死んでいる記事を再インデックスさせ、SEOで上位表示させる方法

記事を書いても始めのうちは残念ながらアクセスはほとんどありません。

ですので、書いて数日~1週間経った後の分析にも注力して下さい。

僕はこれを【後出しタイトル選定法】と言っています。

その名のとおり、結果を見てからこちらの手を変える方法です。

漫画のハンター×ハンターでも似たような方法で、【じゃんけん必勝法】というのがあります。

じゃんけん必勝法
これは信じられない動体視力で相手の手を見て高度な後出しをして勝つというものですが、そこまでの身体能力は求めないので安心してください。(笑

アクセス分析

これがないと何もできません。入れていない人はWordPressにアナリティクスを設定するをご覧ください。

アナリティクスを見ることによって、どういったキーワードでアクセスがあるかがわかります。
実際にアクセスがあるキーワードに対して記事をリライトするか、新しい記事を作ればアクセス数を改善していくことができます。

キーワード分析

タイトル変更

キーワードがわかったらそのキーワードのみを残してタイトルを短くすると、同じキーワードで順位が上がることがあります。

実際の例でいえば

『氷川きよしが熱愛の噂?結婚は?激ヤセした理由は?整形か?』

というタイトルで作ったのですが、実際のアクセスは、記事の中に書いてあった単語から

【氷川きよし 2014年 コンサート 日程】でした。ですので、その内容について書くために

『氷川きよし2014年のコンサート日程は?熱愛?』にしました。

これによってこの記事のアクセスは1.5倍になりました。
ただし、タイトルを変更しても、そのタイトルで記事が検索エンジンに再度読み込まれなければタイトル変更の意味がありません。

再インデックスさせる方法

ここで一旦サイトの順位が上がる要素をお話したいと思います。
外部SEOと内部SEOということもあるのですが、もっと簡単なSEOの概念に

コンテンツの【質】・【量】・【更新頻度】

というものが有ります。

ですので、記事を更新することは、SEOにつながりサイトの順位を上げるのに役立つわけですね。だからみんなサイトに記事を追加しサイト更新を頻繁にするわけです。

しかし、これは『サイト』単位の話ではなく『記事』単位の話でも起こります。つまり、記事自体を更新することによって記事の順位は上がるわけです。

記事を更新するためにはどういったことがあるかというのを簡単に紹介します。

追記

記事に必要な情報を追加して、記事を更新します。
グーグルは記事に新しい情報を追加することによって再インデックスしてくれます。

コメント

これも追記と同じ効果があります。

コメント集め上級編

オススメの方法は更新記事一覧ページを作って、ランサーズにタスク形式で感想を募集する方法です。

30文字程度であれば1感想10円ぐらいで募集することができます。コメントを数回もらい自動更新することによってグーグルの評価も上げることができます。

時々ステマでは?と言われることもありますが、僕の見解ではステマとはバレないように宣伝するほうほうであり、今回の感想募集は宣伝ではないのでステマではないと解釈しています。

募集の際には、
————————————————–

記事の執筆をしていますが、皆様の感想をいただけると幸いです。
否定的な意見でも構いませんが、ヒステリックな内容や意味不明なものは承認できません。

————————————————–
となどと書いておきましょう。

いかがだったでしょうか。

記事で圧倒的な爆発が出なかったとしても、この方法であれば一日数十のアクセスは呼べる記事にすることができますよ!

是非試してみてくださいね!^^

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!