ヒゲ脱毛は痛くない?ひげ脱毛で使う麻酔の効果・価格について

ひげ脱毛について色々調べていると

「ヒゲ脱毛=痛い」という印象思っている方が多いようですが、、、

その考えは当たっています(笑)

実際ゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんは「ヒゲ脱毛は一番(?)痛い」と言っていますが、

それでもなんとか麻酔を使って脱毛をしているようです。

麻酔による効果は人それぞれで、「麻酔をしても全然痛い!」という人もいるんですが、確実に言えるのは多少は痛みが軽減されます。

今回はひげ脱毛を行う際の麻酔の効果はどれくらいなのかや、麻酔の種類、価格などをまとめました。

医療レーザーによるひげ脱毛はどれくらい痛いのか

脱毛方法には「フラッシュ脱毛」「医療レーザー脱毛」「ニードル脱毛」がありますが、医師のみが施術可能で高い効果を得ることができるのが「医療レーザー脱毛」です。

ひげの毛根にある細胞を破壊するレーザーを使用することが医療行為に該当するため、医師しか行うことができません。

サロンで受けることができるフラッシュ脱毛よりも強力なレーザーを用いるため、痛みを伴うのがネックになっている方もいるのではないでしょうか?

医療レーザーでひげ脱毛した人の反応

医療レーザーでひげ脱毛をした人は、次のようにtwitterでつぶやいています。

というように、「死ぬほど痛い」「涙たまるほど」などみなさん痛い思いをして施術を受けていることが分かりますね。

脱毛と言うと、よく「輪ゴムでパチンとされる程度の痛み」という表現が使われますが、twitterにもあるようにそんなものではない痛みなのです。

実際に検証して見た結果はゴムパッチン3mほどの痛みでした。

ひげ脱毛の痛さはどれくらいなのか完全再現してみた

2019.02.15

どうして痛いの?

ひげ脱毛はどうして痛いのでしょうか?

脱毛できる毛は全身いたるところに存在しますが、ひげは特に痛い部位と言われています。

その理由は次の通りです。

  • 毛根が深いところにあるから
  • 毛の色素が他の部位より濃いから
  • 毛の密集度が高いから
  • 顔は日焼けしやすいから

レーザーは黒い色素(メラニン)に反応するようにできているため、色黒の人や日焼けをしやすい顔は特に痛みが伴います。またひげは他の毛と比較して濃く太いため、レーザーの反応を強く受けやすいのです。

ちなみに実際に痛みを説明するとこれくらいです

痛みを軽減するには麻酔を使うしかない

ひげは体の中でも特に強く痛みを伴いやすい部位であることが分かりましたね。でも、あなたは痛いのが嫌だからといって脱毛を諦められますか?

痛みに弱い方なら「諦める」という選択をする人もいるかもしれませんが、諦めるのはまだ早いです。

医療レーザー脱毛は医師がいるクリニックでしか受けることができませんが、医師がいればひげ脱毛を行う際に「麻酔」を使用することができるのです。麻酔を使うことで痛みが減るのなら、痛みに弱い方でも「痛くない」「きちんと効果が実感できる」医療レーザー脱毛を受けやすいのではないでしょうか?

ひげ脱毛で使われる麻酔の種類・効果

医療レーザーによるひげ脱毛で導入されている麻酔には、次の3種類があります。

  • 笑気麻酔
  • 麻酔クリーム
  • 麻酔注射

それぞれ効果や特徴が異なるので一つずつ見ていきましょう。

笑気麻酔

「笑気ガス」とも呼ばれる麻酔で、手術をするときのように鼻・口にマスクをあてて、出てくるガス(亜酸化窒素)を吸うことで痛みを感じにくくします。(注:意識はあります)

亜酸化窒素を吸うと、体・気持ちがリラックスした状態になるため痛みを感じにくくなるのです。

メリット

  • 副作用が少ない(たまに頭痛・吐き気を訴える人もいる)
  • 短時間で効果が得られる(時間がない方におすすめ)

デメリット

  • 鼻呼吸ができないと使用できない(鼻づまり・喘息などの方は注意)
  • 痛みを抑える効果は麻酔クリームのほうが高い
  • 吸っている間だけ効果が得られるため、施術後痛みを感じる場合もある

