【レビュー】ANKERのイヤホン「Soundcore Liberty Air」を左右一体型イヤホン愛用者が使ってみた

タロログをご覧の皆様、こんにちはオハラです。

タロログで密かに人気(かもしれない)なガジェットレビューですが、こんなやり取りの後オハラが完全ワイヤレスイヤホンをレビューさせていただく次第になりました。

オハラくんイヤホンのレビューしてよ

 

おもしろそう!いいですよ!

なんかたくさん届いた

たくさん届きました!福袋みたいで楽しかったです。でもなんで私なんですか?

いやオハラくんなんかイヤホンの音質とかこだわってそうだし

 

全然こだわってない件

 

それはまぁ高くて見た目がカッコいいものが使えるに越したことはないけども……。

昔ブログの収益がバブってた時にイキって約2万円のイヤホンを購入した時は音質の違いは全くわかりませんでした。残ったのは2万円のイヤホンを使っているという優越感のみ。

ただ、ただですよ?今回完全ワイヤレスイヤホンのレビューで1点強く申したい点があるとすれば

「完全ワイヤレスイヤホンそこまで機能性に優れていない」説

この説については強く申し上げていきたい所存です。

私は普段からANKERの左右一体型Bluetoothイヤホン「Soundcore Spirit」を愛用しています。

↑こんなやつ

個人的には首にかけられるタイプのイヤホンの方が便利だと思っているんですよ。

なのでこの記事では左右一体型イヤホン信者が完全ワイヤレスイヤホンを使ってみた感想も伝えられたらと思います。もちろん製品レビューもするよ。

ということで今回レビューする商品はこちら!

 

みんな大好きなANKERより、完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty Air」です!

何を隠そう私もANKERファミリーのひとり。身の回りのガジェットはほとんどANKERで固めており、ANKERマフィアに仲間入りできる時も近いと思っています。

※ANKERマフィア・・・ANKERのなんかいい感じのかっこいい感じなやつ。わからん

 

開封の儀

画像をリサイクルしてエコにね

箱は結構でかめ。

 

開け方全然わからなかった

側面からパカっと開くとインテリジェンスに溢れた外国人がこんにちは。右側の本体を取り出してみると……

 

ちっさ!

ケースが!!小さい!!!

 

イヤホンも小さい!すごい!!!

 

取り出すと某うどんにそっくりなビジュアルでした。

 

装着するとこんな感じ。完全にブラックうどんである。髪の毛長い人は耳にかけないと装着しているかわからなくなります。

めちゃくちゃ軽いので着けている感覚が全くない。例えるならわたがし。

 

付属品は

  • イヤーカフ
  • USBケーブル
  • 説明書
  • Happyな紙

の4種類。イヤーカフはデフォルトで付いているものと合わせて4種類のサイズがあります。

イヤーカフのサイズは妥協せずに調整すると最高のフィット感が得られます。がんばろう。

充電プラグはケースの下部に控えめについています。

 

操作方法

説明書も見ずに利用をはじめたのですが、デバイスとのペアリング(接続)はとても簡単。

イヤホンをケースから取り出すだけでペアリングモードになるので接続したいデバイスで「Soundcore Liberty Air」を選択するだけ。あっという間。

ただ問題は操作方法。物理的なボタンがないので「イヤホン側では操作できない仕様なのかな?」と思っていたのですが、

Touthって書いてある箇所です

丸くなっている箇所がタッチボタンになっている仕様でした。従来のボタンのように押す必要がなく、タッチするだけで一時停止や曲送りができます。

なんでもANKERのイヤホンでタッチボタンを搭載しているのはこのイヤホンだけだそうです。

 

