割引あり!【レビュー】一台三役のRAVPower File Hub RP-WD009はユーチューバーにおすすめのモバイルバッテリーです

こんにちはタロウです。

みなさん旅行に必要なものといえばなにを想像しますか?

・・・そう!

モバイルバッテリーですね。

最近は何かを調べるのも、マップを見るのもスマホがないと不便になってしまうので、充電切れは死活問題です。

また、旅先(出張先)でパソコンを開くと言う人も多いでしょう。
最近でこそWi-Fi環境が整ったホテルが増えてきました、それでも稀にWi-Fi環境がなく「こちらのケーブルをご利用ください」と優先ケーブルだけポンと置かれているホテルがあります。

ただ、MacBookに有線LANを挿す穴ってないんですよね。専用の変換ケーブルが必要になります。
だからホテルにネットのケーブルはあるのにネットが使えないなんてことも、、、

そんな時に使えるのがこの

RAVPower File Hub RP-WD009

File Hub RP-WD009

この商品はSDリーダーだけでなく、

  1. ワイヤレスリーダー(SD・USB)
  2. モバイルバッテリー
  3. Wi-Fiルーター

の3つの機能があります。

動画のほうがわかりやすいのでぜひ動画を見てくだされ

File Hub RP-WD009 外観やスペック紹介

File Hub RP-WD009

サイズは11.3 x 7.6 x 2.5cm

重さは200gを切っています。

端子は充電用ポートがUSBtypeC
デバイス接続とUSB接続用にUSBtypeA
LANポートがついています。

先ほど説明した複数の機能は各インジケーターにて使用中の機能を確認できます。

スペック詳細

サイズ:11.3 x 7.6 x 2.5cm
重さ:199.4g
バッテリー容量:6700 mAh
再生時間:最大8.4時間
Wi-Fiスピード:733Mbps(300Mbps@2.4GHZ、 433Mbps @ 5GHz)
最大接続可能台数:5台

機能紹介

通常のモバイルバッテリーにはない機能もあるため1つづつ紹介していきます。

モバイルバッテリー機能

6700mAh

  • iPhone8なら3.5回
  • iPhoneXRなら2.1回

の充電が可能です。

Wi-Fiルーター機能

先ほど紹介したLANポートに

優先LANを挿すことによってWi-Fiルーターとして利用することできます。

スマートフォン・パソコンなど最大5台までの同時接続が可能になりますので、優先LANタイプのホテルでもスマホとパソコン2台を繋ぐことが可能です。

ファイルハブ機能

ファイルハブの機能は

  1. バックアップ機能 (デバイスからSDカードへデータ転送)
  2. ファイル共有 (SDカードのデータをデバイスに転送)

する2つの利用方法があります。

いずれも利用する際には、File Hubにデータ媒体(SDカードもしくはUSBメモリ)を差し込む必要があるのですが、家にUSBメモリが見つからなかったため今回はSDカードを使って説明します。

 

まず、こちらのスロットの穴にSDカードを差し込みます。

差し込んだ後はSDカードのデータをデバイスに転送するか、デバイスのデータを転送するか選ぶことができます。

スマホの場合は専用アプリのダウンロードが必要ですが、パソコンの場合は「10.10.10.254」 ウェブページにログインする(URLに「10.10.10.254」と入れる)ことによってデータの転送が可能になります。

データの移転速度を調べてみた

個人的に最も気になっているのが一番最後に紹介したデータ転送機能なんですね。

なぜかというと僕はYouTubeをやっており、旅先でカメラを回すことも少なくありません。そんな時に地味に必要になるのが、、、

SDリーダーなんです。

SDリーダーがないとSDカードの中身を写すことができません。SDカードの中身を移さないとSDカードの内容がいっぱいになってしまい、翌日の動画を録画することができなくなってしまうためです。

と言うわけでMacユーザーの僕はモバイルバッテリーと共にSDリーダーも持ち歩かないといけないのですが、、、

これが一体化したものが爆誕したときには思わずうなずいちゃいましたよね。「そー来た?」ってマジで感動したな~

ただ、1点気になるのが転送速度です。

例えばiPhoneについているエアドロップで動画を送る場合、1分の動画の転送に1分程度かかります。
そうなると3時間の動画を送るのに3時間もスマホでエアドロップをオンにし続けないといけないんですよね。

「寝る前に転送しておけばいいじゃん」という声も聞こえてきそうですが、なぜなのかはさっぱりわかりませんがエアドロップ自体が15分程度で自動でオフになってしまうんですね。そうすると必然的に15分以下の動画しか送ることができないんですよね。

できればその転送速度は超えてほしいッ!!

※エアドロップで送ることができるデータはスマホに入っているデータのみなので、そもそもエアドロップでSDカードのデータをパソコンに転送することはできないのですが、あくまでスピード感の話をしています。

SDカードをスロットに直挿しの場合

まずはパソコンにリーダーを挿し、

そこにSDカードを差し込んで、10分の動画(3.4GB)を読み込ませてみます。

かかった時間は50秒でした。

File Hub RP-WD009を利用した場合

次にFile Hub RP-WD009を使って同じデータを転送してみます。

直挿しよりは遅くなるとは思いますが、エアドロップの転送速度は超えてほしいところです、、、

SDカードを挿して、スタート!

 

結果は、、、

6分59秒

約7分という結果になりました。

う~~~ん、、、
ちょっと遅いかな~

1時間の動画を送ろうとしたら、40分かかるわけですからね。

まとめ メリットデメリットなど

機能を軽く利用して思ったのは、「使いどころを選ぶ」という印象でした。

このガジェットをモバイルバッテリーのみとして使うのであればサイズは大きくなってしまう(重さは意外と軽いが)だけであまりお勧めできないんですよね。というわけで、この商品の本当の価値を理解できるのはどちらかというと、モバイルバッテリー以外の機能「ファイルハブ機能」や「Wi-Fiルーター機能」を必要とする人だと思います。

逆に言えば、出先で動画を撮るという人(主にユーチューバー)には間違いなく有能なガジェットだと思いますね。

実際僕は出歩く際には持ち歩くようになりましたし、利用してみてかなり感動しました。

今のモバイルバッテリーってどれも性能が上がって、小型化・軽量化・急速充電など進化が激しいのですが、なんていうか、、、こう、、、決め手に欠けるんですよね。(いろんな人を敵に回した気がするけど俺は媚びずに言うぞ!!!)

8%サイズダウン!とか言われても

「そうか、、、なるほど、、、」ってなりませんか?

であれば、以前紹介したような充電器とモバイルバッテリーが一体化しているとか、それくらいの差別化が欲しいんですよね。

RAVPower「RP-PB125」レビュー 1台2役の便利なモバイルバッテリー

充電器とモバイルバッテリーというのも相当いいので、これからどちらのモバイルバッテリーがメインになるかは悩ましいところですね~

 

地味にバックアップとしても利用できるのもいいんですよね~
データ飛ばしたときとかマジで青ざめるし、協力してくれた人に言い出せなくてデータを飛ばしてしまったことを隠蔽しようとしますからね(笑)

3回目ぐらいになってしまいますが、良く外で撮影をするという人には間違いなくお勧めです!

追記:期間限定で割引コードをもらったので使ってください↓

割引率:25%
コード:WD009TAGU
適用期間:2019/10/28 16:00 – 2019/10/30 23:59

 

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter(@syuty)・Facebookから友達申請よろ!