早起きは3800円の徳

早起きは三文の徳と言いますが、

そもそも三文は全然価値がないんですよ。

現在の値段にしてだいたい100円ぐらい。(全然ってことはないか)

 

だから早起きは三文の徳というのは、

『早起きすれば小さな得があるよ』ってことです。

じゃあこのわざわざ100円程度いらないよっていう人もいると思うんですが、

そうじゃなくて、習慣というのは複利で効いてくるものなんです。

例えば、毎日30分早く起きて、

  • プログラミングの勉強
  • 資格の勉強
  • 英語の勉強

をすれば、作業が効率化され、仕事が早く終わるようになるかもしれません。

早く仕事が終わって空いた時間を次の仕事や勉強に費やせば、

さらに成長が加速します。

 

成長スピードが加速していけば、仕事の効率が上がる。

仕事の効率が上がれば、成長スピードが上がる。

 

このスパイラルにはいることができれば、

習慣に複利の力が宿ります。

(もちろんある程度のところで満足して、勉強を辞めて自分の時間にしてもいいですが)

 

複利成長というのはすさまじいもので、

自分の能力を毎日1%ずつ向上させ続けると一年後には

1.01の365乗=37.8倍の自分になります。

 

しかし、『これくらいでいいや』と、

毎日1%ずつ手を抜き続けると

0.99の365乗=0.03倍の自分になります。

 

ここには100倍の能力の差が生まれるわけです。

 

ちなみに、孤高の天才物理学者である『アインシュタイン』は

『この世で最大の発明は複利だ』とも言っています。

  • ちょっとだけ頑張るか
  • ちょっとだけ手を抜くか

これだけで100倍の差

 

だから早起きが100円(三文)にしかならないのは、継続と成長をしない前提の話で、

ただ早く起きただけの時の話なわけですよ。

 

幼稚園生が朝5時に起きても、

むしろ成長によくないでしょうが、

学生や社会人が朝5時に起きる場合は

何か意味があって早起きするはずなので、

早起き≒向上・成長 につながっているわけです。

 

なので仮に毎日1%成長のために努力を続ければ、

一年後には早起きの価値は

100×37.8倍=3780円になるわけですね。

 

早起きして毎日1%の成長。

一年で3800%の成長。

 

一日の早起きで100円の得

一年間早起きを続けたら毎日3780円の得

 

明日から早起きをしようと思います。

 

 

 

すみません。

今日11時に起きました。

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

3 件のコメント

  • 仕事がない日は早起きするが、洗濯までしたら何故か眠くなり、昼寝そして早寝。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    タロウ

    1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!