【ライザップ式】太りにくいお正月の過ごし方・食べ方

こんにちはタロウ(@syuty)です。

平成最後の年末が終わり、平成最後のお正月がやって来ますね、、、

お正月は太りやすい時期で、ライザップに通っている身からすれば正月の特番の楽しさよりも正月太りの怖さの方が強いんですが、、、
それはライザップも同じようで(お客を痩せさえないといけないと言うプレッシャー)

こんな紙が配布されました。

_人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
> 年末年始 お食事についての注意事項 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

ライザップの資料をそのまま出すと怒られるので、皆さんにはちょっとまとめてお伝えしたいと思います。

お餅・お蕎麦などについて

お餅・お蕎麦、、、NGです。
お餅はなんとなくわかるけど蕎麦もダメなんて、、、

簡単にお餅とお蕎麦のカロリー糖質を確認しますと

お餅(1個小さめ)・・・120kcal/糖質24g
お蕎麦(1杯)・・・470kcal/糖質47g

お餅に関してはきっと何かをつけて食べるでしょうから、1個の糖質が30gぐらいになるような気がします。ライザップでは糖質の量は1日50g以下が推奨されていますので、もし食べたとしてもお餅は1つまでですね。

お蕎麦に関しては、、、食べない方がいいでしょう。

お酒・アルコールについて

よく「ウィスキーと蒸留酒は糖質が入ってないから太らないんだよ〜」とか言うエセダイエッターがいますが、ウソです。
アルコールは基本的に糖質が入っていようがなかろうがダメ。ここではあんまり深く書かないですが、アルコール自体が筋肉を分解する作用があるので飲まない方が良いです。

ただ、その中でもマシなのが「ウィスキーと蒸留酒(焼酎など)」と言うことです。

ライザップで配られた紙にはこのように書かれていまいした。

基本的にお酒はお控えください。お召し上がりになる際には甘酒・日本酒ではなく、焼酎。ウィスキーなどの蒸留酒を適量お召し上がりください。
また、ビールは糖質ゼロのものをお選びください。ワインに関しては推奨していませんが、どちらかといえば赤ワインの方が糖質が少なめです。

お正月に推奨する食事メニュー

イベントごとが多くなり、外食やおせち料理を口にする機会が増えると思いますのでその2点について説明します。

外食(居酒屋)メニューで推奨するもの

居酒屋であれば基本的にメニューを自分で選びやすいので、糖質が少なめなものを選べると思います。
以下おすすすめのメニュー

  • お刺身
  • 焼き鳥(塩)
  • お魚
  • サラダ
  • ステーキ
  • お鍋(シメなし)
  • たまご
  • 魚介類(イカ、タコ、貝類)

 

おせち料理について

おせち料理は煮物が多く、砂糖・酒を大量に使用しています。ですのでライザップメソッドではおすすめしていませんが、その中でも食べれるものは以下のメニューです。

  • 鴨肉、ハム、ローストビーフなどのお肉類
  • お刺身全般
  • スモークサーモン
  • エビ(お刺身ではないが、タンパク質が多いため)
  • いくら、数の子(コレステロールが多いので少量)
  • お吸い物

 

注意点
酢の物やカマボコはカロリーが低いように思われがちですが、糖質が多く含まれています。
またみかんも糖質が多いため控えましょう。

太らないお正月の過ごし方まとめ

基本的に年末年始は食事量が増えるのに運動量が減るので太りやすい時期です。
単純に考えて運動量が減っているので同じ食事でも太ってしまいます。ですので、

食事を楽しみたいのであれば、外に出て運動!(歩くとか参拝程度でも)
外に出たくないのであれば、いつもより食事をシビアに考える!

のどちらかになってしまいます。

平成最後のお正月にこんなこと言いたくないですが、、、
まあ太った原因は確実に自分にありますので、太りたくないのであればライザップの教えを守って頑張りましょう!(ムシャムシャ

\ツイートしてくれたらリツイートしにいきます/

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter(@syuty)・Facebookから友達申請よろ!