どんなクズでもバレンタインデーにチョコを7個以上もらえる5つの方法

バレンタインデー終わりましたね。

僕も僕なりに努力しました。

そしてその結果7個という、僕の人生ではなかなかの数のチョコをもらうことができました。

『7個?少なwww』とか『普通じゃん』と思う人もいるかもしれませんが、
僕の非リア充っぷりを知っている人からしたら驚きの成果であることはご理解いただけると思います。

今日はそんな僕が行った、バレンタインデーのチョコをもらうための5つの方法を紹介したいと思います。

どうやったらもらえるか女の子に聞く

まずはリサーチからです。

どんなに優れたマーケッターであっても感覚では動きません。まずは市場の声を大切にしてください。

僕はランサーズで30人に聞きました。
ってか本当はこれだけの記事にしようと思ってたんですけど。

とりあえず全部紹介します

職場の女性部下に差し入れを

部下に女性がいる場合、3時のおやつにちょっとしたお菓子を差し入れするのはどうでしょうか?女性は甘いものに目がないです。「昨日お菓子いただいたから…」とお返しにチョコをもらえるかもしれませんよ。

心から彼女のことが好きだと告白する

心から彼女のことが好きだったと告白すれば、大体の女性は心が動きますので、チョコをもらえると思いますね。

先にプレゼント作戦

職場にいる女性社員に、「美味しいケーキ屋を見つけたから良かったら皆でどうぞ」と渡します。
ちょっとお金はかかるけれど、これが一番有効な手です。
先にプレゼントを貰っておけば、女性は義理でも「丁度良かった、お礼に」とチョコをくれます。

身内や親せきには

身内や親せきには、チョコレートが明日ほしいと直接はっきりという。確実にもらえるようにしつこくても可。道場でもらえるかもしれない。

みえみえかもしれませんが

みえみえかもしれませんが、2月13日のランチに、部の女の子達数人を、ちょっと良いレストランに誘って、ランチコースをご馳走してあげる。お返しにチョコレートを、と絶対に誰か1人は言い出すと思いますよ。コースと言っても、1500円位で充分だと思います。

かわいい人になる

「もーしょうがないわねー、そんなにチョコほしいんならあげるわよ。」と思わせるために、かわいらしくごねてみるのはどうでしょうか。チョコ欲しいチョコ欲しい!とみんなにアピールするのです。

会社の帰りにご馳走してあげてデパートによる

会社の帰りに好きな彼女にご飯をご馳走してあげてから、そのあとにデパートのチョコレート売り場の前をそれとなく通る。

チョコ好きアピール

もちろん!チョコ好きをアピールするに限りますね。
あとは前日からお疲れ様、ありがとう、などの気軽な一声をかけると効果的です

義理でもいいのでチョコをくださいと言う

ここは、真面目に直接チョコが欲しい相手に義理でもいいのでチョコをくださいと宣言するといいと思います。

会社の女の子に

会社の女の子に明日チョコをくださいと、直球で言う。義理チョコはまだ買っていないかもしれないから、ついでにもらえるかもしれない。

なりふりかまわず欲しがる

バレンタイン前日からチョコをもらえるようできることというとこれはもうハッキリと誰彼かまわず明日はバレンタインだねと匂わすしかありません。なりふりかまわず欲しがらなければ前日から貰うことなどできないと思います。

貸し作るの嫌だし、チョコで返しとくか。

たまたま明日バレンタインだし、チョコでもあげとけばいいか、って思わせるのがいいと思うので、お礼してもらえるような事をすればどうかな。次の日にせまるバレンタインのために女子は早めに帰りたいので、残業になりそうな女子に声をかけてあげましょう。ただ今年のバレンタインは土曜日のため、そのまま流される危険も大ですね。「これ、貸し1ね。俺甘いもの好きだなぁー」なんて言っておきましょう。義理堅い女子や本当に助かった女子は週明けにきっとくれると思いますよ。ひとりに絞らず数打っておきましょう。

見返りに期待しましょう

人は親切にされれば親切にしたくなるものです。
会社で仕事を教えてあげたり残業を変わってあげたりミスをフォローしてあげるだけで良いと思います。
ちょっと面倒臭いな、と思うことを率先してやり、相手にそれとなく自分がやってあげたことを表現できたらそのお礼としてチョコがもらえると思います。

飲み会などに誘っておごってあげるとチョコがもらえます

会社の好きな社員の女性に飲み会や彼女の好きそうな食べ物やさんに誘って、おごってあげればチョコは義理でももらえます。

正直に言っちゃえば?