操作方法は上記の通り。曲送りと曲戻しの仕様、ガチガチに右利きの人仕様な気がするのですが左ききの人が使うとどんな感じになるんだろう。違和感あるのかな。

タッチボタンはなんかかっこいい雰囲気だけではなく、つけ心地の良さももたらしてくれます。

物理ボタンの場合、ボタンを押し込む必要があり、おかげで操作の度に耳にイヤホンが押し込まれる感触がありますが、タッチボタンであればそっとイヤホンに触れるだけ。タッチボタンは耳にも優しい。

 

Soundcore Liberty Airの良かったところ

まずは商品単体をフラットな視線で見て良かった点と残念だった点を紹介します。私が左右一体型イヤホンが好きってだけで、単体で見たらとてもスペックが高い製品だと思いました。

 

とにかく小さい。持ち運びが楽

エコードットと比較。小さいですね(確信)

とにかく小さい。この小ささはすごい。

箱の大きさと反して非常に小さく、持ち運びに困ることはなさそうです。パンツのポケットにも余裕で入るので普段カバンを持ち歩かない人でも気軽に持ち歩けるのでは。

失くしそうな点はとにかく気をつけるしかありません。

ただこれでもケースはAppleのうどん(Airpods)の方が小さいそう。これより小さくなっちゃうんですか。

 

ケースが充電器に!MAXで20時間利用可能

バッテリーの残量は光でお知らせ

完全ワイヤレスイヤホンの特徴といえばケース自体が充電器になるということ。

 

要はこういうことで、俺自身が充電器になったわけです

Soundcore Liberty Airは本体のみで5時間、ケースをMAXまで充電すれば3回分本体を充電できます。

1日中イヤホンを着けて音楽を聞いている人も珍しいと思うので、目安として3日は充電なしでも持つと思います。大したものですね。

 

フィット感がすごい。音ズレもない。音質も割と良い(気がする)

耳がバカなので音質について言及できないという点は最初に述べましたが、今まで使っていた「Soundcore Spirit」と比べると良くなっているような気がします。

特にすごいのが遮音性。Soundcore Spiritよりも周囲の音が聞こえづらかったです。電車のアナウンスが全く聞こえないので乗り過ごしかけました。フィット感がいいからですかね?

あと低音が若干強く聞こえました。いわゆるドンシャリサウンドほどではないけども、ワイヤレスイヤホンでこの音質はすごいと思う。

うまい言葉が見つかりませんが、トータルで「Soundcore Spirit」よりも「Soundcore Liberty Air」のほうが良かったという点だけは明確かと。

音ズレがほとんど無かったのも嬉しいポイント。人混みでの再生中断も少なかったです。

 

Soundcore Liberty Airの残念だったところ

一応残念なところも言っておきたいところですが、1点しかありませんでした。ガチで。

 

音量調節ができない

良かった点で紹介した通り、タッチボタンでいろいろと操作できる仕様なのですが、音量調節機能は未搭載

形状の都合で仕方ないとは思いますが、やっぱり音量調節は必要だと思うんですよね。左右一体型イヤホンを利用している時も結構音量調節ボタン使ってたし。(スマホ側からの操作で音量調節自体は可能です)

ワイヤレスイヤホンに言いたいことはいろいろとありますが、この商品に対して特別惜しいなぁと思ったのは上記の点のみです。

 

片耳しか聞こえない?Soundcore Liberty Airの注意点

使っていて何度か直面したのが使用直後に片耳しか聞こえない問題。とくに右耳しか聞こえなくという問題が1日の着用で3回ほど発生しました。この点も残念だったところと言えばそうかもしれません。

私の場合は左耳のタッチパネルを長押しして再起動させたらすぐに両耳で聴こえるようになったのでご参考までに。

 

「Touch」の文字はシールでした

あと、そんな人めったにいないと思うんですが、保護シール的なやつは剥がして使いましょう。電気を遮断する構造のシールなのか、剥がさないとイヤホンとケースの接続がされずにケースに入れても

  • 充電されない
  • 電源がオフにならない

といったエラーが生じます。

 

