Anker Nebula Capsule llレビュー 出張でも山奥でも寝ながら動画を楽しめるハイスペックプロジェクター

こんにちはタロウです。

シアタールームって憧れませんか?

僕は憧れています。

部屋をプロジェクタールームにしようかと思って結局断念してしまったのですが、その理由のひとつがプロジェクターってかなりデカイんですよね。

そもそも(昔は)セミナーをよくやっていたのでプロジェクターを持っていたため、そのプロジェクターを壁に棚を設置して常設しようかとも思ったのですが、なかなかのデカさ&重さのため賃貸ではなかなか設置できなかったんですよね。

 

何かいいのないかな〜と思ったら、最強のプロジェクターが出ました。

Anker新作発表会 NEBULA

Nebula Capsule Proの新作「Nebula Capsule ll

商品は59,800円と6万円近いのですが、これがどうしてめちゃくちゃすごい。

NEBULA Capsule2 80インチ

というわけで、今回はこの「Nebula Capsule ll 」をレビューしていきたいと思います。

Nebula Capsule ll 外観

NEBULA Capsule 2

「Nebula Capsule ll」は世界で初めてのAndroidTVを搭載したモデルです。YouTubeやAmazonPrimeVideo、Netflixなど3600を超えるアプリを利用可能です。

商品も室内のみならず

NEBULA Capsule2 開封

アウトドアユーズも提案されています。

NEBULA Capsule2 利用シーン

以前の「Nebula Capsule」と比べるとサイズは一回り大きくなっています。

以前のNebula Capsuleは350ml缶と同じサイズだったのですが、「Nebula Capsule ll」は350ml缶と500ml缶のちょうど間と行ったサイズです。

NEBULA Capsule2 サイズ感

操作は付属のリモコンでもできますが、リモコンを忘れてしまっても本体で全ての操作が可能です。(専用アプリが入って入ればスマホでも可能)

NEBULA Capsule2 上部

接続端子は

NEBULA Capsule2 接続端子

入力端子がHDMI・USB-A・USB-C(充電用)

出力端子にAUX(外部スピーカー接続)

の4パターンです。

充電はコンセントでなくてもPD対応のモバイルバッテリーであれば充電可能です。

付属品

NEBULA Capsule2 付属品

付属品はリモコン(電池付き)・充電用ケーブル(USB-C)・USBコンセント

NEBULA Capsule2 リモコン

USBコンセントはtype-C

NEBULA Capsule2 コンセント

そして、コンセント部分が折り畳み式になっているのが地味に嬉しい!

NEBULA Capsule2 コンセント

付属のケーブルは両端がUSB-Cになっています。

NEBULA Capsule2 ケーブル NEBULA Capsule2 ケーブル

商品スペック

解像度1280×720
輝度:200 ANSI ルーメン
動画再生時間:約3時間(ローカルコンテンツ再生時、Wi-Fi利用時は2.5時間)
音楽再生時間:約10時間(Bluetoothスピーカーモード時)
充電時間:約2.5時間(Quick Charge 2.0 / 9 V⎓2 A)
重さ:約740g
対応する映像サイズ:24インチから100インチ

画質・高度共にあがっているのですが、連続利用時間は「Nebula Capsule Pro」が4時間だったところ、1時間短い3時間になっています。
おそらく3時間あれば充分だとお思うのですが、映画を2本連続で見たい場合は充電器に接続しながら利用した方が良いですね。

Nebula Capsule llの明るさ・解像度

先ほどスペックで紹介したように、解像度は1280×720、輝度は200ルーメン、、、と言っても、みなさんそれがどれくらいかよく分からないと思います。

僕もわかりません。全然話変わるけど、そういう数字だけ言われて、「ね?わかるでしょ?」みたいな空気出されるのムカつきますよね。

話は逸れましたが、実際に家のロールカーテンに投影して見ました。

YouTube以外のアプリもたくさん入っているのですが、まだそのあたりの登録をしていないので今回はYouTubeで

バンドのPVを流してみました

どうでしょう?画質は悪くないんじゃないでしょうか。
(部屋が暗くて、iPhone8だとちょっと画質が悪くてわかりにくいですね。すみません、、、)

僕はめちゃくちゃ全く気にならなかった、というか画質はかなり良いなと思いました。

ちなみに、Nebula Capsule llはフォーカスや台形補正を自動で行ってくれるのでそれがめっちゃ楽!

会場で誰かが、「うっわ!いちいち(調整のつまみを)カリカリしなくて良いんだ!めっちゃ良いな〜〜」と言っていました。

※垂直方向(タテ方向)のみの補正で、水平方向(ヨコ方向)の傾きの自動調整はありません。

 

画面操作はリモコン・本体の他に専用アプリを使ってスマホで行うことができます。

スマホで操作するとマウス・トラックパッドの様にグリグリ動かすことができるので超ラクです。

はじめWi-Fiやメールアカウントの登録をリモコンでやるのがめんどくさくて一回断念してしまったのですが、アプリを入れてスマホで行えばメールの様にフリック入力が可能になるのでストレスはほとんどありませんでした。

音質もかなり良い!

Ankerの商品は全て音質が良いので今さら感はありますが、音質もバッチリ。

しかし、一点だけ気になったのは、「Nebula Capsule ll」を利用する際に本体よりも後ろにいる場合は音がいいなと思ったのですが、Nebula Capsule ll」より手前の場合はちょっと音が弱いなと思いました。

ただ「Nebula Capsule ll」は焦点距離が非常に近いので、自分より後ろに設置することはほぼないでしょう。

というわけで、スピーカーとしても利用できるのですが、個人的にはスピーカーとしてではなくプロジェクターとして利用してするべき商品だと思います。

投影の角度も自由自在!

Nebula Capsule ll」は小さなモバイルプロジェクターですので、細かい角度の調整などが難しいのですが、本体裏に三脚を接続することができるので

この様にゴリラポッドを

ゴリラポッド NEBULA Capsule2 三脚

Nebula Capsule ll」の穴に接続すれば

NEBULA Capsule2 三脚

この様に自由に角度を調節することができます。

NEBULA Capsule2 角度調整 NEBULA Capsule2 角度調整

しかもめちゃくちゃ良いなと思ったのが、寝ながら利用出来るんですよね。

これは付属品ではなく、はじめの箱に入っている梱包?の一部なのですがこれをそのまま利用することによって

NEBULA Capsule2 利用シーン

天井へ向けて映像を投影することが可能です。

NEBULA Capsule2 寝ながら

めちゃラク〜〜〜

わかりづらいですが天井に投影しています

本体には8GBの記憶容量があるので、自宅であらかじめ見たい映画を数本ダウンロードしておけば、ネット環境がない山奥でのキャンプ中にも映画を楽しむことができます。

まさに提案された利用シーン通りに使うことができますね!

NEBULA Capsule2 利用シーン

まとめ 普段使いはもちろん出張や旅行に持っていきたい1台

今回紹介した「Nebula Capsule ll」はとても使い勝手が良く、普段使いは当然コンパクトなので出張や旅行に良いですね!

これより安いプロジェクターはあるにはあるんですが、AndroidTVが入っている且つ、持ち運び可能なものはこれしかないので

  • 家での映画鑑賞にも
  • 出張先のホテルでも
  • キャンプ場仲間と楽しむのも

オススメのポータブルプロジェクターです。

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter(@syuty)・Facebookから友達申請よろ!