 

麻酔クリーム

麻酔クリームは高濃度表面麻酔クリームとも呼ばれ、脱毛する部分だけに塗って使います。麻酔効果を得られるリドカインやキシロカインが成分となっていて、肌から皮下へ浸透していくと肌が麻痺し痛みを感じなくなるのです。皮膚表面に使う局所的な麻酔で、痛覚神経を麻痺させます。

メリット

  • 神経を麻痺させるため効果が高い
  • 塗るだけなので作業が簡単

デメリット

  • 効果が出るまで30分以上かかるため時間がない人には向かない
  • リドカインやキシロカインに対するアレルギーがある人は使用できない

 

麻酔注射

ひげ脱毛の手術で使う麻酔として、あまり導入しているクリニックはありませんが、麻酔注射という方法もあります。

麻酔クリームと同じ成分(リドカインなど)の麻酔液を注射器で血管へと注入します。痛覚を感じる抹消神経を麻痺させ痛みを感じなくさせることができます。

メリット

  • 効果が約10分と短時間で現れる
  • 麻酔の効果を持続できる時間が1~3時間と長い

デメリット

  • 扱っているクリニックが少ない
  • 施術後に飲食しづらい(麻酔の効果が残っているため)
  • 注射が苦手な人にはつらい

 

ひげ脱毛に麻酔を導入しているクリニックと麻酔の価格

医療レーザーでひげ脱毛を行っているクリニックでは、オプションとして麻酔を導入しているところが多くあります。おすすめのクリニックで取り扱っている麻酔と価格をご紹介しましょう。

湘南美容クリニック

全国70院という大規模で展開しているからこそ実現できる低価格が人気の湘南美容クリニック。こちらでは笑気麻酔をオプションで付けることができます。

クリニック名 湘南美容クリニック
電話番号 0120-489-100(受付時間10:00~23:00)
クリニック数・主なクリニック 全国70院
価格 ・ひげ3部位(上口ひげ・あご、あご下)
1回:9,980円
3回 :20,160円
6回 :30,350円
・もみあげ周囲・頬
1回:8,650円
3回 :20,160円
6回 :30,350円
・首
1回:6,180円
3回 :17,730円
6回 :29,280円
麻酔オプション 笑気麻酔(亜酸化窒素+医療用酸素)
1回:3,300円
(※部位や店舗で異なる)
WEB予約 可能
支払方法 現金・クレジットカード

※価格は税込です。

\ヒゲ脱毛最安値が魅力!/

ゴリラクリニック

メンズ専門の脱毛で有名なゴリラクリニックでは、笑気ガスと麻酔クリームによる麻酔が選択可能です。

クリニック名 ゴリラクリニック
電話番号 0120-987-118(受付時間11:00~23:00)
クリニック数・主なクリニック 全国5都道府県・13院
価格 ・ひげ3部位(上口ひげ・あご、あご下)
6回 :68,800円
・もみあげ周囲・頬
6回 :58,600円
・首
6回 :45,600円
アウターフォローとして追加1回100円にて3年間脱毛し放題
その他部位ごとの価格設定もあり
麻酔オプション ・笑気ガス(亜酸化窒素+医療用酸素):3,000円/30分
・麻酔クリーム:3,000円/10g
WEB予約 可能
支払方法 現金・クレジットカード(医療分割ローン対応)

※価格は税抜です。

\ヒゲが濃い人におすすめ!/

痛みに弱い人は麻酔オプションのあるクリニックへ!

医療レーザーでひげ脱毛を考えているけれど、「痛みを伴うのはイヤ!」という方は麻酔をオプションでつけられるクリニックを選びましょう。

笑気麻酔よりも麻酔クリームの方が皮膚の感覚を鈍らせる効果がありますが、クリニックによって取り扱っていない場合もあります。

でも個人的には毎回麻酔を払うぐらいだったら10分地獄の時間を我慢して美味しいものを食いたい!

ヒゲ脱毛30,350円〜

【ヒゲ脱毛】オトコの根こそぎレーザー脱毛

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter(@syuty)・Facebookから友達申請よろ!