~8万円を副業で稼げることになるので、パートに出たのと同程度のお金が稼げます。ただし、クラウドソーシング会社の手数料として20%程度が差し引かれた額が振り込まれます。

クラウドソーシングでたくさん稼ぐために

資格保有者などには発注者から直接オファーが来ることもあるので、1文字3円程度で受注することも可能です。プロフィール欄には自分のできることをしっかりと記入してPRしておくことをおすすめします。また、納期をきちんと守ることや品質を向上させるための努力を積み重ねることも稼ぐ金額をUPするコツです。

参考サイト:クラウドワークス「専業主婦だから稼げる!副業でライターデビュー!

Airbnb(エアービアンドビー):部屋を貸して稼ぐ副業

Airbnb』が運営するシステムを使い、賃貸料金で利益を得る副業です。海外・国内を問わず、旅行客に自分の管理下にある部屋などを貸しだすことができます。

日本ではまだ珍しいと言える副業ですが、世界に目を向ければ190ヶ国以上で展開されています。

自分が住んでいる家の部屋を貸す人や使い道のなかった空き家や別荘を貸す人、ビジネスとして新たに物件を借りて始める人も。いわゆる民泊のようなイメージです。

Airbnbに登録すれば、貸したい人と借りたい人の仲介・代行役をしてくれます。

Airbnbは、2008年にアメリカのベンチャー企業が立ち上げたビジネスシステムで、日本にも法人が設立されています。そこにホスト(貸す側)として登録し、実際にゲスト(借りる側)がチェックインしてから24時間以内にAirbnbを通じて賃貸料金が支払われるシステムで、3%の手数料が賃貸料金から差し引かれます。

難易度

★★★★★

Airbnbのホストになって稼ぐのは、かなり難易度が高いです。そもそも貸せる部屋などがある人が大前提ですし、英語が少しはわかり、人との交流が好きで海外の文化を体感したいなど、稼ぐ以外の意識も必要となります。

しかし、そのハードルを越えることができれば大きなお金を稼げる可能性があります。

Airbnbのホストの仕事内容は?

自分で所有している部屋を他人に貸す仕事です。貸せるのは、家や部屋だけでなく庭などのスペースもOK。

旅行客によっては、庭を借りてテントで眠るスタイルを希望する人もいるなど、ニーズは様々です。また、食事を用意するか否かなどの細かい部分や賃貸料金も自分で決めることができます。

ホスト(運営者)とゲスト(宿泊者)のマッチングサイトであるAirbnbに無料登録し、部屋などの写真や情報をアップします。具体的な仕事は、ゲストとの連絡や当日のカギの受け渡し、貸し出す場所の清掃など、いわゆる宿泊に関する一切の作業です。ただし、海外の利用者が多いため、ある程度の英語力などがないとメールのやり取りに苦労することもあります。

Airbnbのメリット

様々な国の人と交流が持てたることと、大きく稼げる可能性があるのがこのメリット

しかし、貸せる部屋があるのに英語力の不安や鍵の受け渡しなどが面倒だと考える人も多いようです。

実は、こうした一切の作業を代行してくれる運営代行サービス会社があり、賃貸料の約10~20%程度の手数料を払って利用すれば、すべて面倒なことは代行してくれます。副業として実労がないのは魅力的ではありますが、そのせいで収益がほとんど上がらないということもあるようです。

Airbnbのホストになるとどのくらい稼げるの?

貸す部屋の立地条件や設定する賃貸料金によっても変わりますが、一例を挙げてみます。

東京・渋谷駅から徒歩5分、2LDK(6人収容可)の物件を1泊2.5万円で貸すとします。
1ヶ月12日間稼働させれば30万円の売り上げです。
そこから、Airbnbに3%+運営代行サービス会社への手数料20%を差し引くと、23万円の収益となります。

このような賃貸が10万で借りることができていれば、家賃を払っても手元に13万円残る計算です。
こうした物件などが複数あれば、さらに稼げる額は膨らんでいくので副業の域を超えてしまうかもしれません。