チョコを貰ってほくそえんでいる同僚を横目に、正直に言ってしまいましょう。
「いいな〜、僕も欲しいな〜」と。
おこぼれをもらえるでしょう。
義理チョコを配る風習のある会社なら、余分に用意をしているものです。

身内や友達に

身内や友達に、車出すから一緒にチョコを買いにいかないかな?と誘ってみる。何かチョコ売場に用事があれば、そのお礼にチョコがもらえるかもしれない。

好きだと告白してしまう

あらかじめ約束をして、好きだったと告白してしまえば彼女の気持ちも動いて義理でもチョコがもらえますよ。

早めのホワイトデーをやる

3月14日のホワイトデーを早くやってしまうといって、彼女の好きそうなお菓子を買ってプレゼントしてしまう。

チョコレートをもらうということをバレンタイン直前に考える

バレンタイン手前でチョコレートがほしいなと思っている男性は同じ職場の女性たちにやさしくすることだと思います。
特にバレンタインデー前日にでもランチをごちそうするだけでも印象はちがってくるかもしれないです。
ご飯をおごってもらったのでお礼にチョコレートくらいあげてもいいかと思えてしまうのです。
チョコレートのことは話題に出さずにさり気にやさしさを見せておくことがチョコレートをもらうコツです。

好きな女性からチョコをもらうには

バレンタインデーが近くなったら、ワインとご飯の美味しいお店につれていってあげると、チョコはもらえると思います。

先取りバレンタイン

女性社員とバレンタインの話はせずに、どこのお店のケーキが美味しいとかお菓子屋さんの話をします。
甘い話の流れでチョコにまつわる自分の体験エピソードやチョコにまつわる話をすれば、あーそういえばバレンタインあげなきゃなぁという気持ちを持ってもらえるはず。

お返しで釣る!

女性に「2/14にチョコ貰ったらすぐお返し出来る
ようにブランド物のタオルハンカチを多めに買った
んだけど、ちょっと多過ぎたかも。」などと相談風
に女性に言ってみる。

気がありそうなもらえそうな人に

気がありそうなもらえそうな人には、自分も好きなことをアピールする。きっかけをくれたことに感謝して、翌日チョコをもらえるかもしれない。

彼女の好きな食べ物を買う

チョコをもらう前に、彼女の好きそうなスイーツをそれとなく、プレゼントするとお返しにチョコがもらえます。

お返し効果でチョコレートを貰う

バレンタインにチョコレートをくれたらホワイトデーに倍にして返します!と言う事を女性の前で公言する。ネタっぽく言うといいです。

てっとり早く言ってしまう

その人のキャラにもよりますが、「明日チョコちょうだい」と言ってしまえばかなり高い確率でチョコレートをもらえると思います。

とにかく誰でもいいからほしい場合

とにかく誰でもいいからほしい場合は、話しかける女性にホワイトデーのお返しの素晴らしさを伝える。お返しを期待してもらえるかもしれない。

好きな彼女を褒める

とにかくチョコをもらいたいと思っている彼女のいいところを褒めることです。
それも誰もが共感するようなことがいいです。

何かを手伝ってあげる

目当ての女性が重いものを持っていたら持ってあげたり、困っていたら助けてあげるなどすると日頃のお礼にチョコをもらえる可能性が高まると思います。

友チョコの交換

そこまで日にちがせまっているのなら、義理でも欲しいことを女性社員伝えるか、もしくは自分も当日友チョコを持ってくるから交換しないかと直接もらいたい女性に言うのがいいかと思います。そのとき不自然な流れにならないよう、今流行りの友チョコというキーワードを出しましょう。

SNSでくれくれ言う

正直に欲しいと言いましょう。

僕も2〜3回チョコをくれと投稿しました。個別にも攻めました。

message2

チョコを僕に渡すことのベネフィット(メリット)を伝える

人は対価なし動きません。

webページでも商品を販売する際には、『これを買うとこんな効果がありますよ〜』と言って成約率を高める方法があるのですが、バレンタインデーも全く同じです。

fb

「これってバレンタインデーだよね?」って言う

バレンタインデー前日にお食事に連れて行っていただいた店のチョコレートケーキを食べる前に

『これは??まさか〜〜?バ、、、レ、、、ン、、、?』とプレッシャーをかけながら聞くことによって
『そうだよ(笑)バレンタインデーでいいよ(笑)』とか無理やり言わせることができました。

バレンタインデーに過程は関係ありません。

結果のみが重要なのです。

Siriにお願いしてみる

S__9830402

 

いかがだったでしょうか?

2015年のバレンタインデーはもう終わってしまいましたが、2016年はこの方法を使ってもらえる数を増やすように努力してください

 

ちなみに

この記事のタグは【努力】と【勝利】にしておきました。

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    タロウ

    1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!