【音沼】イヤホンって何であんなに値段に差があるの?元音響関係者によるBluetooth イヤホン「Mpow T3」レビュー 

こんにちはタロウ(@syuty)です。

皆さんはイヤホン、こだわってますか?

僕は全くこだわっていません。

むしろすぐ無くすので500円ぐらいのイヤホンを使っています。

そもそも音沼ってなんかよく分からないし、音ってぶっちゃけ慣れるじゃないですか?
だからイヤホンに数万払ってるやつよく分からんし、金額による差もよく分からん!

と思っていたら、、、

MPOW(エムポー)様よりこちらの商品を提供していただきました。

「いや!イヤホンってどないレビューすればええんや!!」と思っていたのですが、、、

弊社スタッフ浅田が昔音響関係の仕事をしていたことが判明。今回はこの浅田が、提供いただいたイヤホンのレビューをしていきたいと思います。

MPOW「Mpow T3」の簡単なスペック紹介

動作範囲:10メートル
プロトコル:HSP、HFP、A2DPおよびAVRCP
イヤホンのバッテリ容量:60mAh
充電ケースのバッテリ容量:500mAh
音楽再生時間:4時間まで
通話時間:4時間まで
イヤホンの充電時間:1.5時間
充電ケースの充電時間:2〜3時間
USB充電ケーブルの長さ: 23mm

その他:防水!

初めてのワイヤレスイヤホン

今回レビューするにあたって浅田が「俺ワイヤレスイヤホンってはじめて使うんだけど」と割と衝撃発言。

今まで使っていた優先イヤホンとだけの比較だと「そもそもワイヤレスイヤホンってこんなもん?」と思ってしまうので、

  1. 有線イヤホン ゼンハイザー「Ie8」(今使っているイヤホン)
  2. Bluetoothイヤホン Anker「Soundcore Liberty Air」
  3. Bluetoothイヤホン MPOW「Mpow T3」

の3機種の比較です。

イヤホンの価格って何であんなに値段違うの?

せっかくなので昔から気になっていたあの話を聞いてみました。

そもそもなんだけどさ、
何でイヤホンって物によってあんなに値段違うの?

イヤホンって言うのは
・3,000円〜 聞ければ何でも良い人
・8,000円〜 音楽を少し良い音で聴きたい人
・20,000円〜 音に拘っている人
って感じで音の品質が変わる価格ラインがあるんだよね。

なるほど。
それは材質が違うの?

俺も正直詳しくわかってるわけじゃないんだけど、1万円ぐらいまでは、材質とかそう言う事だと思う。
そこから上は
片方のイヤホンに複数のスピーカーを内蔵してて、音域によって別々にスピーカーが動くから低音がしっかり出てるのに高音もよく聴こえるみたいになってるんだよね。

なるほど〜〜

だから、音質に拘るのであれば2万円ぐらいは覚悟したほうがいいね。
まあ2万以上は正直好みみたいなところもある

ちなみに浅田さんが使ってるゼンハイザーってやつはいくらするの?

5万

俺の100倍w

MPOW「Mpow T3」の音質は?

※ここからは浅田目線です。

肝心の音質は、、、

うーん。。。
悪くはないかな?と言った感じ。

正直Anker(7999円)と比べると、低音があまり出ていないように感じました。
人間がよく聞こえる帯域が強調されている感じでしたが、その音が硬く、具体的にはハイハットとかアコギの高音域のヘルツが他のイヤホンで聞くといい感じで聞こえるのに、こちらのイヤホンだと少し目立ちました。

と言うか、Ankerが普通にいい音でびっくりしました。
8000円でこれはすごく良いですね。

とはいえ、私が持っている「IE8」と比べると(5万円の商品と比べても可哀想ですが、、、)さすがに低音の伸びは物足りなかったです。

 

じゃあ、MPOW「Mpow T3」は微妙?

いや、そうとも言えないんだよね。
マスタリングとかデジタルリマスター版って聞いたことある?

なんかある。

最近よく耳にする「デジタルリマスター版」
これはマスタリングという全体補正がされているものを指します。

基本的にデジタルリマスター版というのは80年代90年代の音楽を修正するのですが、
最近の音楽というのはリリースされる段階ですでに音の補正がすごくてマスタリングで全体的に音圧が上がっているんですね。すると初めから低音がしっかり出ています。

というわけで、今発売されているような音楽であれば、
そもそも音のバランスがしっかり調整されているのでこのイヤホンでも十分大丈夫です。(補ってくれる)

ただ、昔の80年代のロックなどを好んで聴く人であればもう少し価格帯の高いイヤホンの方を選んだ方がいいかなと思います。

じゃあ、あいみょんとか米津玄師しか聞かない人はMPOW「Mpow T3」で十分かな?

いや、特定の人を出させるとあれだけど、、、
まあ、いまどきの曲しか聞かないのであればこれで十分かな

MPOW「Mpow T3」の付け心地

こちらに関しては正直、人によるかなと思います。

私は「Ankerの方が付け心地が良い」

と思いましたが、タロちゃんは

Mpow T3の方が痛くならない、だけど落ちそうになる

結構形が違うんですよね

と言っていました。

まとめ ランニングや運動中に利用する人には良いかも!

やはり「ある程度金額に比例して音質が向上していく」という結果になってしまったのですが、
決してこのイヤホンの音が悪いというわけではなく、「8,000円や5万円のイヤホンと比べてみて」という形なので、これで4,599円なら全然ありだと思います。

MPOW「Mpow T3」の良さの一つに防水というものがあるので、

  • 運動中に利用したい人
  • 最近の曲しか聞かない人

にはオススメですね!

というか、今回初めてBluetoothのワイヤレスイヤホン聴いてみたんですが、ワイヤレスであることの音質の低下は全くなさそうです。
「結局有線の方が最強だろ」と思っていたのでびっくりしました。

Bluetoothで2〜3万するイヤホンはもっと音がいいのでしょうか?
気になってきた、、、(笑)

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter(@syuty)・Facebookから友達申請よろ!