10年間ひげを抜き続けた結果、、、ヒゲを抜くのはリスクしかない!

大学生の頃バイトしていたパスタ屋にかっこいい先輩がいたんですよ。
かっこよくて、ヒゲが薄い先輩が

その先輩に「ヒゲってどうしてるんですか?」と聞いたら

「全て抜いている」と答えていました。

それ以来、「毛は抜けば生えなくなる、もしくは薄くなっていく」という誤ったイメージを勝手に持っていたのですが、Youtubeで10年間ひげを抜き続けた人がいまして

10年間ヒゲを抜いた結果、ヒゲが薄くなっているかというと、、、

全然ヒゲ薄くなってない

流石に10年間抜いて薄くならないってことは、何年続けても「ヒゲを抜いても脱毛効果はない」と断言できるんじゃないかと

というわけで今回は何故ヒゲは抜いてもまた生えてくるのか?脱毛効果がないのか?について調べてみました。

 

ちなみに僕はこの動画に感化(絶望)して翌日湘南美容クリニックに通い始めました。

湘南美容クリニック公式サイト:
https://www.s-b-c.net/

【ヒゲ脱毛】オトコの根こそぎレーザー脱毛

ヒゲを抜くことに脱毛効果はあるのか?

ヒゲを抜くと、毛根がついているように見えると思いますが、実は「毛根」というのは先っぽだけではなく、毛に埋まっている部分全体のことを言います。

その毛球にも皮膚が盛り上がった突起状の「毛乳頭」ともう乳頭の周りを包んでいる「毛母細胞」というものでできています。

毛乳頭には毛細血管が通っており毛乳頭血液から毛の育成に必要な栄養素を吸収し、その栄養をもとに毛母細胞が細胞分裂を繰り返しながら毛を伸ばしていく

というのが、毛が生えるメカニズムです。(ヒゲにかかわらず)

毛を抜いた時に見える白っぽいのはあくまで皮脂であって、毛乳頭や毛母細胞ではないんですね。

ですので、一生懸命毛を抜いたとしても、毛細血管とつながっている毛乳頭や毛母細胞を抜く(殺す)ことはできずに毛はまた再生されていくということになります。

 

とはいえ、ずーっっと毛根を抜き続けていると、毛根にダメージが与えられて毛が生えなくなってくることもあるそうなのですが、

10年間抜き続けても薄くなっていないのでその効果はほとんど期待できなさそうです。

生えなくなるどころかリスクも

でも剃るよりはアゴ周りが綺麗になる(青ヒゲにならない)から続けているという人もいるかもしれません。が、、、

ヒゲを抜くと肌に悪影響を与えてしまいます。

主にリスクは3つ

  • 埋没毛(埋もれ毛)
  • 毛嚢炎・肌の炎症
  • 色素沈着

埋没毛・埋もれ毛

埋もれ毛とはその名の通り、毛が埋もれてしまうこと。
皮膚の下に毛が生えて行ってしまうんですね。

当然皮膚の下に毛が生えるわけですから、ヒゲを剃ってもその毛剃ることができません。

以下の動画を参考にしていただけるとイメージが湧きやすいかと思います。

埋没毛がすごくなる(皮膚の中で長く伸びる)と痛みを感じたり、その部分が青髭のように黒く見えます。
青ひげのように皮膚の下のヒゲが見える状態ですね。

埋没毛を無理やり抜くと次も埋没毛になりやすくなりますので、青ヒゲが嫌だといって毛を抜いているとその状態が一向に改善されません。
ただ、埋没毛自体は肌のターンオーバー(皮膚が生まれ変わる)によって自然に出てくるので、これから毛を抜く習慣を辞めれば大丈夫です。

毛嚢炎・肌の炎症

毛嚢炎とはニキビに似ていて、小さい白いプツっとしたものができる状態で、毛穴の中には膿が溜まっています。

毛嚢炎になる理由はいくつかあるのですが、ヒゲを抜いた際に起こる理由は毛穴に細菌が入り込み、毛根が炎症・化膿してしまうため。
そのほかの理由としては、免疫が落ちた際に雑菌が入ったりすると起こってしまします。

ちなみに僕は、キャンプに行ってその日にお風呂に入れず且つあまり寝れないと100%できます。
どうすればええんや!

