館山行ってアラサー男3人でラブホに泊まった話 その③ビーチボーイズロケ地編

【前回までのおさらい】

館山行ってアラサー男3人でラブホに泊まった話 その①海ほたる~館山到着編

アラサーの男3人でラブホに泊まった話 その②スナックでワンチャン~ラブホテル編

館山へ向け出発したアラサー3人。

無事宿を見つけるも、寝具は2つしかない。

 

 

【登場人物紹介】

僕・・・24歳。
Kさん・・・29歳のIT社長。一番パソコンに強い。唯一しっかりしている。
Hさん・・・30歳の社長。調子が良くて、顔も良い。あとゲスい。

 

館山男旅その③

ラブホの朝

一番最後に起きた僕ですが、夜について深くは語りません。

寝る前の布団と朝の布団を見ていただければご理解いただけるでしょう。

寝る前

寝る前の部屋

朝のベッド

一緒に寝ていたHさんはなぜか『おしりが痛い』としきりに言っていましたが、

マジで意味が分かりませんでした。

 

僕は何もしていません。

信じてください。

 

ただ、『海ほたるでティッシュを買うときになぜカシミアを選んだか?』はこの時のためだったのかも知れません。

末恐ろしい男です。

 

ちなみに一人で寝ていたKさんは早起きして仕事をしていました。

Kさんとパソコン

よる寝る前に

『明日早く起きれたら釣りに行こう』と誰かが言っていましたが、すでに10時前

釣りはあきらめ、昼(朝)飯を食べに行くことにしました。

 

お世話になった、ブロニューの森には別れを告げ、

浜のいそっぴという海鮮バーベキューを食べれる場所に向かいました。

 

マジで森みたいな場所にあるので、

朝は空気がうまかった。

ブロニューの森

浜のいそっぴ

車を少し走らせると、港のとなりにありました。

浜のいそっぴ

マジで近い、どれくらい近いかと言えば、

『しっかり助走をつければ海にダイレクトで入れるぐらい』の距離感です。

 

そこでバーベキューセットを3人前頼みました。

イカ バーベキューセット

これに味噌汁ご飯がついて1500円!

しかも全部お母さんが焼いてテーブルまで持ってきてくれます。

 

浜のいそっぴお母さん

お母さんは、『今日はエビがなくてねぇ、ごめんねぇ』としきりに言っていました。

少し残念ではありますが、『大丈夫ですよ^^』と伝え、

 

お母さんが焼いてくれている間、東京から来たことや、ラブホテルに泊まったことを伝えると

お母さんは爆笑。

なんと『エビの代わりに伊勢海老あげるね!』と言ってサービスしてくれました!

伊勢海老 浜のいそっぴ 伊勢海老 浜のいそっぴ

 

この話を気に入ったお母さんは、その後来たお客さんに

『ねえねえ聞いてよ!あそこのお客さん昨日は男3人でラブホに泊まったんですって~』

と、ただ『ゲイの話』をお客にしては、僕らがスベるという地獄のような流れが何度も何度も繰り返されました。

でもこれが伊勢海老の代償なので甘んじて受け入れるました。

浜のいそっぴ伊勢海老 IMG_0511_R

 

それでもバーベキューがうまくて、大満足でした!

浜のいそっぴ

↑お母さんの指入ってる。

 

ビーチボーイズの浜

その後は500mぐらい先にある浜へ行きました。

ここはドラマ『ビーチボーイズ』の舞台。

ビーチボーイズロケ地

Hさんはおおよろこびで、

ドラマの主題歌をかけながら動画を撮っていました。

 

僕も仕事ができるノマド感を出すために、こんな写真を

海とパソコンと僕

元ネタ↓

海 パソコン

 

ダイヤモンドヘッドカフェ

ビーチボーイズの大ファンが再現したカフェです。

ダイヤモンドヘッド

ビーチボーイズ素敵ですよね~

 

ってかビーチボーイズやってた時の反町が何歳か知ってます?調べたら、

23歳なんですよ

 

僕が何歳か知ってます?

24歳なんですよ!

 

僕、あの時の反町の1個上なんですよ

 

23の反町

反町隆史

24の僕

ホテル着

 

 

23の反町

かっこいい反町隆史

24の僕

海とパソコン

 

23の反町

反町隆史

24の僕

顔出しパネル

 

 

23の反町と26の竹之内

反町隆史と竹之内豊

24の僕 と31の友達

2人で愛を深める

 

もしあの時の反町と海であったら、僕は先輩面できるだろうか。。。

もしあの海に行っていったらどんな会話になっただろう。

 

ため口はおろか、僕が年下の反町さんにへこへこするのが容易に想像が付きます。

 

こういう時に多くの人は、あんな夏を過ごしたい!と思うかもしれませんが。

僕は『今世にリア充はやってこない』と現実をしっかり見つめているのでそんなことはみじんも思わないのです。

全然リア充とかうらやましくないし、

女の子と楽しい夏とか、ひと夏の恋とか、若い時の一生の思い出とか、そんなことに一喜一憂しません。

 

知り合いの経営者がこういっていました。

『20代での辛い出来事が30代にになってから生きる』と

僕はもっと遠くを見つめて生きているのです。

 

だから、

男どうしてラブホテルに泊まるのも、

海の浜に書いてあるサンドメッセージを男三人でみながら歯をくいしばって耐えてるのも

人生の修行なのです。いづれくる30代のためなのです。

サンドメッセージ

 

 

 

涙出てきた。

 

その他

ほかにも灯台に寄ったり、

パノラマ写真

海の見えるカフェでノマドしたり、

ノマド

寿司食ったりしました。

寿司

 

帰り道

帰りはもう夜が遅くて、月が出ていました。

しかもその日は月食という奇跡。

僕、初めてしっかり月食を見たんですよ。

月食

 

サービスエリアでは、Hさんがソフトクリームを食べながら、

『ラストにふさわしいソフトクリームだ。』と言いながら満足そうにしていたのがとても記憶に残っています。

ソフトクリーム

 

そして僕らは無事東京に帰ることができたのでした

 

~館山の旅行おしまい~

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    タロウ

    1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!