左右一体型と比較】完全ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリット

最後に今まで愛用していた「左右一体型のイヤホン」と「完全ワイヤレスイヤホン」の使い勝手を比較します。

冒頭でも述べましたが私は「完全ワイヤレスイヤホン反対派勢力」の1人。使ってもいないのに反対派。なぜなら左右一体型のイヤホンと比較した時、こちらの方が便利ということが火を見るよりも明らかだ(と思っていた)から。

それで実際に使ってみた結果ですが……

 

 

「これはこれであり」ですね。

 

 

完全ワイヤレスイヤホンのメリット

メリット①いざという時にケースで充電できて安心

特にこの点は大きいと思いました。左右一体型イヤホンの場合は充電し忘れて持っていったら充電が切れた時点で死ですからね。

私の場合万が一イヤホンの電源が切れても大丈夫なように、別で有線イヤホンを携帯するという本末転倒ぶりを露呈していました。充電の心配が解消されるのは大きいです。

 

メリット②首にかけるよりもスタイリッシュ

感じ方の問題かもしれませんが、イヤホンを首にかけるのがダサいと感じてる方もいるはず(私はアリだと思っている派)

ダサいと感じている方は髪の毛を伸ばせば、イヤホンを装着していることも隠せます。MUTEKIです。
今すぐランニングデビューできます。

ランニングのときもケーブルのペチンペチン攻撃から開放されます。嬉しいですね。

メリット③ケースから出しただけでデザリングが完了

イヤホンの電源を付ける必要もなく、取り出すだけで接続が完了するスピード感は左右一体型イヤホンでは味わえません。これ結構すごいと思いました。

ですが後述のデメリットの点を考慮するとプラマイゼロくらいかも。

 

完全ワイヤレスイヤホンのデメリット

デメリット①装着するまでの時間がかかる(気がする)

左右一体型イヤホンに慣れすぎてしまったゆえの問題かもしれませんが、耳に装着するまでの時間が長いぃ〜

音楽鑑賞までのそれぞれの工数を比較すると

  • 完全ワイヤレス型:ケースを取り出す→ケースからイヤホンを取り出す→イヤーカフを耳にはめる→NO MUSIC LIFE

 

  • 左右一体型(首にかかっている前提):イヤホンの電源を入れる→イヤーカフを耳にはめる→NO MUSIC LIFE

 

左右一体型のが早くないですか?

個人差があると思いますが、私はこう感じました。私はね。

 

デメリット②失くしそう

これはガチ。パーツがそれぞれ独立しているゆえ、油断すると失踪しそうなので変に神経を使います。

左右型だと首にかけていることがほとんどなので、違和感にもすぐ気づけますが、あれだけコンパクトなケースだと失くしても気がつけないような。

入れておくポケットの定位置を決めておけば大丈夫なのかな?不安が残る点は否めません。

 

まとめ:さすがのANKERクオリティ。バランス◎のワイヤレスイヤホン

最後にSoundcore Liberty Airのポイントをざっとまとめると

オハラ的まとめ

  • 低音が割といい感じ
  • フィット感もいい感じ
  • 曲送りや一時停止も簡単
  • 耐水性も申し分なし(雨もOK)
  • デバイスとの接続がめちゃくちゃ早い

といった感じでしょうか。惜しかった点としては音量調節ができないところ。そこ以外は全体的に高いクオリティに仕上がっているイヤホンだと思いました。さすが我らのANKER。

今回レビューしたブラック以外にホワイトもあります。お好みでどうぞ。

忌み嫌っていた完全ワイヤレスイヤホンですが、意外と使い勝手が良かったのは驚きでした。

「首掛け型のイヤホン、イヤ!プラグ型使い続けたい!!」という方のBluetoothイヤホンデビューにもおすすめの商品です。くれぐれもLOST-ロスト-には注意して使ってくださいね。それでは。

Amazonでお買い物するならAmazonギフト券のチャージがお得!

チャージするたびに2.5%のポイントバックに加え、
初回なら1,000円分のポイントがもらえます!