毛嚢炎をガリガリして潰してしまうと、その跡が一生残ることも。
ニキビも跡が残る可能性があるというのはおなじですが、ニキビは若い時期にできるものなので、大人になってからヒゲを抜いて出来た毛嚢炎を潰すのとは肌の回復力が全然違うぞ!
一生傷が残るかもしれないから毛嚢炎を潰すのは今すぐやめるんだ!

色素沈着

色素沈着とは毛を抜いた部位が黒くシミのようになる状態のこと

以下僕の腹の写真なのですが、

夏前に腹の毛が気になってぶちぶちっと抜きまくったんですよね。そしたら毛を抜いたいくつかの毛根が黒っぽくなってしまい、2年経つ今もまだ治っていません。(毛はまた普通に生えてきているのに!!)

普通はターンオーバー(肌の生まれ変わり)によって治っていくのですが、全然治りません(笑)

これは毛を抜いた際に毛根近くに雑菌が入ると通常の傷とは比べ物にならないほど傷の治りが遅いらしく、色が元に戻らないようです。
これが綺麗に治るかどうかは、個人差がありそうなのでやはり毛を抜くべきではないですね。

これは顔ではないのですが、正直結構ショックを受けています(笑)
「一生治らなかったらやだなぁ〜」って

毛を抜いて何気なくついた傷が一生治らないこともあるので、髭を抜くのはぜっっっったいにやめましょう。

肌のリスクを減らすために

  • 埋没毛(埋もれ毛)
  • 毛嚢炎・肌の炎症
  • 色素沈着

3つのリスクを無すためにできるのは「毛を抜かない」ことです。ヒゲを抜かないためにできることはヒゲを剃るヒゲ脱毛を受けるか。しかし、ヒゲ剃りをしても肌のダメージは負担が大きいので、やはり肌のことを考えるのであればヒゲ脱毛がオススメです。

ヒゲ脱毛なら肌のリスク以外にもメリットがいっぱい

ヒゲ脱毛の良い点は、「脱毛効果を永久的に受けられること」と「医療機関で医師に相談できること」

ヒゲがなくなってしまえばゲ剃りの時間、ひげ剃りを購入する手間・費用を今後永久的に0にすることが出来ますし、
ヒゲ脱毛の過程で肌が荒れたとしても医師に相談できるので何か起きても安心。

ヒゲ脱毛唯一のリスクはヒゲを生やしたくなった時にヒゲを生やせない事ぐらいでしょうか。

まとめ ヒゲを抜いてもリスクしかない

個人的には2018年にヒゲ脱毛を初めて「ここ数年で一番いいサービスだわ〜」と思うレベルなので、全男性にヒゲ脱毛をオススメしたいのですが、そんなに困ってないのであれば毎日ヒゲを剃ってもいいと思います。

とりあえず

ヒゲを抜くのは危険だから今すぐやめてーー!!!

今は良いかもしれないけど一生傷が残るのは、ジジイになった時結構ショックだよ!

(僕はもうすでにだいぶショック)

 

ちなみにヒゲ脱毛は29,800円からと意外と安く受けられます。

しかも効果は一生。なぜ俺は18歳で通わなかったんだと早く行かなかったのを後悔しています。

ヒゲ脱毛は完全に脱毛をするためには早い人でも半年、時間のかかる人だと2年ぐらい時間がかかるので早く通うのをオススメします。

湘南美容クリニック公式サイト:
https://www.s-b-c.net/

【ヒゲ脱毛】オトコの根こそぎレーザー脱毛

 

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter(@syuty)・Facebookから友達申請よろ!