Airbnbでたくさん稼ぐコツ

貸し出す物件は、とにかく魅力ある部屋にすること。それには清潔さはもちろんのこと、くつろげる調度品やリネン類の充実度、Airbnbへの魅力的な写真UPや紹介文なども工夫する必要があります。海外からのゲストが多いことを踏まえると、”和”のインテリアもおすすめです。

さらに、利用したゲストがAirbnbに良いレビューを書いてもらうのも、稼ぐ金額をUPするのに繋がります。

運営代行サービス会社だけに頼らず、宿泊時に顔出しして会話したり記念写真を撮影したりと、積極的にコミュニケーションをとっています。こうしたホストさんには良いレビューが増えるのでリピーターや新規のゲストが付き、結果として稼ぐ金額もUPします。

もちろんプライベートが欲しいという方も多いので、臨機応変に対応しましょう。

Airbnbで稼ぐ際の注意点

Airbnbでの物件は自分の管理下にあることが基本です。賃貸物件を勝手に登録するのは避けましょう。ただし、副業として本格的に取り組むなら、『booken.jp』といったAirbnbでの運用可能な物件を紹介する会社を利用すると安心です。

アンケートモニター:アンケートや試供品モニターで楽しく稼ぐ

パソコンだけでなくスマホですきま時間を活用する副業もあります。その代表的な副業が、モニター募集会社に登録をしてコツコツと稼ぐ仕事です。

モニターを募集している会社はたくさんありますが、『リサーチパネル』や『マクロミル』は特に人気があります。

報酬はポイント制のところが多く、そのポイントを現金やギフト券に交換することが可能です。
※登録先によって報酬支払形態は異なりますので確認してください。

難易度

☆☆☆☆☆

アンケートモニターの副業はリスクがほとんどない実労型ですが、誰にでもできる簡単な内容なので、難易度はかなり易しい部類になります。

アンケートモニターの仕事内容は?

インターネット上のモニター会社に無料登録し、自分の希望するアンケートに答えたり、企業のサンプル商品を使用した感想を送ったり、時には指定会場での座談会に出席して報酬を得る仕事です。

テレビや新聞などでも主婦におすすめの副業として紹介されるほどメジャーなので不安になる必要はありません。逆に、楽しく取り組めて稼げるので精神的・肉体的ストレスが低い副業とも言えます。

多くの案件はオンラインで完結し、ノルマなどもありません。

アンケートモニターの始め方

まずはアンケートモニターサイトに無料登録しますが、幅広いアンケートに答えられるよう1社だけよりも複数社登録するのがおすすめです。登録後は、自分の属性に合ったアンケートの依頼がメールで届くので、パソコンやスマホなどから気に入ったアンケートに答えます。

アンケートモニターのメリット

簡単なので長期間継続できることや、試供品や販売前の商品を誰よりも早く体験できるのもメリットです。また、スマホでも可能にできるので、寝る前などのすき間時間を有効に活用できます。さらに、様々なアンケートやモニターを続けていくうちに、自然と知らない分野の知識が増えるのも嬉しいメリットです。

どのくらい稼げる

アンケートモニターでどのくらい稼げるかと言うと、どれだけ時間を割くかによっても異なりますが、5,000円程度とかなり少ないケースがほとんど。しかし、何もしなければこうした金額を手にすることはできないので、お小遣い稼ぎ程度と思って取り組むのがおすすめです。

アンケートモニターでたくさん稼ぐコツ

稼ぐ金額をUPするには複数社に登録して数をこなすことです。そして、誰よりも良い案件に参加するためにメールをすぐに確認しましょう。また、1万円程度と単価の高い座談会や各調査案件にも積極的に応募することをおすすめします。

まとめ

稼ぐ金額の違いはあるものの、主婦が在宅で副業できることがおわかりいただけたかと思います。外で働くのが無理な環境の人や少しでも良いから家計の足しに稼ぎたい!という人にとって稼げる環境はすでに整っていますので、ぜひチャレンジしてみてください。

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?