Ankerカンファレンス19ウィンターに行ってきた!プロ登山家がAnkerのモバイルバッテリーを山に持って行く理由

最近老眼がえぐい。
どうもタロウです。

まだ29なのに、老いは突然やってきますね。みなさんもスマホの使いすぎにはお気を付けください。

はい、めちゃくちゃ関係ない話をしたところで恐縮なのですが、このサイトで良く紹介させていただくAnkerさんの「Anker Power Conference ’19winter」があったので行ってきました。

今回はプレス枠としてお伺いしましたが、Anker Power Conference(以降、カンファレンス)はAnkerの新作発表会でもあり、とても人気のイベントでもあります。広報の方にお伺いしたところ当選倍率が11倍を超えたとかなんとか。

そんなイベントに行けるなんて〜!しょうかいするっきゃない!

全然関係ないけど「渋谷は進化するダンジョン」

今回の会場は渋谷のストリームの4階。

千葉県民の僕はひっさびさに渋谷に行ったのですが、JR以外の渋谷駅に行ったのはおそらく2年ぶりぐらいでした。

ついたときに思いましたね。

「どこここ?」って

「渋谷 ストリーム」って検索しても全然行きかたがわかんないんですよ。
もっと言ったら自分が今何階にいて、どのエスカレーターが目的地に向かうのかが全くわからない

あまりのわからなさに今回待ち合わせしたヴォブ氏に連絡したところ

検討を祈られて終わりました。

なんとかたどり着いて、カンファレンス前に飯を食おうって話だったのに、飯屋に入る前に「ああ、うんこだよ?さっきの電話に出れなかった理由はうんこをしていたから」と、謎申告されてから店に入りました。

お店のご飯は美味しかったのでここにリンクを置いておきます。

なかめのてっぺん 渋谷ストリーム店

カンファレンスの会場に到着

食事を終え、カンファレンスセンターに到着。
簡単に言いましたが、行き方がわからずエレベーターに4回乗って結局エスカレーターでたどり着けました。マジで渋谷ダンジョン。

受付で簡単な手続きを済ませ会場に向かうと

会場はパンパン、ほぼ満席。

そして代表の井土社長が登壇、成長戦略や新作の商品についてなどの説明をしてくれました。

Ankerは毎回面白い商品や戦略をプレゼンしてくれるので飽きることなく見れるのですが、

今回面白いなと思ったのがプロ登山家「竹内洋岳」とスポンサーシップを締結したことでした。

その、ぶっちゃけた話、、、

「なぜプロ登山家?」って思いませんか?

竹内さんは8000mを超える14山を登頂したプロ登山家なそうなのですが、Ankerと締結したという話を聞いて初めに思ったのは「何故?」でした。

その、山登ることとガジェット機器って何か関係あるのだろうか、、、

ネットも繋がらないだろうし、、、

プロ登山家はどんなときにAnkerを使うの?

直接聞いてみました。

タロウ(以下、タ)「失礼ですが、初めてプロ登山家を生で拝見したのですが、プロ登山家ってなんですか?」

竹内(以下、竹)「あ〜いい質問ですね!世間には〇〇家って職業が多いんですよ。それらの共通点って何かわかりますか?」

「いや、、、なんだろう。ちょっとわからないですね、、、」

「〇〇家っていうのは特に資格がないんですよ」

「あ〜なるほど、確かに!プロ料理家とかないですもんね」

「そうなんです。だから僕が8000m14山を登るって記者会見したときに、『もう一般人に戻らない』っていう決意をするために『プロ』を名乗ることにしたんです」

「なるほど〜!
もう一つお伺いしたいんですが」

「なんでしょう?」

「登山にAnkerの商品って必要ですか?持って行くんですか?」

「持って行きますよ。実は今回のスポンサーシップを結ぶ前からAnkerの商品は使わせていただいていたんですよ」

「え?そうだったんですか!?」

「そう。Ankerの、、、なんだったかな。一番大きなバッテリーを5本ぐらい持って行きますね」

「え〜〜、そうなんですね。軽いとはいえ大変そうですけど、、、」

「初めはソーラーバネルを持っていっていたんですが、山の天候はなかなか安定しないので発電できない時もあるんですよね。だから『これじゃダメだ』ってなって、そのあとは、、、発電機を持って行ったこともありましたね」

「発電機!?それから比べたらめちゃくちゃ小さくて軽いですね」

「そうなんですよ。しかも面白いのが、発電機うまく発電できなかったりして(笑)
高いところって空気が1/3ぐらいしかなくて、動かなかったりするんですよ。」

「重い発電機を持って言ったのに、、、
ちなみに何を充電するんですか?

カメラの機材やパソコン、あとは衛星通信のWi-Fiですね。

「山でネット通じるんですか!?」

「そうなんですよ。通じるんです。
それで普通にYouTubeを見たり、SNSでの発信もします

「へぇ!意外すぎる!」

「あとは、山の天気なんかも今はネットで見れるんですよ。それで明日どこまで行くかっていうのを決めたり」

「あ〜重要ですね!」

「そうなんです。だから電源というか充電できることが重要なんですよ」

「なるほど、Ankerの2万mAhを5本持って行くと何日ぐらい保つものなんですか?」

「だいたい1ヶ月保ちますね

「めちゃくちゃ保つ!カメラとか機材多そうですけどね」

「今はカメラやパソコンの消費電力が減って、Ankerのバッテリーの性能が上がってるからね、これくらい保つんですよ」

「なるほど、、、すごく勉強になりました!」

初めて見るプロ登山家はとても穏やかな喋り口調で楽しいお話をできました。

目玉新商品 新作Nebula

新商品に関してはいつくか発表されたのですが、中でも一番目を引いたのがこちら

Nebulaの新作「Nebula cosmos MAX」

今までAnkerが出したモバイルプロジェクターのNebulaの新シリーズなのですが、今までのシリーズの光度が200~300lm程度だったところ、

なんと「Nebula cosmos MAX」は1400lm4Kにも対応しているそうで、画質の向上はえぐかったですね。

「すげーなー」と言いながら見ていたら、広報の方が「まだ2割程度しか完成していないので、本物の性能はこの5倍あります」とフリーザみたいなことを言っていました。

他にもイヤホンや

掃除機、電源タップなどが発表されていました。

この辺りは発売がまだまだなので、実機をお借りできるようなったらまた改めてレビューして行きたいと思います!

 

この日は2部性で夜はガジェットナイトというイベントも行なっていたのですが、、、それはまた改めて記事にして行きます。(しないかもしれません)

 

 

 

どうでもいいですが、プロ登山家の竹内さんの紹介をしているときに、以下のスライドが出て

隣のキャンプ狂いヴォブ

「ねえねえ」と話しかけてくるので耳を傾けると

「あのテント20万ぐらいするよ。いいテント持ってるなぁ〜」と言っていました。

 

 

そりゃプロ(登山家)だからね

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter(@syuty)・Facebookから友達申請よろ!